1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. カリキュラムの特徴 人間科学部

カリキュラムの特徴 人間科学部

カリキュラムの特徴


心理学科

心理学科カリキュラムの狙いは、心理学に関する多彩な科目を学んで自分や他者をより深く理解すること、自ら調べて成長し続けることができるように知的生産の技法を修得することです。そういった基盤の上に、日常の人間関係を円滑にし、自分や他者の心の健康を維持・向上する能力を身につけるとともに、心の問題を解決する方策を社会に提案する能力を獲得することを目指してください。


心理学科の専門科目は大きく4つに分けられます。多彩な心理学各分野の基礎を学ぶ「心の基礎理論」科目群、心理学における実証的研究方法を実習も交えながら学ぶ「心の研究法」科目群、自身や他者の心の健康の維持・向上のための知識や方法を学ぶ「心の援助」科目群、現代社会における日常的な人間関係と現代社会にあらわれる臨床心理学・社会心理学的問題を学ぶ「心と現代社会」科目群です。そして、これらに加えて大学教育を特徴付ける少人数の演習科目群「ゼミナール(ゼミ)」があります。


学年進行に沿って心理学科専門科目を紹介します。1年次では心理学の基礎を学び関心を高めます。1年生ゼミである「基礎演習A・B」では、資料の探し方やレポートの書き方といった大学での学習技能、心理学調査の基本を習得します。「心の基礎理論」科目群の「心のふしぎ」で心理学の面白さを知り、「心理学概論」で心理学の広がりを一通り見ます。「心の援助」科目群の「カウンセリング基礎演習」では、カウンセリングの基礎的技能を体験し、日常のコミュニケーションに生かす方法を学びます。


2年次には多様な科目が開講され、心理学の本格的な学びがはじまります。「心の研究法」科目群の「心理学基礎実習」では、実験や観察を通じて合理的に物事をとらえる方法とともに心理学の面白さを体験的に学びます。加えて、心理テスト、質問紙の作成と分析、統計的分析法を学ぶ科目が開講されます。「心の基礎理論」科目群では、臨床、社会、発達、学習、認知などの心理学各分野を学び、「心の援助」科目群で、精神医学的知識、発達段階における臨床的問題とその援助法について学びます。


3年次からはより実践的で社会に即した科目が多く開講されます。「心と現代社会」科目群で現代社会とそこに見られる心理学的問題を知り、「心の援助」科目群で心の問題に取り組む方法を学び考えていってください。また、心理学科では大学での学びの集大成として卒業論文を提出する必要があります。その作成に向けて3年生ゼミである「心理学演習A・B」で自身の関心と学習技法を深め、4年生ゼミの「卒業研究」において卒業論文をまとめていきます。


さらに、卒業後の進路に関する科目を選択科目として開講します。「心理の仕事」では社会の様々な場面で心理学がどのように生かされているかを現場で活躍している人達から学びます。大学院進学希望の学生に対しては、進学に必要な語学力と専門的知識育成のために「英語で読む心理学A・B」と「心理学上級演習Ⅰ・Ⅱ」が開講されます。



生活学科・都市生活専攻

我々を取り巻く生活は、一見するとたいへん入り組んでいて理解できないもののように思えます。皆さんには、生活を取り巻くモノについて、日常生活で経験するモノとヒトとの関係について学ぶ「生活行動」領域、社会を支えるシステムについて理解する「生活システム」領域、人と人の関係を知る「社会生活」領域、その素材や特性を知る「生活科学」領域それぞれから自由に科目を選択して、これまであまりよく知らなかったことを知り、興味のあることについての知識をより深めて欲しいと思っています。

そのため、都市生活専攻では、家政学、生活科学、生活学といった生活を対象とするこれまでの学問に加えて、経営学や心理学、社会学、さらには経済学や法学などの幅広い学問領域の科目が用意されています。ひとつの領域にこだわらずにできるだけ多くの学問領域の科目を履修し、広い視野から生活を見つめることができるようになってください。

