1. ホーム
  2. 入試情報
  3. 一般入試

一般入試【2018年度 入学生】

一般入試 A日程

ポイント

  1. 1.学力試験は、2教科(マークセンス方式)
  2. 2.第4志望学科・専修まで学内併願が可能。 (志望したすべての学科・専修で合否判定を行う)
  3. 3.国語の選択問題では、「現代文」または「古文」のいずれかを選択
  4. 4.本学試験場のほか、全6カ所試験会場を設置
  5. 5.合格者のうち成績上位者には、奨学金を給付 (各学科上位20%以内)。

 

日程・実施日

出願期間 2018年1月5日(金)10:00 ~ 1月18日(木)17:00

試験日 1月26日(金)

合格発表日 2月3日(土)

入学手続期日 【Ⅰ期(入学金)】2月15日(木)
【Ⅱ期(校納金)】3月5日(月)

 

募集学科

※設置する学科・専修より任意に第4志望まで学内併願が可能。

文学部
  • ●英語学科
    (英語プロフェッショナル専修、グローバルコミュニケーション専修)
  • ●日本語日本文化学科
  • ●総合文芸学科
人間科学部
  • ●心理学科
  • ●都市生活学科(都市生活専修、食ビジネス専修)
  • ●食物栄養学科
  • ●子ども発達学科
  • ●ファッション・ハウジングデザイン学科

 

出願資格

以下の条件[1]~[3]のいずれかに該当する女子

  • [1]高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業した者、および2018年3月に卒業見込みの者。
  • [2]通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2018年3月に修了見込みの者。
  • [3]学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
  • ●外国において学校教育における12年の課程を修了した者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの。
  • ●文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
  • ●専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
  • ●文部科学大臣の指定した者。
  • ●文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)。
  • ●その他本学が高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達したもの。

 

選考方法

  • ●マークセンス方式の学力試験2教科。
  • ●学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。 ※ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
  • ●試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。

 

試験教科・配点

学部 学科 試験教科 合計点
英語 国語 理科
文学部 英語学科
○英語プロフェッショナル専修
○グローバルコミュニケーション専修
200点 100点 300点
日本語日本文化学科 100点 200点
総合文芸学科 150点 150点
人間科学部 心理学科 150点+150点
(★英語・国語・理科から2教科選択)
都市生活学科
○都市生活専修
○食ビジネス専修
食物栄養学科 150点
(★英語・国語から1教科選択)
150点
子ども発達学科 150点+150点
(★英語・国語・理科から2教科選択)
ファッション・ハウジングデザイン学科

★いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定

英語
コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ:60分
国語
国語総合〔古文・漢文は除く〕:60分
【共通問題】=現代文・国語常識(漢字、ことわざ、熟語、文法など) 【選択問題】=現代文か古文を選択
理科
【生物】【化学】から1 科目選択:60分

【生物】
生物基礎:全範囲
生  物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答

【化学】
化学基礎:全範囲
化  学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用

 

Web出願入学検定料

35,000円
検定料フリーパス制度[一般入試+センター利用入試グループ]

 

入学手続費用について

2段階納入方式。
(Ⅰ期(入学金) 200,000 円/Ⅱ期(校納金) 各学科により金額が異なります。詳細は13 ページ参照。)

 

奨学金

入学生特別奨学金①

合格者のうち成績上位者(各学科上位20%以内)に、入学生特別奨学金(入学金の2分の1および1年次の年間校納金の2分の1 相当額)を給付する。

松蔭ファミリー入学金優遇制度姉妹等奨学金制度

 

入学辞退について ※併願で受験した者に限る。

入学辞退締切日(2018年3月31日(土)午後4時必着)までに入学辞退届を提出した場合は、Ⅱ期(校納金)を返還する。

一般入試 B日程

ポイント

  1. 1.学力試験は2教科。(マークセンス方式)
  2. 2.第4志望学科・専修まで学内併願が可能。(志望したすべての学科・専修で合否判定を行う)
  3. 3.合格者のうち成績上位者には、奨学金を給付 (各学科上位20%以内)。

 

日程・実施日

出願期間 2018年1月26日(金)10:00 ~ 2月7日(木)17:00

試験日 2月13日(火)

合格発表日 2月17日(土)

入学手続期日 【Ⅰ期(入学金)】2月26日(月)
【Ⅱ期(校納金)】3月15日(木)

 

