[ソフトテニス部]全日本チャンピオンになりました!

優勝した志牟田・地中ペア「第71回天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権大会」(10/21~10/23、山口県宇部市)にて、本学の学生が優勝し、日本一になりました。

優勝:
志牟田 智美(人間科学部 心理学科3年)
地中 葵(人間科学部 心理学科2年)  ペア

この大会は、ソフトテニスの日本一を決める国内最高峰の大会で、全国の社会人、大学、高校、中学それぞれのトップ選手たちが出場しました。
志牟田・地中ペアは、実業団の強豪ペアとの対戦で最終ゲームまでもつれる厳しい試合が続きましたが、粘りのテニスで3日間の激戦を勝ち抜きました。この大会で学生の優勝は15年ぶり、本学学生の優勝は23年ぶりです。なお、志牟田・地中ペアは、全日本学生ソフトテニス選手権大会(インカレ)に続く全日本タイトルの獲得です。

試合会場では、大勢の方から大きな声援を頂きました。また、試合後には、たくさんのお祝いの連絡を頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

大会の模様(決勝戦)は、 NHK Eテレ
2016年10月29日(土) 午後3:00~午後4:30に放送される予定です。是非ご覧ください。

閉じる