学生を後押ししてくれる環境に感謝!
学びを生かして地元の観光大使の活動も

文学部 日本語日本文化学科 3年

入学を決めたポイントは?

高校で放送部に所属し、興味のあるテーマで原稿を書き、校内放送で読み上げるといったアナウンスの活動をしていました。大学でもっと本格的にアナウンスについて学びたいと思って、アナウンサーの卒業生がいる神戸松蔭に決めました。好きな書道を学べるところもポイントでした。

大学生活で力を入れている学び・活動は?

2年生からアナウンスを学べる授業が増えてきてとても楽しいです。「アナウンスメントの基礎」は先生が元アナウンサーで、アクセントや発声を基礎から教えてくださいます。発声練習もあり、ぐっと技術が上達したのを感じます。また、休部中だった放送部を、部員を集めて活動再開させました。今は部員が11人いて、部長を務めています。また、先生のすすめもあって、卒業式で司会を務めたのも良い経験です。

入学後、自身が成長・変化したなと感じる点は?

神戸松蔭での学びや放送部での活動が自信となって、地元の観光大使に応募したところ、採用されました! 任期は2年で、地元の良さを伝えるために活動中です。これまでのアナウンスの経験を活かして、イベントでの司会を任されることもあり、人前で楽に話せるようになりました。

将来の夢や目標について教えてください!

卒業までに、放送部でNHK全国大学放送コンテストに出場したいと思っています。神戸松蔭はやりたいと思ったことを後押ししてくれる環境なので、これからも新しいことにチャレンジしていきたいです。将来はアナウンサーになるのが夢ですが、広い視野でじっくり考えるつもりです。

高校生へ一言メッセージを!
神戸松蔭は先生との距離の近さが魅力です。 先生から、こんなことやってみない?と声をかけてくれるので、 どんどん新しいことに挑戦できて、きっと新しい自分に出会えるはずです!
ページトップへ戻る