1. ホーム
  2. 入試情報
  3. ジェネラルインフォメーション

ジェネラルインフォメーション

神戸松蔭女子学院大学は1892年、英国聖公会の伝道師によって兵庫県神戸市・北野町に「松蔭女学校」として創立されて以来、女子教育機関のパイオニアとして120年以上に及ぶ歴史と伝統を築いてきました。現在は神戸市灘区に位置し、レンガ造りの美しい校舎は緑に囲まれ、海が一望できるすばらしいロケーションにあります。

学生たちは明るく自由な校風のなか、入学後にのびのびと才能を大きく開花させ、多彩なコミュニケーション能力を身につけて社会にはばたくことができます。就職率が高いのも特徴で、多くの卒業生が多方面で活躍しています。
神戸松蔭の学びはいずれも少人数制で教員と学生の距離が近いため、無理なく修得することができます。放課後はクラブ活動はもちろん、ボランティアや啓蒙運動など、学生の意志で運営されるさまざまな活動も盛んに行われています。


【所在地】 神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1
【学部・学科】 文学部 英語学科(英語プロフェッショナル専修・グローバルコミュニケーション専修)
日本語日本文化学科(現代日本語専修・日本文化専修)
総合文芸学科
人間科学部 心理学科
都市生活学科・食物栄養学科 (※2017年4月 新学科開設)
子ども発達学科
ファッション・ハウジングデザイン学科
【教育理念】 キリスト教の精神…他者を思いやるキリスト教の精神
実践的な教養…深い教養知識と広い実用技術の融合
キャリア教育…個性豊かに生きる自分だけの人生

神戸松蔭女子学院大学では、外国人留学生を受け入れています(生活学科 食物栄養専攻、子ども発達学科を除く)。2017年度外国人特別入試は12月に実施します。

沿革

松蔭女子学院大学外観

1892年
英国聖公会の伝道機関によって、神戸市北野町に「松蔭女学校」創立。
明治時代の先端的科目、英語、裁縫(和裁・洋裁)を中心に授業を行うミッションスクールとして第一歩を記した。
1915年
「松蔭高等女学校」設立。
1929年
神戸市青谷に校地を選定。定礎式に英国王子グロスター公殿下臨場。
12月新校舎落成。
1947年
大学・短期大学の前身「松蔭女子専門学校」設立。初代校長は浅野勇。
1950年
学制改革によって「松蔭女子専門学校」は「松蔭短期大学」として新発足。
キリスト教科、英文学科を置く。初代学長はアーサー・リー。
その後、服飾科、家政科、日本文学科を増設。
1966年
神戸市垂水区に「松蔭女子学院大学」設置。
文学部に英米文学科、国文学科、キリスト教学科を置く。初代学長は八代斌助博士。
1980年
六甲新学舎第一期工事完成。短期大学が青谷から移転。
続いて81年第二期工事が完成し、大学が垂水から移転。
1982年
学院創立90周年記念式典開催。
1983年
チャペルにパイプオルガン設置。
1986年
短期大学英文学科専攻課程設置。(英文学専攻・英語学専攻)
家政学科専攻課程設置。(生活科学専攻・食物栄養専攻)
1991年
服飾学科・家政学科をそれぞれ生活造形学科・生活科学科と名称変更。
1992年
英米文学科を英語英米文学科と名称変更。
学院創立100周年記念式典開催。
1995年
「松蔭女子学院大学」「松蔭女子学院短期大学」を
「神戸松蔭女子学院大学」「神戸松蔭女子学院短期大学」と校名変更。
2000年
大学院文学研究科(修士課程)を設置。英語学専攻・国語国文学専攻の2専攻を置く。
大学文学部に総合文芸学科を増設。
短期大学英文学科を英語コミュニケーション学科と名称変更。
2001年
大学文学部に心理学科を増設。
2002年
大学院文学研究科に言語科学専攻(博士課程)を設置。
学院創立110周年記念式典開催。
2004年
大学院文学研究科に心理学専攻(修士課程)を増設。
大学文学部心理学科を人間科学部心理学科に改組。
2005年
大学人間科学部に生活学科(都市生活専攻・食物栄養専攻)を増設。
2008年
大学人間科学部に子ども発達学科、ファッション・ハウジングデザイン学科を増設。
短期大学部の学生募集停止。
2009年
人間科学部子ども発達学科が指定保育士養成施設に指定される。
2011年
英語英米文学科・国文学科の学生募集停止、英語学科・日本語日本文化学科を新設。
2012年
松蔭女子学院創立120周年。
2014年
公益社団法人ロングライフビル推進協会の「第23回BELCA賞」
表彰建築物として、本学キャンパスが「ロングライフ部門賞」を受賞。
2015年
幼保連携型認定こども園「松蔭おかもと保育園」開園。
2017年
松蔭女子学院創立125周年。

