小学校教諭・幼稚園教諭・保育士の3資格
の取得をめざし、仲間と一緒に頑張っています

人間科学部 子ども発達学科 3年

入学を決めたポイントは?

小学校1年生の時の担任の先生がとてもいい先生で、その時から小学校の先生になろうと決めていました。神戸松蔭は受験に来た時に、キャンパスが落ち着いた雰囲気でアットホームな感じがして、ここに入学したいと思いました。入試方法も国語と英語の2科目で受験できて、私に合っていました。

大学生活で力を入れている学び・活動は?

ボランティア活動に力を入れています。学科のカリキュラムに組み込まれている小学校の学習補助、神戸市のスクールサポーター、神戸大学の総合ボランティアのサークル活動など、子どもと関わるさまざまな活動を行っています。児童館や小学校で子どもと触れ合うのは、やりがいがあって楽しいです。こうした貴重な経験はきっと先生になってからも役立つはず。あと、手話のサークルにも入る予定です。

入学後、自身が成長・変化したなと感じる点は?

現在、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士の3つすべての資格取得に向けて頑張っています。忙しいですが、小学校教育、幼稚園教育、保育は密接につながっているので、すべてを学ぶことで視野がとても広がりました。小学校教諭の資格だけでいいと思っていましたが、3つを勉強する大切さが学んでみてわかりました。

将来の夢や目標について教えてください!

もちろん小学校の先生になることです。できれば地元である京都に戻って働きたいと思っています。神戸松蔭のある神戸も好きですが、離れてみて初めて分かる地元の良さもひしひしと感じています。

高校生へ一言メッセージを!
神戸松蔭は、キリスト教主義の大学なので、チャペルでの礼拝などがあります。 信仰は自由ですが、日常ではなかなか入ることのできない場所で、 いつもと違う体験をするのもいいですよ。
ページトップへ戻る