1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. 全学共通科目の教育目標と方針

全学共通科目の教育目標と方針

教育目標

建学の精神を理解し、幅広い教養と高度なコミュニケーション能力をもった、地域や社会の要請に応えうる心身共に健康な人材の育成を目標としている。そのために、全学共通科目の履修を通して、次の能力を養成する方針である。

1.知識・理解

  • (1) 建学の精神の土台であるキリスト教とその人間観を理解している。
  • (2) 社会、文化、自然等に関わる幅広い教養を身につけている。

2.汎用的技能

  • (1) 他者との円滑なコミュニケーションを図るための、また、専門教育課程での学びの基礎となる日本語を正しく使う力を身につけている。
  • (2) 情報セキュリティや情報倫理の知識に基づき、情報を収集・分析し、情報分野に限らず様々な分野で対処できる能力を身につけている。

3.態度・志向性

  • (1) 自分自身の人生であるキャリアを自らの力で作り上げて、社会的・職業的に自立する態度を身につけている。
  • (2) 他者への寛容や共生の精神、地域社会への貢献に対する感覚を身につけている。
  • (3) 生涯にわたり健康な心身の保持増進を図る姿勢を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学の教育理念・教育目標に基づき、幅広い教養を有する学生を育成するために、「松蔭とキリスト教系列」「キャリア系列」「コミュニケーション系列」「情報系列」「教養系列」「健康スポーツ系列」の6つの系列を4年間にわたり系統的に履修できるように科目を配置している。