都市生活専攻での科目をきちんと履修すれば、自分たちの生活について、モノ、ヒト、社会、生活を支えるシステムの4つのレベルから理解し、これからの時代にふさわしい、人間らしい質の高い生活を考えることができるようになるだろうと期待しています。社会に蔓延する、誤ったあるいは正誤の不確かな情報に惑わされることなく、質の高い生活を送ることができるような人間になってください。


<必修科目>

1年次には、「生活学概論」と「生活行動論」で、社会の都市化による生活の変化や生活の構造、および、そこでの人間の生活行動について概観する。また、生活を成り立たせている要素を学ぶための自然科学的な基礎知識を「生活の科学基礎Ⅰ・Ⅱ」で学ぶ。また、大学での自主的な学びの習慣をつけるため、フレッシュマンセミナーとしての「基礎演習」を設けており、授業の聴き方、レポートのまとめ方、プレゼンテーションの仕方などはもちろんのこと、自然科学の実験、フィールドワーク、アンケート調査など、専門科目につながる基礎的な手法についても、修得する。

4年次にはこれまで本専攻で学び得た知識、能力を生かし、独自の視点から卒業論文を作成する。また「卒業研究」を単に4年間の学問的集大成として捉えるだけではなく、個人の生活スタイルの改善や地域社会の活性化への積極的態度を養う機会として位置付けている。


<選択必修科目>

Ⅰ.都市生活を複合的に理解するための知識の修得

生活にかかわる要素を客観的に理解するために、Ⅰ群・生活基礎科目では、身の回りを構成する「衣」「食」「住」に加え、「ヒト」について自然科学的・社会科学的な視点から学ぶ。1年次に開講される「基礎演習」とともに、調査や実験で得られた研究結果を解釈するための基礎知識を「生活統計学」*「社会調査論」で学ぶ。

*学則上は必修科目ではありませんが、本専攻では必修科目に準ずる扱いとし、「全員履修することが望ましい」としています。


Ⅱ.都市生活の生活問題等を把握・検討するための方法と技術の修得

本専攻のカリキュラムでは、単に講義による知識の修得に留まらず、自ら学ぶ力、論理的にものを考えて他者とやりとりしていく力、さらに多くの情報に惑わされず、生活に必要な良質な情報を選び取り、また自らが調査、実験することによって、新たな情報を作り出し発信できる力の養成も目指している。その目的を達成するため、Ⅱ群・生活スキル科目において、実験・実習・演習などによって方法や技術の習得に重点を置いた教育を行う。

2年次には、対象の違いに応じた調査の方法や技術を学ぶ演習・実験・実習が用意されている。人間の行動や生活の変化などをすばやく察知し、それを提示していくための技術を学ぶものとしては、質的、量的、2つの側面から調査の方法を学ぶ「社会調査基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、生活行動把握のための方法・技術の修得を目指す「行動科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」があり、さらに、それら調査や実験等で得たデータを加工、処理する能力を養成する「調査集計演習」が用意されている。

また、生活に関わるモノ、例えば、食品、繊維などについて、それらの成分等を知り、人体に有害であるかなどを判断するための技術習得として、「食品学実験」「被服材料学実験」などを設けている。さらに、よりよい食生活や衣生活を目指すための実習として、「調理実習」「官能評価演習」「被服整理学実験」などがある。


Ⅲ.生活問題を解決することに貢献する実践的総合科学を修得

3年次にはこれらの実験・演習によって身につけた方法・技術を各自の関心領域に関わった形で総合するⅢ群・生活演習科目である「都市生活演習Ⅰ~Ⅶ」が用意されている。講義で得た知識をより深め、自らが問題意識をもち、批判的思考によって、多くの情報の中から必要とする情報を選択し、論理的に物事を考える。そして調査や実験、実習などを計画し、実践しその結果を発表するプレゼンテーションを行う。


