1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 教育系センター

教育系センター

目的

本学では各学科の専門教育科目の他に、学科を越えて履修できる科目を多数開講していますが、その大部分は全学共通科目と外国語科目です。全学共通科目は、情報の受容・発信において必要とされるコミュニケーション力を身につけるとともに、キリスト教の「愛」の精神を正しく理解し、他者への寛容、地域社会への貢献などに対する感覚を養うことを目的として開講されています。全学共通教育センターは、全学的な教育方針のもと、情報教育センター、キャリア教育センター、キリスト教センターと連携して自校教育・入学前教育を含む全学共通科目を編成・運営するために設置されています。

役割

全学共通教育センターの役割は全学共通科目の編成と運営ですが、全学共通教育センターだけで全学共通科目のカリキュラムを決めるのではありません。全学共通科目は幅広い分野を扱っている上に、学科専門教育科目との連携や重なりを配慮しながら設定する必要がありますので、学内の多くの部門と関係しています。全学共通教育センターは、全学共通科目のまとめ役と言えます。まとめたカリキュラム案は、学長を中心に各学部・学科の代表から構成されている全学共通教育委員会に提案されます。全学共通教育委員会で承認されたカリキュラムに基づき、全学共通科目のクラス設定や授業時間割編成を行い、授業の運営に責任を持つのが全学共通教育センターの役割です。

神戸松蔭の全学共通科目

大学における教育課程は伝統的に、1・2年次に主に一般教養、外国語を学び、3年次からゼミに代表される学科専門教育が本格化するというものでした。全学共通科目は従来の枠組みでいえば一般教養に相当するものです。いまでも幅広い教養を身につけることは大学生にとって必要なことであり、教養系科目は全学共通科目の大きな柱です。しかし、現代における教養教育を考えながら社会的な要請に応えうる人材養成のために全学共通教育を不断に改善していく必要があります。本学では、神戸松蔭について学びここで学ぶ意義を考える自校教育、社会人基礎力の養成、キャリア意識の形成など、従来の一般教養にとどまらない全学共通科目を展開しています。
全学共通科目の構成については、こちらをご覧ください。

 

外国語教育センター

英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語を外国語教育センターに集約

開学以来の伝統として、英語教育に力を注いでいる本学。西洋との橋渡しに必要なフランス語、ドイツ語に加え、激動する東アジアの興隆にこたえて中国語、韓国語を正規の外国語科目として開講しています。
外国語教育センターでは、学生の外国語運用能力を高め、国際交流、海外留学などの要求に資するため、コミュニケーション能力開発を重要視したカリキュラム編成をしています。とくに英語においては、ほとんどの科目を習熟度別クラス編成で週2回開講とし、ネイティブスピーカー教員による授業を多く配置しています。
また、得意の分野を伸ばしたい、苦手な分野を克服したいという学生のために、映像で学ぶ授業、留学や就職に役立つTOEFL・TOEIC対策授業、英語指導教員による個人指導など、きめ細かな教育体制を構築しています。


学習をサポートする教育支援活動

いながらにして留学気分 イングリッシュ・アイランド

昼休みや講義の空き時間を利用してネイティブスピーカー教員とコミュニケーションが楽しめる、日本語禁止の空間です。学部・学年にかかわらず、誰もが気楽に利用できます。日ごろから生きた英語に触れることで、英語の理解力、表現力が高まります。英語圏の暮らしや文化に話が弾むだけでなく、本学への留学生との交流の機会もあります。
その他、ハロウィーン、クリスマスなどの行事を通じて、英語に親しむ機会を多く提供しています。

夏季フランス語集中講座

フランス人講師を招き、毎夏本学にて約3週間開講しています。フランスの大学において外国人対象の授業が行われるのと全く同じ方法と要領によって、毎日4時間の授業が行われます。

短期語学研修

国際交流センター主催のアメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、中国への海外語学研修です。修了者には英語、フランス語、中国語の単位認定を行っています。
短期語学研修の詳細についてはこちら

イングリッシュ・シアター

プロの俳優が易しい英語を使って、芝居や落語を演じます。楽しみながら英語の理解力が高まります。


   

頼りになる外国語学習支援スペース ピア外国語応援サロン

外国語に関するあらゆるサポートを行なう学習室です。英語は、英語指導教員、大学院生(AI)、学部上級生(PI)が常駐し、英語の学び方、英語力の伸ばし方についての相談にのり、予習・復習の指導、アドバイスも行います。英語の各種教材のほか、TOEIC®・TOEFL®最新問題集、パソコンなども揃っているので、自習・グループ学習に利用することもできます。発音や文法だけでなく、卒論の書き方を教えてもらえるチャンスもあります。

