ファッション・ハウジングデザイン学科学生が「住空間ecoデザインコンペティション」の審査員特別賞を受賞しました

積水ハウス、大阪ガスなど主要なハウジング系企業が主催する「住空間ecoデザインコンペティション」に、人間科学部ファッション・ハウジングデザイン学科ハウジングデザイン領域4年生の小林柚希さんと3年生の山田幸奈さんが応募し、審査員特別賞の「芦澤賞」を受賞いたしました。
このコンペティションは、学生対象のワークショップ型コンペで、国公立大の大学院生が多数応募する中、何段階もの厳正な審査を通過し、見事に上位入賞を果たしました。
11月8日に大阪・本町ガーデンシティの1階ホールにて、最終審査会と授賞式があり、入賞作品は11月16日(月)まで展示されています。

 

2人の応募作品は「Rain Hoop」というタイトルで、「雨の日を楽しむ」をコンセプトに、憂鬱になりがちな“雨”という現象を活かし、視覚と聴覚で楽しめる仕掛けとそれを利用した空間を考えたものです。多雨地域の公共空間などで活用することを想定しています。エコロジーのアイデアと美しい空間表現が高く評価されました。

関連サイト

住空間ecoデザインコンペティション 公式サイト
http://www.realsize.jp/

閉じる