<専攻選択科目>

① 生活行動領域:生活を構成するモノとヒトとの関係の理解

生活を構成するモノと私たちの生活がどのように関わってきたかを心理学的な観点から学ぶ。健康ライフスタイル群では、「衣」「食」「住」に関わる行動を「生活行動Ⅰ(衣行動)」「生活行動Ⅱ(食行動)」「生活行動Ⅲ(住行動)」で学び、さらに都市化された社会で重要な行動である消費との関わりを「生活行動Ⅳ(消費行動)」で学ぶ。

また、地域の社会集団に関わる行動を「生活行動Ⅵ(社会)」で学び、生活のなかで、モノとの関わり、人との関わりで変化する人間の生活行動をとらえる力、視点を養う。


② 生活システム領域:社会生活の基盤となる各種システムの理解

都市生活の脆弱さをあらわにした阪神・淡路大震災の経験から、生活者の健康と環境に配慮したライフスタイルを提案する生活者ライフスタイル群を学ぶ。まずは生活システムの基本に関わる問題を「生活システムⅠ(ライフライン)」で学び、また、生活に関わるモノの供給システムについて「生活システムⅡ(流通・マーケティング)」で学ぶ。さらに、それらの供給によって成り立つ消費生活、経済、法のシステムについて、「生活システムⅢ(消費生活)」から「生活システムⅤ(生活と法)」までで学び、都市生活を成り立たせているシステムについて理解するとともに、生活をマクロな視点から客観的にみることのできる知識と能力を養う。


③ 社会生活領域:人と人との関係および社会生活についての理解

生活科学、生活行動領域では、おもに個人的側面からの人間生活の理解であったが、都市共生ライフスタイル群では、都市生活に欠くことのできない集団という側面から人間生活を理解する。まず人間が生まれて初めて出会う小集団、家族について「社会生活Ⅰ(生活と家族)」で学び、続いて、地域社会での生活を本学の立地している神戸を中心に「社会生活Ⅱ(神戸論)」で学ぶ。さらに、情報化の中での人間関係(「社会生活Ⅲ(情報社会)」)、21世紀の都市生活でキーとなるであろう共生のあり方(「社会生活Ⅳ(共生社会)」)についても学び、これからの生活のあり方を考えるための知識を養う。また、都市における生活文化について「社会生活Ⅴ(都市文化)」で学ぶ。


④ 生活科学領域:生活を構成する要素の理解

モノやサービスの価値が正しく評価され、使う人の主体性と愛着が生まれるライフスタイルを提案するモノライフスタイル群では、「調理学」「食品学総論」「被服繊維学」「被服整理学」「香りの科学」「家庭電気・機械」など、「衣」「食」「住」の生活におけるモノに焦点を当てる。資源の成長率、再生率を見込んだ持続可能なライフスタイルを学ぶ。

また、都市生活専攻で学ぶ学問は、実際の生活とは切り離せない。そのため、これまでに学んだ知識や技術を社会と関わる形で学び、実践する力を養うため、「生活と仕事」や「都市生活インターンシップⅠ・Ⅱ」を設けている。



生活学科・食物栄養専攻

本専攻のカリキュラムは、管理栄養士学校指定規則に基づいたもので、それに人間科学部、生活学科の食物栄養専攻という特徴を加味した構成になっています。卒業のために必要な124単位以上の履修科目は、全学科共通科目から18単位以上、外国語科目から4単位以上、専門科目から98単位以上という最低の単位数を設定してありますが、各自がこれから進もうとする分野の知識、技術の修得に必要な科目を選択として用意しています。なお、管理栄養士国家試験受験資格を得ようとする者は、174頁の管理栄養士課程専門科目一覧表に基き93単位以上修得してください。


