[人間科学部 生活学科食物栄養専攻]第14回灘・夢ナリエに参加しました

人間科学部生活学科食物栄養専攻の学生たち7月16日、「第14回灘・夢ナリエ」に人間科学部 生活学科食物栄養専攻の学生8名が参加し、作田准教授指導のもと、「パッククッキング」で作るオリジナルカレーと紙食器の紹介・実演 を行いました。
「パッククッキング」とは、身近にあるポリ袋を使用した簡易な真空調理です。
災害時を想定し、ガスコンロと鍋をイベントブースに設置。材料を入れたポリ袋を鍋に入れて、加熱するところから実演しました。
また、災害時には水が貴重なため洗浄不要の紙で作る食器も紹介し、こども達と一緒に紙食器を作りました。
オリジナルカレーは、甘口と辛口の2種類、計60食を用意。オリジナルカレーの準備作業には、灘区連合婦人会の皆さまにご協力をいただきました。
参加者からは、「野菜の形はしっかりしているのに、やわらかくて美味しい」「キャンプなどでの屋外調理にも最適」と好評でした。
食物栄養専攻の学生達は、災害時における栄養・食事管理を意識した「炊き出し訓練」を学内でも実施しています。

当日の様子

閉じる