理念と目標(教育方針)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

神戸松蔭女子学院大学は、キリスト教の愛の精神を基本とした女子教育を通じて、他者への思いやりの心をもって社会に貢献する人材を育成することを目標としている。そのために、本学の学生には卒業時までに次の能力を養成した上で学士の学位を授与する方針である。

1.知識・理解


2.汎用的技能


3.態度・志向性


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学の教育は、大きく、全学共通科目、外国語科目、専門教育科目からなる。それぞれの科目の目的は、ディプロマ・ポリシーを受けて、次の通りである。

全学共通科目

情報の受容・発信において必要とされる、言語によるコミュニケーション力を身につけるとともに、キリスト教の愛の精神の理解を通じて、他者への寛容、地域・社会への貢献に対する感覚を身につける。

外国語科目

日本語以外の言語を学ぶことを通じて、文化の多様性に対する理解を深めるとともに、国際化した社会の中で生きていく社会人としての基礎的な技術を身につける。

専門教育科目

柔軟で実践的な教養力に基づいて、論理性に裏付けられた知識を身につけるとともに、人間性・自然に対する十分な理解に支えられた専門性を身につける。


入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学へ入学する学生には、次の資質をもっていることを期待する。

1.知識・技能

固定した知識の習得のみに関心を示すのではなく、純真な好奇心をもって、積極的に物事に取り組み、学んでいくことができる基礎的な学力をもつこと。

2.思考力・判断力・表現力

現在、未完成な面があっても、入学後に、自ら課題を発見し、柔軟な判断力をもって解決にあたり、成果を他人に伝える表現力を伸ばすことに意欲をもつこと。

3.主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度

キリスト教の愛の精神に理解を示し、学生である期間を、自らを向上させることのみに使うのでなく、積極的に周りの人々と関わり協調していく心をもつこと。

学部・学科紹介

文学部

英語学科―英語プロフェッショナル専修/グローバルコミュニケーション専修

未来のステージに応じた英語の運用能力を高め社会の多様なシーンでの活躍をめざします。

将来の活躍の場をグローバルに描くなら、英語を「聴く・話す・読む・書く」力は必須の能力です。英語教育に特化した英語学科では、卒業後の進路や学びたい英語の内容に応じて「英語プロフェッショナル専修」と「グローバルコミュニケーション専修」の2つの専修を設置。国際社会に通用する高度な英語の達人をめざします。希望者全員が留学可能で、充実の奨学金でバックアップ。世界で活躍できる真の国際人へ。その第一歩がここからスタートします。

日本語日本文化学科―現代日本語専修/日本文化専修

現代社会のさまざまな場における日本語のあり方、多様な日本文化の事象を学びます。

「ことば」としての日本語から何が見えますか?時代の変遷や、社会情勢や、言葉の意味そのものの変化…。方言や敬語、専門用語や話しことばも、日本語の多様性を物語ります。文学部日本語日本文化学科は「現代日本語専修」と「日本文化専修」の専修を設置。「ことば」を知り、「文化」を理解することで、日本の新たな魅力を探究しましょう。

総合文芸学科【総合文芸コース/メディア・広報コース】

身近な小説、音楽、演劇、映画、詩歌、絵画など多様な文化芸術の営みを体験しながら学びます。

小説、音楽、絵画、演劇、写真、映画、報道、広告、詩歌…。これらのすべてが「文芸」です。総合文芸学科ではあらゆる文芸の営みを多角的に楽しみながら学び、それを確かなことばで表現することをめざしています。文芸は、ボーダレスな国際理解のツール。視野を広げ、感性を磨き、実践的な表現力を身につけていくことは、自らの将来への指針を示す力になるでしょう。

人間科学部

心理学科

現代人の心の問題に対処する知識と技術をあらゆる角度から身につけます。

急速に複雑化する現代社会にあって、そこで生活する人々の「心の問題」が大きくクローズアップされています。そうしたなか、心と向き合える知識と技能をもち、人の心に精通した専門家が求められています。心理学科では、人の心と行動を調査・分析する実証的な研究方法だけでなく、さまざまな実習などを通じ、心の問題解決に必要となる知識と技術を身につけます。

都市生活学科―都市生活専修/食ビジネス専修(2017年4月開設)