1-2年次では、専門分野の知識を修得する前に全学科共通科目、外国語科目を通じて広く社会を見ることのできる教養が、学科共通科目で管理栄養士が対象とする人の行動と心理、その人の属している社会を知る力が身につくような編成になっています。さらに学科共通科目には専門科目を理解するために必要な化学、生物の基礎を学ぶ教科を用意しています。1-2年次にはこれらの一般的な教養科目と並行して、専門知識を理解するための基礎学力をつける専門基礎分野の授業を行います。これらの基礎を学んだ上で、2-3年次にかけて、基礎栄養学、応用栄養学、臨床栄養学、公衆栄養学、栄養教育論、給食経営管理論等の専門知識や技術を修得するための科目を開講します。この専門分野にはより深い知識・技術が修得できる講義・実習科目が選択科目として用意してあります。4年次には「総合演習」「卒業演習」「食物栄養学演習」「臨地実習」などを通じて各専門分野の内容を総復習し、管理栄養士に必要な知識・技術の再確認をする構成になっています。また4年次には、各分野の中から各自が自分の関心と適性に基づきテーマを決め専門知識をいかしながら研究・調査をまとめることができる「卒業論文」が選択科目として設けてあります。



子ども発達学科

教育課程の具体的な構成は、以下の通りです。〔2016年度入学生〕


Ⅰ.共通科目

①学科必修科目群(30単位)

「教職論」「教育原理」「教育心理学」「教育相談」「教育の方法と技術」などで、学校教育・保育の基本的枠組みを学びます。1年次の「基礎演習」を通じて大学における学びの基本を身につけ、後期の「子ども発達実習」へ接続し、保育・教育の高い専門性を支える基礎知識・技能を習得します。2年次には、志望する資格に応じて、幼児教育コースと初等教育コースに分かれ、専門的な内容を学びます。3年次の「教育発達演習A・B」、4年次の「卒業研究」ではさらに専門性と実践力を深めていきます。「音楽実技」「図工実技」「体育実技」などの実技教育も、小学校・幼稚園教育、ないし保育士へのイメージ作りに役立ちます。


②共通科目

2年次からの幼児教育コースと初等教育コースの両コースで履修する必要がある、幼稚園教諭教員免許状取得に必要な科目について学びます。


③特色科目

「音楽入門」や「楽しい理科実験」「子ども文化論」など、コースにかかわらず学生が自らの関心に応じて学ぶ科目が設定されています。


Ⅱ.コース別選択科目

①幼児教育コース・初等教育コース別科目

志望する資格に応じて学習を深めます。幼児教育コース必修科目は、幼稚園教育課程、保育士養成課程の教育・保育の内容・専門に関する専門的知識・技能を習得するうえで必要な科目が設定されています。初等教育コース必修科目は、教科の指導方法を学ぶ「国語科指導法」など、教育および教科・専門に関する専門的知識・技能の習得を図り、小学校教育課程の教育に効果的な指導法を習得します。


②教科研究

各教科の教材研究により、教科を好きになり、教科に精通することを目的にしています。コースに応じて選択が可能な科目と、共通に習得すべき科目が設定されています。


③実習科目

教育実習、保育実習などの資格や免許状の取得に必要な実習科目が設定されており、現場で体験して家庭・地域における教育活動や子育ての現状を理解するとともに実践力を身につけます。


④発展科目

「保育基本演習」や「教職指導」など、幼児教育コースと初等教育コースに応じて、専門的な内容の学習をさらに深める科目が設定されています。



ファッション・ハウジングデザイン学科

本学科ではファッション、ハウジングの何れかへの専念を義務づける2コース制はとらず、それらの隣接した生活産業を中心に多様な進路に向けた履修モデルを可能としています。

