1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. FDへの取り組み

FDへの取り組み

FD委員会活動について

FDとは、Faculty Developmentの略。FD委員会とは「神戸松蔭の授業・教育改善・向上を推進していくための委員会」です。本学では、副学長、教務部長、研究科長、学部長、センター長、各学科教員からなる委員会を設置し、主に以下の活動を通じて教育改善を行っています。


  • 「学生による授業評価アンケート」の実施
    全科目で実施し、集計結果は各学科・センターで点検を受けます。また集計結果は学内webに掲載します。
  • 担当授業に関する「自己点検・評価票」作成
    各学科・センターで点検を受けます。各学部会学科長・センター所長からのコメントを学内webに掲載します。
  • 学科ごとの内部質評価への取り組み
  • シラバスの記載項目・様式の検討、精査
  • FD WEEK(授業公開週間)の実施
    教員、職員ともに公開授業を参観します。参観しての意見・感想は授業担当者に渡します。
  • 「授業について学生の意見を聞く会」の実施
    学生にテーマを提示し、文学部と人間科学部でそれぞれ学生の意見を聞きます。各学科長よりの回答を学内webに掲載します。
    *2017年度のテーマ
    1.「気持ちよく受講できた授業は、どのようなマナー環境でしたか。講義と演習・実習のそれぞれで具体的に教えてください。」
    2.「授業環境を保証するためにどのようなマナー指導を行ってほしいですか。講義と演習・実習のそれぞれで具体的に教えてください。」
  • 研修会の実施
    *2017年度のテーマ
    第1回「評価から授業をデザインする」(対象:教員、職員)
    第2回「AI(人工知能)と大学の近未来~神戸松蔭に求められるもの~」(対象:教員、職員)
  • 「授業についての意見箱」を常設、学生の意見を収集・改善取り組み
  • 教員表彰(「優秀教育賞」「先進教育賞」)実施予定

FD WEEK(授業公開週間)のお知らせ

FD WEEK(授業公開週間)では、専任教員が担当する授業を期間中本学教員に公開しています。その目的は、互いの授業を参観し合うことで、授業づくりの課題を共有したり、授業改善に活かすためです。
授業中に教員の出入りがありますが、いつもの調子で授業に取り組んでください。先生方が学生にとって良い授業を展開するために頑張っている姿をみなさんにも理解していただきたいと思います。

開催期間(過去5年分)

  • 2017年度 6月19日(月)~30日(金) FD WEEK(授業公開週間)
  • 2016年度 10月24日(月)~28日(金)
  • 2015年度 6月22日(月)~26日(金)
  • 2014年度 10月20日(月)~24日(金)
  • 2013年度 6月24日(月)~28日(金)