1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 教職課程履修について

教職課程履修について

 

教員免許状を取得するためには、卒業必要単位に追加して、教職課程で定める科目を履修しなければなりません。教職課程の各科目は、教育職員免許法、教育職員免許法施行規則、学校教育法など各種の法令および文部科学省からの通達などにより定められている法定科目です。そのため、科目の履修には、出席・成績などについても厳格な条件が設けられています。

本学の教職課程では、「教科教育法」の履修や「教育実習」への参加について、履修資格や参加条件を設けています。教職課程の履修には、教職へ就くという強い意欲と真摯な学習態度が求められ、自分の将来設計をきちんと立て、どうして自分は教職に就きたいのか、資質、能力、適性はあるのかということも踏まえてよく考えてください。教職に就くことを第1志望とする人の履修を望んでいます。

免許状取得に必要な基礎資格および修得単位数等

学部 学科・専攻 教員免許状の
種類
基礎
資格
大学において修得することを必要とする最低単位数 その他要件
教育職員免許法
施行規則
第66条の6に定める科目
教職に
関する
科目
教科に
関する
科目
教科又は
教職に
関する
科目
介護等
体験


英語学科 中学校教諭
一種免許状
(英語)










日本国憲法
(2単位)

体育
(2単位)

外国語
コミュニケーション
(2単位)

情報機器の操作
(2単位)
31単位
(34)
20単位
(20)
8単位
(8)
高等学校教諭
一種免許状
(英語)
23単位
(32)
20単位
(20)
16単位
(16)
日本語
日本文化学科
中学校教諭
一種免許状
(国語)
31単位
(34)
20単位
(20)
8単位
(8)
高等学校教諭
一種免許状
(国語)
23単位
(32)
20単位
(20)
16単位
(16)
高等学校教諭
一種免許状
(書道)
23単位
(28)
20単位
(20)
16単位
(16)




都市生活学科

生活学科
都市生活専攻
中学校教諭
一種免許状
(家庭)
31単位
(34)
20単位
(20)
8単位
(8)
高等学校教諭
一種免許状
(家庭)
23単位
(26)
20単位
(20)
16単位
(16)
子ども発達学科 幼稚園教諭
一種免許状
35単位
(39)
6単位
(15)
10単位
(10)
小学校教諭
一種免許状
41単位
(45)
8単位
(19)
10単位
(10)
2単位