また、ファッション、ハウジングの各領域に対応した専門展開科目と同等のバランスでデザイン基礎科目、生活文化関連科目等の学科共通科目の充実に配慮しています。


(1)科目区分

本学科のカリキュラムは、ファッションとハウジングの2つのデザイン領域におけるそれぞれの専門的講義、演習・実習科目からなる「専門展開科目」と、2領域に共通し、主として講義科目から成るデザイン基礎科目等の「学科共通科目」に大きく区分されます。

「学科共通科目」は、現代の状況に即して「デザイン」の意味を理解するための「デザイン基礎科目」、「デザイン」の在り方の基盤となる生活様式の問題を考える「生活文化関連科目」、デザインプロセスにおける企画から設計段階及びデザインの受容の段階で重要な役割を果たすイメージの造形、読み取りを重視した「イメージリテラシー科目」、さらにこれらの共通科目と専門展開科目の成果を統合し、各自の研究テーマを形成する特別演習科目と卒業研究から成る「ゼミ総合科目」によって構成されます。


(2)各科目区分の科目構成

(a)「デザイン基礎科目」では、入学後の必修導入科目である「FHD基礎演習A・B」を通じて、ファッション、ハウジング各領域の学びの意義・方法を理解し、勉学への意欲を高めます。さらに、「ヒトとデザイン」から4年次の「デザイン企画論」まで、狭い専門領域に視野を閉ざすことのないよう社会的、現代的観点からの「デザイン」の在り方を学びます。


(b)「生活文化関連科目」ではデザインによって実現すべき質の高い生活とは何かを生活学の観点から理解するため、「ライフスタイル論」から3年次の「生活防災学」まで、家族、景観、環境、エコロジー、福祉、防災等、現代社会における重要課題の視点を採り入れた科目を学びます。


(c)「イメージリテラシー科目」では「イメージリテラシー入門」により、現代社会における視覚イメージの重要性を認識し、「生活アート実習」や「デザインスキル実習」で基礎的な造形・デザイン技法を習得し、「イメージリサーチ演習」においてはモノのイメージ、まちやすまいの空間の読み取り方を理解します。さらに色彩運用能力を高める「カラーコーディネート演習」など、少人数制による多彩な実習・演習科目によりイメージを駆使したプレゼンテーション能力の養成を目指します。


(d)「ゼミ総合科目」では学科共通科目と専門展開科目の学習を踏まえ、3年次前期・後期に各専任教員毎に「デザイン特別演習A・B」を設定し、密度の高いゼミナールによって個別のデザイン問題の発見と解決への方向を探り、4年次の「卒業研究」(論文または制作)へと導きます。


(e)「専門展開科目(ファッション領域)」ではさらにファッション基礎系、ファッションイメージ系、ファッションデザイン系、ファッションビジネス系の4つの科目群を設定しています。ファッション基礎系科目群では1年次の必修科目「ファッションデザイン概論」及び2年次の「ファッションビジネス論Ⅰ」がファッション領域全体の導入となります。また「ファッションデザイン実習」を中心とするデザイナー養成のためのファッションデザイン系演習・実習科目、デザイナー以外の関連する多様な職種に向けた「ファッションビジネス演習」等のファッションビジネス系科目群があります。ファッション現象の多様なイメージ的側面の重要性に注目するのが「ファッションブランド論」等のファッションイメージ系科目群です。


(f)「専門展開科目(ハウジング領域)」は、インテリア系、住居系、まちづくり系及び建築基礎系の4つの科目群で構成されます。「住文化論」などの住居系科目群を中心に、住居内の家族生活に直接関係している「インテリアスペース論」などのインテリア系科目群と、近年ハウジング領域でも一層重要視されつつあるアーバンデザインを扱う「ハウジングデザイン論Ⅱ」などのまちづくり系科目群に区分されます。また、建築基礎系科目群はハウジング領域に共通しかつ建築士を始めとした資格取得に必要な科目群として設置しています。また、1年次の「ハウジングデザイン概論」及び「まちづくり論」については、本学科に共通した重要科目と位置づけ、ハウジング領域科目の必修とします。