1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 博士論文 審査基準

博士論文 審査基準

博士論文 審査基準


博士論文は大学院での研究教育の成果を表すものとして、次の基準を満たすものでなければならない。

  • テーマの適切性:博士論文としてふさわしい研究テーマの拡がりと深さがあること。
  • 独創性:当該の研究テーマの発展に貢献する独創的なアイディアが示されていること。
  • 研究史の把握:当該の研究テーマについての先行研究が十分に理解され、検討されていること。
  • 実証性:当該の研究テーマについての経験的証拠が論文の中で十分に示されていること。
  • 論証の健全性:当該の研究テーマについての主張の論理的妥当性が論文の中で明快に提示されていること。
  • 倫理的配慮:研究方法や研究対象に対する倫理的配慮がなされていること。内容によっては神戸松蔭女子学院大学研究倫理委員会の承認を得なければならない。

提出にあたっては次の事項に留意すること。

  • 使用言語は英語または日本語とし、母語でない言語で執筆する場合は知識のある母語話者によるチェックを受けること。
  • 学術論文として適切な形式上の要件を満たしており、細部に関しては、専攻で配布する「学位論文作成などに関するガイドライン」に従っていなければならない。
  • 以上を満たし、全体を著書として公刊できる、あるいは査読のある学会誌に発表できる部分をもつものでなければならない。
  • 学会で口頭発表ないし学会誌で公刊された内容があり、それを発展させたものであることが望ましい。
  • 本人以外の知見を参照する時は適切な方法で引用し、他者の著作権を侵害するものであってはならない。