[人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科]学生が「紙の森−Kirittaiとコイケアカリの世界−」展に出展協力しました

2016年6月30日(木)から8月29日(月)まで岐阜県・美濃和紙の里会館で開催されている出展作家のコイケアカリさんの「紙の森−Kirittaiとコイケアカリの世界−」の出展に関し、人間科学部ファッション・ハウジングデザイン学科・米原ゼミ3年生6人が出展協力をしました。
出展作家のコイケアカリさんは、段ボールなどを使って、人々の集う楽しくおしゃれな空間を演出されるコミュニケーションデザイナーで、本学のすぐ近くにアトリエがあり、以前よりファッション・ハウジングデザイン学科の多くの学生たちがインターンシップでお世話になり、またゲストスピーカーとして授業もしていただいています。
この展覧会では、白い段ボールや美濃和紙を使って、森の空間とそこに住む多様な生き物たちを表現。森の奥では、紙の大木に花々が咲き乱れ、切り紙の動物や虫たちがあちこちにひそんでいます。そんなワクワクする素敵な空間づくりに米原ゼミ生6人が協力しました。
紙の森に咲く白い花たちは、コイケさんと打合せを重ねながら、学生たちがデザイン・制作し、設営にも協力したもの。夏休みの子ども達も大人も楽しめる素敵な展覧会です。

「紙の森」の様子

紙の森−Kirittaiとコイケアカリの世界−

詳細はこちらをご覧ください

閉じる