1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. 英語学科の教育方針

英語学科の教育方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英語学料では、自らの卒業後の進路に関して明確なビジョンをもつ学生を育てることを目標とする。英語を学ぶことによって柔軟な国際性を身につけ、個性豊かに創造性を発揮して、自分自身を高めるとともに、さまざまな形で社会に貢献する人材を育成することを目標とする。そのために、卒業時までに次の能力を養成した上で学士の学位を授与する方針である。

1.知識・理解

  • (1) 英語圏の言語、文化、社会についての専門的な知識を身につけ、異文化を十分に理解できる。
  • (2) 自らの進路に合わせた専門分野において、英語とその周辺の環境についてより深く考察し、分析する力を身につけている。

2.汎用的技能

  • (1) リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4技能の基礎的能力を身につけ、国際社会で通用する英語運用能力をもつ。
  • (2) 情報を的確に判断・理解し、適切に処理する技能を身につけている。
  • (3) 広い視野に基づいた冷静かつ客観的な判断力を背景として、高度なコミュニケーション能力を用いた、説得力のある情報発信ができる。

3.態度・志向性

  • (1) 社会における自己の位置を確立できる能力をもつ。
  • (2) 大学生活を通じて、自らの個性と創造性を最大限に発揮できる場を考察し、それを卒業後の進路として実現する実行力を備えている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

英語学科の教育は、学ぶ英語の性質の違いによって「英語プロフェッショナル専修」と「グローバルコミュニケーション専修」に分かれ、それぞれ「基礎演習」によって築かれた土台の上に、コア科目群、ゼミ・演習、卒業研究へと続く系統的に編成された専門教育科目によって行う。これらの教育課程編成・実施の方針は次のとおりである。

  • 1.1年次の「基礎演習」により、レポートの書き方、プレゼンテーションの方法など、学びの土台となる基礎知識および学習技能を養成する。
  • 2.英語プロフェッショナル専修では、英語に対する理解力を徹底的に高め、通訳・翻訳者、あるいは国際機関で働くことのできる人材を育成する。また、2年次の後期には、「中期留学」を必修とし、英語圏の大学で学ぶ。
  • 3.グローバルコミュニケーション専修では、早期英語を含む英語教育、教材開発、外資系企業や国内企業の海外部門での仕事、また、大学院などに進学するのに十分な英語力を育成する。
  • 4.各専修に基本的な科目を体系的に学ぶ「コア科目群」を定め、その中から各自の学びの中心となる1つの「メジャー」を選択し、専門性を志向した英語を学ぶ。
  • 5.共通コア科目群は、仕事に役立つ実践的な能力を養成する科目群である。2014年度以前入学生は「国際秘書科目群」「エアライン科目群」「英語コンピュータ科目群」、2015年度以降入学生は「英語コンピュータ科目群」「中高教員資格科目群」「エアライン科目群」の3つがある。
  • 6.ネイティブ・スピーカー教員によるリスニング、スピーキング、ライティングの授業と、日本人教員によるリーディングおよび文法の授業によって、英語の4技能をバランスよく習得できるようにする。また、1、2年次の必修科目の多くは、習熟度別クラスにより、少人数編成とする。
  • 7.3年次のゼミ(2014年度以前入学生)、演習(2015年度以降入学生)、4年次の卒業研究において、少人数できめ細かな指導を通じて、専門性を身につける。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

英語学科に入学する学生には、次の資質をもっていることを期待する。

1.知識・技能

母語および英語のコミュニケーションにおいて、情報を的確に理解・判断し、正確でかつ説得力のある形で発信できる基礎的な言語能力をもつこと。

2.思考力・判断力・表現力

母語および英語、また自国の文化と英語圏の文化を学ぶことを通じて、人間の言語・文化・歴史の成り立ちを探究することに関心を持ち、そのための知識の習得、課題解決に意欲をもつこと。

3.主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度

人間関係におけることばの力に関心を持ち、その力を駆使した他者との協働により社会に積極的に貢献していこうとする強い意欲をもつこと。