神戸松蔭生のOFFとON ~実は私、〇〇なんです。~

神戸松蔭女子学院大学では2016年1月から、神戸市営地下鉄においてシリーズ広告を展開しています。月替わりを基本に、本学のスローガン「魅せる、咲かせる、輝かせる。」を体現している学生の「OFF(普段)」と「ON(何かに打ち込んでいる時)」の姿を紹介しています。※学年は取材時

case01
実は
書道ガール
なんです

文学部 日本語日本文化学科 4年生

実は○○1_日本語日本文化学科

『普段は愛犬と散歩をするのが好きな、おっとり女子。でも袴をはくと、気迫のある書道ガールに早変わり。学科で日本のことばや文化を知る大切さを学んだことから、伝統文化を受け継ぎ、もっと表現したいと思うようになったそう。時には大きな紙に大きな筆で日本のことばを書きあらわす大胆なパフォーマンスもしながら、書道で地域活動に貢献しています。』

日本語日本文化学科 現代日本語専修/日本文化専修
日本を学んで真の国際人へ。方言や敬語、アナウンス、日本語教育などの学びから日本語の多様性や特徴を理解する専修と、日本の文化や文学を深く追究し世界に通用する感性を身に着ける専修があります。

case02
実は
バイリンガル女子
なんです

文学部 英語学科 4年生

実は○○2_英語学科

『普段はスポーツ好きな元気女子。海外へ出れば、いつも以上に自己表現をしながら活動するバイリンガル女子に早変わり。大学の留学前プログラムで英語力アップや情報収集ができたので、オーストラリアへの中期留学やハワイでのボランティアも積極的に取り組むことができたそう。そこで身につけたコミュニケーション能力や英語力を活かし、社会で活躍したいと輝いています。』

英語学科 英語プロフェッショナル専修 グローバルコミュニケーション専修
多彩な留学制度や少人数制教育。就職に直結した高度な英語力を身に着ける専修と、国際的に通用するコミュニケーション能力を高める専修があります。

case03
実は
プランナー女子
なんです

人間科学部 生活学科 都市生活専攻 4年生

実は○○3_生活学科都市生活専攻

『普段はドラマが好きな、のんびり女子。でもプレゼンをする時は、キリッとしたプランナーに早変わり。多大学が参加する旅行プラン提案プロジェクト「北陸カレッジ」と「ユニバーシティ・カレッジ南九州」にゼミ有志で参加し、最優秀賞を受賞。充実した企画、分かりやすいプレゼンテーションを試行錯誤しながら、堂々と想いや意見を伝えられるようになったそう。今後も楽しい旅を提案していきたいと意気込んでいます。』

生活学科 都市生活専攻 ※2017年4月 新学科「都市生活学科」開設
「衣・食・住」をテーマに日常生活の身近な疑問を科学的に検証。食とビジネスに関する学びも強化し、社会の即戦力となれる能力を身に着けます。

case04
実は
ソフトテニス女子
なんです

人間科学部 心理学科 4年生

実は○○4_人間科学部_心理学科

『普段はカワイイものやキレイ系が好きな、シャイな女子。でもラケットを握ると、気勢に満ちたソフトテニス女子に早変わり。心理学で学んだ人との接し方や気持ちの引き出し方で、自分が成長しただけでなく、後輩からの相談にもたくさん対応。部長として部員をまとめ全日本3位へと導きました。大学で身につけた粘り強さと一生懸命さを、社会に出てからも活かしたいと目を輝かせています。』

心理学科
社会に出ても幅広いステージで活かせる心理の学び。現代人の心の問題に対処する知識や技能などを、実践的な学習や調査を交えて、さまざまな角度から学びます。

case05
実は
先生志望女子
なんです

人間科学部 子ども発達学科 4年生

実は○○5_人間科学部_子ども発達学科

『普段はネイルが好きな、オシャレ女子。でも子どもたちと触れあうと、元気な先生に早変わり。大学でさまざまな角度から教育を学び、海外ボランティアや無人島でのキャンプリーダーの経験を積んで、子どもの成長や学びに関わりたいと思ったそう。大学の就職サポートも強みになって激戦を勝ち抜き、小学校の先生になり、子どもたちと一緒に明るい未来を築きたいと、意欲を燃やしています。』

子ども発達学科〈保育士・幼小教員養成課程〉
2015年に併設の認定こども園「松蔭おかもと保育園」も開設し一層充実。多彩な体験で子どもに寄り添い、成長を支援し、個性を引き出すことのできる「先生」を育成します。

case06
実は
インテリアデザイナー女子
なんです

人間科学部
ファッション・ハウジングデザイン学科
ハウジング領域 4年生

実は○○6_ファッションハウジングデザイン学科

普段は、美味しいものを食べに行くのが好きな、イマドキ女子。でもインテリアや建築を考え始めると、真剣な眼差しのデザイナーに早変わり。ゼミやアルバイトで実践を積みながら、住空間コンペでエクステリアのデザインをし、入賞。自分で考えたものが形になる喜びを知り、いつか飲食店や商業施設の建築に携わりたいと、夢をふくらませています。

ファッション・ハウジングデザイン学科
ファッションやハウジングの各領域を学び、生活に根ざしたデザインを提案できる人材を育てます。デザイン都市・神戸をフィールドに、大規模なファッションショーや人気エリアの街づくりに加わる機会も豊富です。

case07
実は
管理栄養士志望女子
なんです

人間科学部 生活学科 食物栄養専攻 4年生

実は○○7_生活学科食物栄養専攻

『普段は歌うことが好きな、はつらつ女子。でも白衣を着ると、食や栄養と向き合う管理栄養士の卵に早変わり。大学で専門的な栄養学を学んで実習を重ねる一方で、健康的な商品 メニューを考える百貨店とのコラボプロジェクトにも参加。考えた商品を店頭で見た時は、大きな感動がこみ上げてきたそう。将来は、管理栄養士の必要性や食の大切さを広く伝えていくことを目指しています。』

生活学科 食物栄養専攻〈管理栄養士養成課程〉※2017年4月 新学科「食物栄養学科」開設
豊かで安全な食生活を実現する「6つの力」を持つ管理栄養士を目指して、食と栄養、健康と人体機能についてなど「食」をさまざまな視点で学びます。

case08
実は
エンターテイナー女子
なんです

文学部 総合文芸学科 4年生

実は○○8_文学部総合文芸学科

『普段はカフェ巡りが好きな、元気女子。でも、舞台に立つと、演技や歌を披露する女優に早変わり。大学で文学や言葉について学んだことで表現力が豊かになり、のびのびと、いつもと違う自分を演じられるようになったそう。演劇やミュージカルの舞台でスポットライトを浴びながら、人々に楽しみを与えることができる幅広い表現者になりたいとレッスンに励んでいます。』

総合文芸学科
アニメ・マンガなどのサブカルチャーも含む多彩な文化・芸術やメディア、表現などを体験も交えて学ぶことで感性を磨き、実社会に生かせる実践的な力を養います。
閉じる