アイディアや感性を活かして、
未来のヒット商品をつくりたいです。

人間科学部 生活学科 都市生活専攻 3年(現・都市生活学科)
大阪府 追手門学院高等学校出身

入学を決めたポイントは?

家族と行く外食や休みの日に友人と過ごすカフェなど、「食」は大切な人と過ごす時間に欠かせない要素だと感じていたので、食ビジネスについて学べる大学を探していました。なかでも神戸松蔭は、地域や企業と連携しながら活動的に食を研究できることが大きな魅力でした。

大学生活で力を入れている学び・活動は?

ゼミでは企業とのタイアップによる商品開発やイベントの企画が楽しいです。学生の間に企業の方々と打ち合わせをしたり、アイディアを直接プレゼンテーションしたりできる機会は、本当に貴重だと思います。たとえばJR西日本主催の北陸旅行企画コンペティション「北陸カレッジ」では、石川県の観光業の活性化を目標に、旅行プランを企画しました。現地に足を運んで課題発見や市場調査を重ね、土地の魅力を発掘しながら「Be a girl 〜素敵な女性になろう〜 in 加賀」を提案。この旅行プランはJR西日本のサイトでも公開されています。

入学後、自身が成長・変化したなと感じる点は?

いろんなことに挑戦したり、世の中の動きについて考えたり、自主的に動けるようになりました。「北陸カレッジ」ではリーダーにも挑戦して、みんなが楽しくアイディアを出し合える環境づくりや計画性が身についたように思えます。“どうやって人の心を動かすか”というマーケティングにも興味が出てきたので、これからのゼミ活動でも、ますます企業タイアップや商品企画に携わっていきたいです。

将来の夢や目標について教えてください!

これまでの経験から企画開発への興味が高まっているので、将来はわたしにしかないアイディアや感性を活かして「未来のヒット商品」をつくることが目標です!入学の動機でもある「食」にも関係するような業界をめざしたいですね。神戸松蔭にはさまざまな業界との出会いがあります。将来どんな仕事なら楽しく働けるのか、経験の中から見つけていきたいです。
(2016年10月取材)

高校生へ一言メッセージを!
幅広くいろんなことに挑戦できるので、まだ将来の夢が決まっていなくても、たくさんの可能性に出会える大学・学科です!また、都市生活学科は、最新設備が充実した調理室で、本格的な食材を使用した料理やスイーツ、パンづくりが学べるところも魅力だと思います!
ページトップへ戻る