TFT活動導入企業の株式会社J.フロントフーズの3店舗で、本学学生のメニュー提案が採用されました

人間科学部 生活学科食物栄養専攻の学生による、課外活動グループ「神戸松蔭TFT(TABLE FOR TWO)」が、株式会社.フロントフーズの神戸市と西宮市の3店舗(大丸神戸店「鶴群」・「讃兵衛」、阪急西宮ガーデンズ「つるはん」)のメニューを提案し、採用されることになりました。

「神戸松蔭TFT」では、食事代の一部を途上国の給食費として寄附する活動を行っています。今回は、日頃から食に関する学びを社会に還元できないかと考えていた学生達の思いが、大学生のTFT活動を取りまとめている関西UA(University Association)からの提案で、栄養学を教える大学とのコラボを検討していた株式会社.フロントフーズの大丸神戸店「とんかつ料理と京野菜 鶴群」の店長 富永真宣氏のサポートにより実現しました。
本学の学生19名(1年生11名、2年生2名、3年生6名)が3班に分かれ、メニューを考案。大丸神戸店の店舗においては、来店された方が味をイメージしやすいメニューにする工夫を行いました。また、阪急西宮ガーデンズの店舗においては来店客の大半が女性客であることから、色々な味を少しずつ楽しめる、ヘルシーで見た目の華やかさも追求したメニューになりました。
「神戸松蔭TFT」のメンバーは食物栄養専攻に所属しており、大学での「食品機能学」や「調理学」の学びが役立ったとのことでした。今後も講義の合間を利用し、継続して提案できれば、と頑張っています。

各店舗のメニューは以下の通りです。(*クリックすると大きく表示します)

大丸神戸店の「鶴群」メニュー 大丸神戸店の「讃兵衛」メニュー 阪急西宮ガーデンズの「つるはん」メニュー
大丸神戸店の「鶴群」 大丸神戸店の「讃兵衛」 阪急西宮ガーデンズの「つるはん」
閉じる