1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. 生活学科 都市生活専攻の教育方針

生活学科 都市生活専攻の教育方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

生活学科都市生活専攻では、都市化された社会における生活をさまざまな視点から研究することにより、人間らしい質の高い生活を創造・提案できる人材を育成することを目標とする。そのために、卒業までに次の能力を養成した上で学士の学位を授与する方針である。

1.知識・理解

「生活科学」「生活行動」「社会生活」「生活システム」という4つの視点から、現実社会を概括的に理解できる。

2.汎用的技能

科学的な実験手法や質問紙などによる調査手法を用い、現実社会が直面している課題を的確に理解し、これらの課題への解決方策を社会に提案できる。

3.態度・志向性

社会の中で自立しながらも他者と調和できる人間として、自分自身の信念に基づき、社会や家族の幸せのために貢献できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

都市生活専攻では、生活の構造や人間の生活行動について概観することで、生活学科の基礎的知識を修得する。そして、社会の都市化による生活の変化をふまえながら、4つの視点に対応した科目群から、学年進行に合わせながら都市型の生活を多面的に理解するための知識の修得を目指す。これらの教育課程編成・実施の方針は次のとおりである。

  • 1.1年次の「基礎演習」をはじめとした必修科目によって、生活学の基礎的知識を修得する。
  • 2.「生活科学科目群」では、生活にかかわる要素を客観的に理解するために、従来からの衣食住の領域に加え、人および健康について、生活科学的な視点で学ぶ。
  • 3.「生活行動科目群」では、生活を構成するモノと私たちの生活がどのように関わってきたかを行動科学的に学ぶ。
  • 4.「社会生活科目群」では、都市生活に欠くことのできない集団という側面から人間生活を理解する。
  • 5.「生活システム科目群」では、都市生活を成り立たせているシステムについて理解するとともに、生活をマクロな視点から客観的にみることのできる知識と能力を養う。
  • 6.4年間の学びの集大成である「卒業研究」では、実験・実習・演習を重視した教育によって、それぞれの領域の現実的問題に対応できる専門的知識・技術・技能を身につける。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

生活学科都市生活専攻へ入学する学生には、次の資質をもっていることを期待する。

1. 知識・技能

市民性を養うため幅広い教養と批判的に考える基礎的な知識・技能を身につけていること。

2. 思考力・判断力・表現力

生活を科学的にとらえ、時代や社会の変化に伴い変化する地域生活を女性の視点でとらえられること。

3. 主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度

キリスト教の愛の精神に理解を示し、他者と協働しつつ質の高い生活を実践できること。