身近な疑問をヒントに「人」「モノ」「生活」を対象に学び都市化が進む社会の変化を捉える力を養います。

時代や社会の動きによって変化する私たちの「生活」。一人ひとりの人間活動が主体となって生まれるものです。21世紀に入って、生活の都市化が広がっている今、都市生活学科では「人」「モノ」「生活」のつながりに焦点を当て、幅広い視点と方法で、何気ない日常に潜む不思議や多様な問題を探究。2つの専修を設け、新しい生活観と価値を創造、提案できる力を養います。

食物栄養学科【管理栄養士養成課程】(2017年4月開設)

豊かで安全な食生活と人々の健康をマネジメントする管理栄養士をめざします。

食べることは生活を豊かにすることにおいて大きなウエイトを占めています。おいしさはもちろん、量や栄養は適切か、食材は安全か。豊かな食生活を実現するための要素は多岐にわたります。食物栄養学科でめざすのは「管理栄養士」。少人数・双方向教育で、食品と栄養、健康科学と人体機能についての理解を深め、食生活を通して人々の健康をマネジメントする実践力を養います。

子ども発達学科【初等教育コース/幼児教育コース】

実現できます。先生になるあなたの夢。子どもを総合的に学び、豊かな成長を支援します。

子どもは未来の希望。しかし、子どもを取り巻く環境は変化の連続です。今、求められているのは、心身とも健やかに教育・指導できる人材です。保育士資格、幼稚園・小学校教諭一種免許状の取得をめざしながら、「心理」や「発達」の領域からも総合的にアプローチ。子どもの成長を後押しする専門知識と実践力、そして何より、教育者としての情熱を身につけます。

ファッション・ハウジングデザイン学科

日常生活に欠かせない「衣」と「住」、2つの分野のトータルデザインを学びます。

“ファッション都市宣言”のまち神戸。「衣」と「住」に関して先取的な気風をもちます。この2つのデザイン領域で人々の日常生活に密着した教育・研究を進めています。現代のファッションやデザインがカバーする領域は、服飾製品や住居から、都市空間やライフスタイルにも拡大。ここでの学びは、彩り豊かな暮らしと未来の創造、キャリアへとつながっています。

学内施設

最寄りの阪急六甲駅から歩いて約15分とアクセス至便で、緑にあふれ、海を一望できるキャンパス。機能的に配置された校舎や実習施設、憩いの場は、学生たちの学ぶ意欲と卒業までの自由でのびやかなキャンパスライフを見守ります。

施設案内 大学会館 大山ロッジ 教室・実験棟(11号館) 実験棟(6号館) 特別教室棟(5号館別館) 特別教室棟(3号館) 特別教室棟(2号館) 学生ホール(4号館) チャペル(8号館) 図書館(9号館) 教室棟(12号館)

チャペル(8号館)

チャペル(8号館)

正門を入ってすぐ左手にあるチャペルは神戸松蔭のシンボルです。高い天井、ステンドグラスから差し込む光、日本でも有数の規模をほこるパイプオルガンの気品ある響き。日常とは違う荘厳な雰囲気を感じることでしょう。ヌーン・サービスやチャペルコンサート、卒業生の結婚式などさまざまな礼拝、行事が行われています。

図書館(9号館)

図書館(9号館)

学術書籍、文芸書籍、新聞・雑誌など、約39万冊もの蔵書や資料があり、すべてをコンピュータで検索することができます。DVDなど映像教材が整ったAVコーナーやコンピュータコーナーのほか、展示やグループ学習、ゼミ発表の準備・練習ができるラーニングコモンズ「てらす」も備えています。館内は白を基調とした、明るくも落ち着きのある雰囲気です。

特別教室棟(2号館)

CALL教室

CALL教室

英語のヒアリングやリスニングの授業で活用されます。世界のCDやDVDがそろい、新設されたさまざまな機能を活用して、実践的に英語が学べます。

カフェこもれび(2号館)

カフェこもれび

学生や教職員が気軽に立ち寄れる交流スペース。在学生への公募で名称が「カフェこもれび」に決まりました。

特別教室棟(3号館)

コンピュータ教室(Windows)

コンピュータ教室(Windows)

4つの教室に計約200台のWindowsパソコンを設置し、実践的なパソコン教育を通して、実務レベルの操作と技能を学ぶことができます。

コンピュータ教室(iMac)

コンピュータ教室(iMac)

CGやデザイン、ムービー、言語学などの学習用に、40台のiMacを設置しています。

コンピュータ自習室(3号館・12号館)