上表内の単位数は免許法で定める単位数、( )括弧書きの数字は本学教職課程で定める修得すべき単位数です。

4年間の履修スケジュール

1年次
4月 教職課程履修説明会 教職課程履修について説明します(各学科と教職支援センターで対応)
※教員免許状の取得希望者は必ず出席すること
幼小中高
教職課程履修登録 前期履修登録期間中に「教職課程履修届(要クラス担任印)」を教職支援センターに提出すること 幼小中高
教職科目履修登録 前期科目「教育という仕事」と後期科目「教職原論」「学校教育心理学」を必ず履修登録すること
履修カルテ作成開始
中高
個人別時間割表配付 クラス担任から配付された個人別時間割表で、履修登録科目と、履修登録課程を確認すること
登録課程は、免許種と校種および教科も確認すること
※教職課程の履修を断念する場合は、クラス担任に「教職課程取消届」を提出すること
幼小中高
9月 教職進路説明会 1年次後期に教員就職の説明会を開催する。試験の概要や心構え、準備について説明します。 幼小中高
12月 教育実習先希望調査説明会 子ども発達学科の学生を対象に教育実習先の希望調査を行う。 幼小
3月 教育実習内諾説明会 幼稚園教育実習に参加する学生に、教育実習受入内諾説明会を実施する
2年次
4月 教職課程履修説明会 毎年4月に課程履修費20,000円を納める(4年生まで3年間計60,000円)
一旦納付された課程履修費は返金できないため、教職課程の履修を継続するか否かよく考えること
中高
神戸市スクールサポーター説明会 「学校ボランティア実習」(中高)、「学校観察実習」(子ども発達学科)履修希望者は必ず出席すること
※3年生以上のスクールサポーター参加希望者も出席可
小中高
教職科目履修登録 教職科目履修登録2年次配当の教職科目を必ず履修登録すること
※「教科教育法」(3年次配当)の履修条件を満たすように、成績向上を目指すこと
中高
教育実習内諾手続き開始 幼稚園教育実習に参加する学生は、内諾手続きを開始する
※手続きで幼稚園に電話をしないといけない場合には5月末までに行うこと
※希望の幼稚園によって手続きが異なるので要注意
9月 抗体価検査 子ども発達学科ならびに中高免許課程履修者は受検してください 幼小中高
教育実習内諾手続書類提出 9月末が幼稚園教育実習に参加する場合の内諾書提出期日
11月 介護等体験申込説明会 介護等体験の申し込み手続きについて説明します。※小1種免、中1種免取得希望者は必ず参加すること 小中
介護等体験申込 介護等体験の申込書類を提出 ※教職課程の継続意志があいまいな場合には、申込をしないこと 小中
12月 教員採用模擬試験の実施 学内で教員採用模擬試験を実施します ※全員受験することが望ましい
教養試験(教職教養・一般教養)、専門試験
幼小中高
1月 採用試験受験報告会 4年生の先輩による教員採用試験の体験談を聞くことができる。採用試験の概要を理解することが目的 幼小中高
履修者制限科目予備登録 履修者制限科目の予備登録をする(詳細は松蔭ポータルで連絡) 幼小中高
2月 教員採用模擬試験の実施 学内で教員採用模擬試験を実施します ※全員受験することが望ましい
教養試験(教職教養・一般教養)、専門試験
幼小中高
3月 教員採用模擬試験の実施 学内で教員採用模擬試験を実施します ※全員受験することが望ましい
教養試験(教職教養・一般教養)、専門試験
幼小中高
履修者制限科目履修不可の場合の連絡 3月に発表される成績により、次年度の履修者制限科目が履修できないことが明らかになった場合には、速やかに教職支援センターに連絡する。 幼小中高
教育実習内諾説明会 小中高教育実習に参加する学生に、教育実習内諾説明会を実施する 小中高
教育実習参加説明会 幼稚園教育実習に参加する学生向けに実習直前の説明をします
3年次
4月 介護等体験参加説明会 介護等体験先への提出書類の配布、細菌検査について説明します 小中
教職科目履修登録 教職科目履修登録3年次配当の教職科目を必ず履修登録すること
※未履修・未修得の科目がないかを自分でしっかりと確認すること。疑問等があれば、必ず教職支援センターまで相談にくること(電話対応不可)。
幼小中高
5月から10月 介護等体験実施 特殊教育諸学校(2日間)、社会福祉施設(5日間)の介護等体験をする
※申込んだ体験は必ず終了すること
小中
介護等体験終了 体験終了2週間以内に、「介護等体験記録」「証明書」を教職支援センターに提出すること 小中
5月~ 教員採用試験対策講座 教員採用試験対策講座開始。月に1回から2回程度(12月から本格実施)
同時に専門科目の対策も実施(別途学科に要依頼)
幼小中高
6月から10月 幼稚園教育実習参加 幼稚園教育実習の実施(実習時間:4週間160時間)
※実習1週間後、松蔭manabaより中間報告書を提出すること
幼稚園教育実習終了 実習終了後、教育実習記録を実習園に取りに伺う。出勤簿、評価表は教職支援センターに郵送してもらう
⇒教育実習記録は教職支援センターに提出すること
9月 教育実習内諾手続書類提出 小中高教育実習に参加する学生は、内諾手続き書類を教職支援センターに提出すること 小中高
12月 教員採用模擬試験の実施 学内で教員採用模擬試験を実施します ※全員受験することが望ましい
教養試験(教職教養・一般教養)、専門試験
幼小中高
1月 採用試験受験報告会 4年生の先輩による教員採用試験の体験談を聞きます。教員採用試験対策本格実施 幼小中高
履修者制限科目予備登録 履修者制限科目の予備登録をする(詳細は松蔭ポータルで連絡) 幼小中高
2月 教員採用模擬試験の実施 学内で教員採用模擬試験を実施します ※全員受験することが望ましい
教養試験(教職教養・一般教養)、専門試験
幼小中高
3月 教員採用模擬試験の実施 学内で教員採用模擬試験を実施します ※全員受験することが望ましい
教養試験(教職教養・一般教養)、専門試験
幼小中高
教育実習参加説明会 小中高教育実習に参加する学生向けに手続きの説明をします 小中高
4年次
3月 保育士・教員就職ガイダンス 保育士・教員就職を考えている学生向けに就職活動にあたっての留意事項を説明します。 保幼
4月 教職科目履修登録 教職科目履修登録4年次配当の教職科目を必ず履修登録すること
※教育実習、教職実践演習を忘れずに登録すること
小中高
教員採用試験説明会 神戸市、兵庫県(5月)、大阪府等の自治体からの説明会を本学で実施します。 幼小中高
教員採用試験出願 その他自治体(都道府県、市町村)によって出願期間が異なります。早めに募集要項を取り寄せること
※教職支援センターに出願報告すること
幼小中高
3年次12月から
5月末まで
教員採用試験対策講座 3年次12月からの対策講座を5月末まで集中的に実施します。目標は現役合格!
※教職教養、一般教養、面接、論作文の対策を行うだけではなく、模擬試験も実施します。
幼小中高
5月-9月 教育実習実施 小1種免取得希望者は4週間160時間以上 中1種免は3週間120時間以上実習を行う
(高1種免のみは2週間80時間以上)
※実習1週間後、松蔭manabaより中間報告書を提出すること
小中高
小中高教育実習終了 実習終了後、教育実習記録を実習校に取りに伺う。出勤簿、評価表は教職支援センターに郵送してもらう
⇒教育実習記録は教職支援センターに提出すること
小中高
7月 教員採用試験受験 各自教員採用試験を受験すること 幼小中高
9月 教員採用試験の結果通知/
教員免許状一括申請申込書提出
申請免許数分の戸籍抄本を添えて提出すること(期日厳守) 幼小中高
11月 採用試験受験報告書提出 教員採用試験を受験した人は試験内容等の報告を「採用試験受験報告書」で提出してください(受験後速やかに)。
提出先:教職支援センター ※「採用試験受験報告書」はポータルで配信します
幼小中高
12月 教員免許状一括申請説明会 教員免許状の申請手続きを説明します 幼小中高
3月 教員免許状授与 学位記授与式当日に学位記と共に各教室で授与します 幼小中高