1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. ファッション・ハウジングデザイン学科の教育方針

ファッション・ハウジングデザイン学科の教育方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ファッション・ハウジングデザイン学科では、2つのデザイン領域の専門知識・技術と同時に、人間科学的・生活学的な視点と深い教養に根差し、調和のとれた生活に資する具体的で創造的なデザインを提案できる社会人を育成することを目標としている。そのために、卒業までに次の能力を養成した上で学士の学位を授与する方針である。

1.知識・理解

「衣」と「住」を中心とする多面的なデザインについて、社会的・現代的観点からその意味を理解するとともに生活様式に関わる防災、エコロジーなどの重要課題に関する知識をもっている。

2.汎用的技能

デザイナーとしての造形・デザイン技法の習得とあわせて、イメージの造形や読み取り能力を活用し、個別のデザイン問題の発見と解決に対応できる。

3.態度・志向性

ユーザー、消費者である女性として、「生活に資するデザイン」という信念をもち、地域に根差した生活文化の形成、新たなデザイン提案や開発による社会貢献を目指す。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

ファッション・ハウジングデザイン学科のカリキュラムは、2つのデザイン領域に共通した基礎的な科目と「ゼミ総合」科目を含む学科共通科目、および学年進行とともにファッション、ハウジングそれぞれの領域の専門性を高める専門展開科目から構成されている。これらの教育課程編成・実施の方針は次のとおりである。

  • 1.学科共通科目では、「デザイン」の意味や生活様式の問題を人間科学の視点から現代の状況に即して理解し、デザインプロセスおよびその受容の段階で重要な役割を果たすイメージリテラシー能力を高める。
  • 2.専門展開科目(ファッション領域)では、多様なファッションの世界について、基礎、ビジネス、デザイン、イメージの視点から学び、ファッションとライフスタイルや文化との関係、物づくりから販売までの一連のプロセスを理解し、デザイン力や技法を身につける。
  • 3.専門展開科目(ハウジング領域)では、インテリアから住宅・建築・都市までの生活空間のあり方を学ぶ。人間にとって大切な生活の質とはなにかを理解し、それをデザインしたり政策化したりできるよう、芸術、社会問題、歴史、自然科学など多面的に学修する。手書きからCADまでデザインの内容をさまざまに表現できる能力を身につける。
  • 4.「ゼミ総合」科目では、3年次にファッション領域とハウジング領域にわかれ、ゼミ単位で先行研究を参考に研究テーマを決める。4年次には、卒業論文または卒業制作のどちらかの形式で4年間の集大成として卒業研究に取り組む。卒業論文では、調査技法を習得し、情報や知識を複眼的、論理的に分析し、研究成果をまとめる。卒業制作では、習得したデザインスキルを基盤に、想像力と個性的な表現によって作品をまとめる。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

ファッション・ハウジングデザイン学科へ入学する学生には、次の資質をもっていることを期待する。

1. 知識・技能

日常生活のなかで、身近なファッションや住まいあるいはそれらのデザインに関して興味をもち、その創作技法を修得するための基礎的な知識をもつこと。

2. 思考力・判断力・表現力

よりよい生活の在り方に関して、広い視野から柔軟な思考や判断ができ、豊かな想像力と表現力を磨くことに意欲をもつこと。

3. 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度

ファッションや住まいの学びから他者と協働し、社会の発展のために積極的に関与することができる。