コンピュータ自習室

自習専用のパソコンが計40台設置されています。必要な時にいつでも利用でき、また3号館4階の情報教育センターのサポートも手軽に受けられるので、レポート作成や自習などに利用されています。

秘書演習室

秘書演習室

企業の受付やオフィス内などを再現し、秘書実務のほか、来客や会議の対応、ビジネスマナーなどを実践的な授業を通して身につけることができます。

学生ホール棟(4号館)

学生食堂

学生食堂

明るく洗練された雰囲気の「マーガレットダイニング」と「ローズキッチン」の2つの食堂があり、合わせて約550人を収容できます。

MARUZEN Campus Shop

MARUZEN Campus Shop

書籍・文房具のほか、キャンパスグッズを販売しています。

神戸松蔭こころのケア・センター

神戸松蔭こころのケア・センター

さまざまな心の問題をもつ学外からの相談者を受け付けています。臨床心理士の指導のもと、大学院心理学専攻の授業にも活かされています。

特別教室棟(5号館別館)

電子ピアノ音楽教室

電子ピアノ音楽教室

最新の電子ピアノが30台設置され、子ども発達学科のピアノレッスンや楽典の授業などを行います。

理科実験室

理科実験室

ゆとりのあるサイズの実験台にパソコン40台を設置。電子顕微鏡もあり、化学、物理、生物などさまざまな実験に取り組むことができます。

千と勢サロン

千と勢サロン

学生たちが自由に集い、語らえる憩いのスペースです。テーブルと椅子、ゆったりとしたソファも置かれ、差し込む光と壁に掛かったシャガールの絵画が和やかな雰囲気を演出します。

コミュニティ・ルーム

コミュニティ・ルーム

地域の親子に開放された触れ合いの空間です。子ども発達学科の「神戸松蔭親子フリースペース〈まつぼっくり〉」 が定期的に開催され、さまざまな親子の実像から、学生たちが保育や育児について学び取ります。

教室・実験棟(6号館)

製図室

製図室

ファッション・ハウジングデザイン学科の講義や実習に使われます。3室のうち2室の製図机には、学生向けパソコン(CAD対応)が備わります。

ファッション製作室

ファッション製作室

ファッション・ハウジングデザイン学科の被服製作実習に活用され、裁縫用具や工業用ミシン、ボディなど専門器具が充実しています。

給食経営管理実習室

給食経営管理実習室

給食の経営管理について学ぶ実習室。国際的な食品の安全・衛生管理システム(HACCP)の基準に適合した設備と機材が整います。

教室・実験棟(11号館)

栄養教育実習室

栄養教育実習室

生活学科食物栄養専攻の実習で使われ、デジタルプロジェクターやパソコンを用いた情報収集・分析機能を備えています。

スタジオ

スタジオ

主にファッション・ハウジングデザイン学科の実習や授業で使用されます。スチール撮影からハイビジョン映像まで、撮影と編集が可能な機材と設備を整えています。

教室棟(12号館)

コンピュータ利用コーナー

コンピュータ利用コーナー

学生が自由に使えるパソコンを20台設置し、いつでも利用できるよう開放されています。授業の空き時間などを使ったレポート作成や自習などに活用されています。

イングリッシュ・アイランド

イングリッシュ・アイランド

学生とネイティブ・スピーカーの教員のための交流スペースです。英語で自由に会話を楽しみ、英会話の力を磨きます。

学外施設

大山ロッジ

大山ロッジ

セミナー室や宿泊室、ダイニングルームなどが設置され、さまざまな催しに利用されています。

所在地 〒689-3214 鳥取県西伯郡大山町加茂2392

周辺の地図はこちらをご覧ください

大学会館

大学会館

集会室や宿泊施設のほか、ジャパン・スタディー・センターも設置。同窓会館でもあります。

所在地 〒657-0041 神戸市灘区琵琶町3丁目2-1

周辺の地図はこちらをご覧ください

世界のキャンパスと神戸松蔭をつなぐ「ジャパン・スタディー・センター」

ジャパン・スタディー・センター

2016年度の受け入れ予定
デラウェア大学(アメリカ) … 6月2日(木)~7月4日(月)

アクセス

神戸松蔭へは、阪急「六甲」駅・JR「六甲道」駅・阪神「御影」駅から、いずれも、神戸・三宮や大阪・梅田など主要都市から一直線です。授業期間中は、阪急「六甲」駅・JR「六甲道」駅からは大学への直通バスもあり便利です。

交通アクセス