募集学科

※設置する学科・専修より任意に第4志望まで学内併願が可能。

文学部
  • ●英語学科
    (英語プロフェッショナル専修、グローバルコミュニケーション専修)
  • ●日本語日本文化学科
  • ●総合文芸学科
人間科学部
  • ●心理学科
  • ●都市生活学科(都市生活専修、食ビジネス専修)
  • ●食物栄養学科
  • ●子ども発達学科
  • ●ファッション・ハウジングデザイン学科

 

出願資格

以下の条件[1]~[3]のいずれかに該当する女子

  • [1]高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業した者、および2018年3月に卒業見込みの者。
  • [2]通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2018年3月に修了見込みの者。
  • [3]学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
  • ●外国において学校教育における12年の課程を修了した者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの。
  • ●文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
  • ●専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
  • ●文部科学大臣の指定した者。
  • ●文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)。
  • ●その他本学が高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達したもの。

 

選考方法

  • ●マークセンス方式の学力試験2教科。
  • ●学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。 ※ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
  • ●試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。

 

試験教科・配点

学部 学科 試験教科 合計点
英語 国語 理科
文学部 英語学科
○英語プロフェッショナル専修
○グローバルコミュニケーション専修
200点 100点 300点
日本語日本文化学科 100点 200点
総合文芸学科 150点 150点
人間科学部 心理学科 150点+150点
(★英語・国語・理科から2教科選択)
都市生活学科
○都市生活専修
○食ビジネス専修
食物栄養学科 150点
(★英語・国語から1教科選択)
150点
子ども発達学科 150点+150点
(★英語・国語・理科から2教科選択)
ファッション・ハウジングデザイン学科

★いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定

英語
コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ:60分
国語
国語総合〔古文・漢文は除く〕:60分
理科
【生物】【化学】から1 科目選択:60分

【生物】
生物基礎:全範囲
生  物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答

【化学】
化学基礎:全範囲
化  学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用

 

Web出願入学検定料

35,000円
検定料フリーパス制度[一般入試+センター利用入試グループ]

 

入学手続費用について

2段階納入方式。
(Ⅰ期(入学金) 200,000 円/Ⅱ期(校納金) 各学科により金額が異なります。)

 

奨学金

入学生特別奨学金①

合格者のうち成績上位者(各学科上位20%以内)に、入学生特別奨学金(入学金の2分の1および1年次の年間校納金の2分の1 相当額)を給付する。

松蔭ファミリー入学金優遇制度姉妹等奨学金制度

 

入学辞退について ※併願で受験した者に限る。

入学辞退締切日(2018年3月31日(土)午後4時必着)までに入学辞退届を提出した場合は、Ⅱ期(校納金)を返還する。

一般入試 C日程

ポイント

  1. 1.学力試験は2教科。(マークセンス方式)
  2. 2.第4志望学科・専修まで学内併願が可能。(志望したすべての学科・専修で合否判定を行う)

 

日程・実施日

出願期間 2018年2月7日(水)10:00 ~ 2月21日(水)17:00

試験日 2月26日(月)

合格発表日 3月3日(土)

入学手続期日 【Ⅰ期(入学金)】3月8日(木)
【Ⅱ期(校納金)】3月15日(木)

 

募集学科

※設置する学科・専修より任意に第4志望まで学内併願が可能。

文学部
  • ●英語学科
    (英語プロフェッショナル専修、グローバルコミュニケーション専修)
  • ●日本語日本文化学科
  • ●総合文芸学科
人間科学部
  • ●心理学科
  • ●都市生活学科(都市生活専修、食ビジネス専修)
  • ●食物栄養学科
  • ●子ども発達学科
  • ●ファッション・ハウジングデザイン学科

 

出願資格

以下の条件[1]~[3]のいずれかに該当する女子

  • [1]高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業した者、および2018年3月に卒業見込みの者。
  • [2]通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2018年3月に修了見込みの者。
  • [3]学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
  • ●外国において学校教育における12年の課程を修了した者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの。
  • ●文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
  • ●専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
  • ●文部科学大臣の指定した者。
  • ●文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)。
  • ●その他本学が高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達したもの。

 

選考方法

  • ●マークセンス方式の学力試験2教科。
  • ●学内併願したすべての学科・専修で合否判定を行う。 ※ただし、学力試験で学科・専修が指定する教科を解答していること。
  • ●試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。

 