フランス文化副専攻

フランス語を2年間だけの学習に終らせず、もっと勉強したい、日常会話くらいは話せるようになりたいという人たちは、ぜひフランス文化副専攻に登録してください。3年次、4年次にもいろんなフランス語の科目が置かれています。この副専攻に登録し、修了した人たちのフランス語の実力は確実にアップします。1年次の冬に登録の受け付けをし、2年次からこの副専攻の所定の科目を履修していきます。

実践中国語副専攻

ビジネス現場で通用する実践的な中国語能力の養成を目的として、旅行会話、時事中国語、通訳・翻訳など様々なニーズに応えることができる中国語を学びます。


学習効率を高めるCALL、LL教室

CALLはコンピュータ援用言語学習(Computer Assisted Language Learning)、LLは従来の視聴覚教材利用言語学習室(Language Laboratory)を指します。現在、外国語教育関連施設として、第1CALL(40席)、第2CALL(18席)、LL教室(56席)が稼働しています。第2CALLは、授業時間外はコンピュータ自習室として利用できます。CALL教室とLL教室には準備室があり、システムのサポート、教材作成、編集、管理を行うことができます。また、LL自習室(8席)では、リスニングやスピーキングの練習、DVDの視聴などもできます。

情報教育センター

情報教育センター(Center for Education in Information Systems=CEISシーズ)は、本学のWindows教室で行う情報教育を取りまとめ、Windows教室ならびにキャンパスネットワーク(KS-NET)の管理運営を行っています。

情報系列科目の提供

本学の情報教育への取り組みは古く、1984年にはビジネスコンピュータを備えた本格的なコンピュータ教室を整備して情報教育の授業を始めました。 当時は全学共通科目にある自然・科学分野のひとつに過ぎませんでしたが、受講者の増加と、ICT教育の必要性と相まって、全学共通科目・情報系列として独立しました。

情報系列の科目は、現在の情報化社会において活躍するための基本的な情報処理能力を養うために提供されています。 カリキュラムは、コンピュータ(パソコン)や本学が提供する各種ネットワーク上のサービスの操作を習得したうえで、次の三つの能力を育て、身に付けられるように考えられています。

  • パソコンを用いて問題を発見・分析・解決できる能力
  • インターネットを用いて必要とする情報を検索・収集、その情報を活用できる能力、これとは逆にインターネットに向けての情報発信を行う能力
  • 収集・分析した情報をもとにパソコンを活用して自分の考えを整理し、説明・伝達する能力

すなわち、「パソコンを単に操作できる」だけでなく、受講生の専門教育分野での様々な問題についてもパソコンを利用して情報の収集・検討を行い、問題の解決策の発見や結論を導き出す能力の習得を目標としています。

この目標の実現を目指して、2016年度は情報リテラシーA/Bをはじめ10科目48クラスを開講しています。 1クラスは35名以下の受講生からなり、TA(Teaching Assistant)やSA(Student Assistant)が受講生をサポートする体制で授業は行われています。

全学共通設備であるWindows教室の管理・運営

キャンパス内には、授業を行うWindows教室(4教室に合計で約200台のWindowsパソコンを設置)と、常時自習可能な自習室(2カ所に計40台)を整備しています。 もちろん、授業等が行われていない時間帯は、4教室でも自習をすることができます。

Windows教室のパソコンは、シンクライアント方式で運用され、どのパソコンでも同じ操作環境で利用できます。

Windows教室を利用できる時間

コンピューター教室


キャンパスネットワーク(KS-NET)の管理・運営

本学のキャンパスネットワークは、2002年に基幹ネットワークをギガビット化しました。 その後、2007年までにはWindows教室のすべてのパソコンが1Gbpsでキャンパスネットワークに接続可能となるなど、快適なネットワーク環境を提供しています。

2012年には基幹ネットワークの再構築を行い、パソコン教室のある3号館をはじめ5号館、7号館、12号館、14号館の全教室、学生食堂や図書館など学内で無線LANを利用することができます。

本学では入学時にキャンパスネットワーク上の各種サービスを利用できるようにするためのアカウントを発行しています。 代表的なネットワークサービスとして、本学で運用しているWebメールのサービスを提供しています。 このサービスにより、学内外のどこからでも本学のメールアドレスでのメール送受信が可能となっています。 また、学内での利便性あるネットワークサービスとして、キャンパスネットワークにつながるすべてのパソコンから利用可能なファイルサーバを提供しています。このサービスにより学内にあるパソコンで作成したファイルをファイルサーバに保存したり、保存していたファイルをパソコンで呼び出したりすることが簡単に行えます。