1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. 外国語科目の教育目標と方針

外国語科目の教育目標と方針

教育目標

外国語やその背景にある異文化の学習を通して、世界の国々や地域との相互関係の重要性を認識し、アジアの中の日本、世界の中の日本のあり方を見直す機会をもつ必要性が高まっている。本学ではこうした時代の要請に応える能力・資質を備えた人材の育成を目標としている。そのために、外国語科目の履修を通して、次の能力を養成する方針である。

1.知識・理解

  • (1) 選択した各言語の特徴を知り、その運用に必要な能力を意識することができる。
  • (2) 各言語の背景となる文化を知り、自らの文化との違いを理解している。
  • (3) 外国語学習を通して、日本や日本語への深い理解や知識を身につけている。

2.汎用的技能

  • (1) 読む、書く、聞く、話す、の4技能を偏りなくブラッシュアップし、外国語による日常的なコミュニケーションを行う能力を身につけている。
  • (2) 語学力を生かしたプレゼンテーション力を身につけている。

3.態度・志向性

  • (1) グローバル化した社会に適合した豊かな国際感覚と異文化を受け入れる寛容性を身につけている。
  • (2) 多言語習得を通して言語対照、文化比較等の研究アプローチ法を意識することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

外国語科目として、「英語」「フランス語」「中国語」「韓国語」の各言語を学ぶ科目を配置している。