生活学科 都市生活専攻・青谷ゼミ生が鹿児島の魅力を発信する「鹿児島カレッジ」成果報告会で発表しました

2012.12.12

鹿児島カレッジ生活学科都市生活専攻の青谷ゼミ生の3年生・4年生14人が11/22(木)、ホテルグランヴィア大阪で行われた「鹿児島カレッジ」成果報告会に参加し、2班に分かれて鹿児島県の指宿・知覧エリアへの旅行プランをプレゼンテーションしました。
「鹿児島カレッジ」は関西・中国エリアの大学生が鹿児島県内の観光地で地域の人々との交流を通して経験を積み、鹿児島への旅行の魅力を情報発信するプログラム。神戸松蔭のほかに大阪大学、関西大学、神戸大学、岡山大学、広島経済大学の学生らが参加しています。この報告会には主催者である鹿児島県やJR西日本のほか、大手旅行代理店や鹿児島県各市町の関係者も参加しました。
青谷ゼミ生たちは9月上旬に3泊4日で鹿児島県を訪問し、調査・経験した事柄を基にプランを作成。より鹿児島を知り、提案内容を検証しようとその後再度、現地を訪れた学生もいました。かつて提案した「熊本・人吉」旅行プランが近畿日本ツーリストや日本旅行で商品化された実績を持つ青谷ゼミ生たちは、今回も堂々としたプレゼンテーションを披露。発表後の質疑応答も活発で、その熱意は参加者に伝わったようです。
各大学によりプレゼンテーションされた内容は今後、旅行商品化や行政の取り組みへの採用など、新たな展開を見せていきます。
このプログラムの進行の様子は「鹿児島カレッジ」Facebookで見ることができます。
さらにJR西日本「JRおでかけネット」でも紹介される予定です。

鹿児島カレッジ=
主催:観光かごしま大キャンペーン推進協議会、協力:JR西日本

「鹿児島カレッジ」Facebook公式
http://www.facebook.com/kagoshimacollege
JR西日本「JRおでかけネット」
http://www.jr-odekake.net/navi/kagoshimacollege/
「熊本・人吉」旅行プラン商品化についてはこちら
https://www.shoin.ac.jp/news/2012/02/000036.html

生活学科 都市生活専攻 の学びについてはこちら

閉じる