試験教科・配点

学部 学科 試験教科 合計点
英語 国語 理科
文学部 英語学科
○英語プロフェッショナル専修
○グローバルコミュニケーション専修
200点 100点 300点
日本語日本文化学科 100点 200点
総合文芸学科 150点 150点
人間科学部 心理学科 150点+150点
(★英語・国語・理科から2教科選択)
都市生活学科
○都市生活専修
○食ビジネス専修
食物栄養学科 150点
(★英語・国語から1教科選択)
150点
子ども発達学科 150点+150点
(★英語・国語・理科から2教科選択)
ファッション・ハウジングデザイン学科

★いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定

英語
コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ:60分
国語
国語総合〔古文・漢文は除く〕:60分
理科
【生物】【化学】から1 科目選択:60分

【生物】
生物基礎:全範囲
生  物:①生命現象と物質 ②生殖と発生 ③生物の環境応答

【化学】
化学基礎:全範囲
化  学:①物質の状態と平衡 ②物質の変化と平衡 ③無機物質の性質と利用 ④有機化合物の性質と利用

 

Web出願入学検定料

35,000円
検定料フリーパス制度[一般入試+センター利用入試グループ]

 

入学手続費用について

2段階納入方式。
(Ⅰ期(入学金) 200,000 円/Ⅱ期(校納金) 各学科により金額が異なります。)

 

奨学金

松蔭ファミリー入学金優遇制度姉妹等奨学金制度

 

入学辞退について ※併願で受験した者に限る。

入学辞退締切日(2018年3月31日(土)午後4時必着)までに入学辞退届を提出した場合は、Ⅱ期(校納金)を返還する。

一般入試 D日程 ※食物栄養学科は募集しない

ポイント

  1. 1.学力試験は1教科。(マークセンス方式)
  2. 2.第4志望学科・専修まで学内併願が可能。(志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う)

 

日程・実施日

出願期間 2018年2月28日(水)10:00 ~ 3月8日(木)17:00

試験日 3月14日(水)

合格発表日 3月17日(土)

入学手続期日 3月23日(金)

 

募集学科

※設置する学科・専修より任意に第4志望まで学内併願が可能。(食物栄養学科は募集しない。)

文学部
  • ●英語学科
    (英語プロフェッショナル専修、グローバルコミュニケーション専修)
  • ●日本語日本文化学科
  • ●総合文芸学科
人間科学部
  • ●心理学科
  • ●都市生活学科(都市生活専修、食ビジネス専修)
  • ●子ども発達学科
  • ●ファッション・ハウジングデザイン学科

 

出願資格

以下の条件[1]~[3]のいずれかに該当する女子

  • [1]高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業した者、および2018 年3月に卒業見込みの者。
  • [2]通常の課程による12 年の学校教育を修了した者、および2018 年3月に修了見込みの者。
  • [3]学校教育法施行規則第150 条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、および2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。
  • ●外国において学校教育における12年の課程を修了した者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの。
  • ●文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。
  • ●専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者。
  • ●文部科学大臣の指定した者。
  • ●文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)。
  • ●その他本学が高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達したもの。

 

選考方法

  • ●マークセンス方式の学力試験1教科。
  • ●志望上位の学科・専修より順次合否判定を行う。 ※志望上位の学科・専修に合格した場合、それ以下の志望順位の学科・専修では合否判定を行わない。
  • ●試験科目間の平均点に著しい差が生じた場合、選択科目によって受験生に有利不利が生じないように得点調整を行う。

 

試験教科・配点

学部 学科 試験教科 合計点
英語 国語
文学部 英語学科
○英語プロフェッショナル専修
○グローバルコミュニケーション専修
100点 100点
日本語日本文化学科 100点
総合文芸学科 100 点
(★英語・国語から1 教科選択)
人間科学部 心理学科
都市生活学科
○都市生活専修
○食ビジネス専修
子ども発達学科
ファッション・ハウジングデザイン学科

★いずれかの試験教科を選択、いずれも解答した場合は得点の高い試験教科で判定

英語
コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ:60分
国語
国語総合〔古文・漢文は除く〕:60分

 

Web出願入学検定料

35,000円
検定料フリーパス制度[一般入試+センター利用入試グループ]

 

入学手続費用について

一括全納方式。
(各学科により金額が異なります。)

 

奨学金

松蔭ファミリー入学金優遇制度姉妹等奨学金制度

 

入学辞退について ※併願で受験した者に限る。

入学辞退締切日(2018年3月31日(土)午後4時必着)までに入学辞退届を提出した場合は、Ⅱ期(校納金)を返還する。