7/17 夏のオープンキャンパスレポート

厳しい暑さが続いた3連休の中日、オープンキャンパスが開催されました。
JR六甲道駅と阪急六甲駅には送迎バスを待つ多くの高校生の皆さんの姿が!ご家族の方と楽しそうにバスを待つ姿が印象的でした。学生スタッフも暑さに負けず、パワー全開で神戸松蔭の学びやキャンパスライフをたっぷりとご紹介しました!

Pick up!神戸松蔭の魅力

学びの内容や特長が一番わかるイベントといえば、やっぱり模擬授業&学科イベント。
今回も、学科ごとに趣向を凝らした内容で高校生の皆さんをお迎えしました!その一部を紹介します。

食物栄養学科(2017年4月新学科開設)
模擬授業

管理栄養士の資質・進路に
参加者の皆さんも興味深々
食物栄養学科では毎回、学習内容や将来の進路についてくわしく説明しています。
今回の模擬授業も席が足りなくなるほど"超"満員となり、学生スタッフたちや先生方の説明にも、一層熱が入ります!
食物栄養学科は管理栄養士を目指す学生たちが学ぶ学科。当日は管理栄養士に求められる能力や具体的な仕事内容などの話があり、皆さん熱心に聞き入っていました。
神戸松蔭では、食生活、健康、疾病予防、給食経営など多彩な視点から管理栄養士としての資質を磨きます。みなさん「食に携わるプロになりたい」という大きな夢を、4年の学びの中で具体的な進路に絞り込んでいけることが分かったようで、ますます食物栄養学科への興味を深めてくれた様子でした!

体験イベント

フードモデル体験を通じて
"ベスト栄養バランス"を楽しく学ぶ!
「食事のバランスをチェックして、食生活をみなおそう」と題して、体験型イベントも実施♪
これは、SATシステムというICチップを組み込んだフードモデル(=食事の模型)を活用した栄養教育システムです。トレーの上に好きな食事を自由に1食分選び、食事モデルを完成させ、専用の機械で測定するだけ!選んだ食事の栄養価バランスがすぐに数値化される仕組みです。
ずらりと並んだフードメニューを前に思わず考え込む参加者の皆さん。主食、主菜とその組み合わせで迷ったり、品数で迷ったり、と大変盛り上がっていました!母娘ペアで参加の方も多く、娘さんよりもお母さまが「う~ん」と真剣に考え込まれている姿が...。毎日、ご家族の食事づくりに奮闘されているお母さまだからこそ、その栄養バランスが気になるんですよね。 印象的だったのは、さくさくっと気軽にフードを選ばれたお父様がなんと「★5つ」評価に!診断した学生スタッフも「文句のつけどころがありません。完璧です!」と驚きの声をあげ周囲を沸かせていました。
皆さん、日々の食事の栄養バランスについて楽しく体感いただけたようです。

英語学科 模擬授業

ビジネスで役立つ英語とは?
ロールプレイ研修で疑似体験
英語学科模擬授業では、日本語と英語を使い「ビジネスの基礎」の講義をしました!
まず、英語学科の学生たちが演じる、日本語と英語それぞれのビジネスにおける来客応対の違いを紹介したビデオを視聴。ビデオの中でスラスラとよどみなく英語を操る大学生の姿に、参加者の皆さんも釘づけに!
電話応対のロールプレイ研修では、皆さん戸惑いながらもビジネス用語を使いつつ真剣に応対に臨みました。
模擬授業の最後には4年生の先輩が受験生の皆さんへメッセージ。「留学をしたかったこと、教員資格を取りたかったことが、神戸松蔭へ入学した決め手」「1年次は中学教諭・高校教諭・エアラインに関する科目を履修し、2年次後期にアメリカへ半年留学。3年次・4年次は日本語教員養成課程を履修、将来はキャビンアテンダントを目指す」など、参考になる体験を多数披露してくれました。 充実した大学生活を送る先輩の姿は、参加者の皆さんにもまぶしく映ったのではないでしょうか?

体験イベント

体験者に聞く"留学にまつわる生の声"。
保護者の疑問・質問も続々!
英語学科といえば、留学。英語学科を目指す参加者の大半の方が留学に関心を持たれているようです。
そこで体験イベントは、「夢 実現のシミュレーションゲーム」と題して、英語学科の先輩らが自らの留学体験をたっぷり語る趣向に。どんな留学先があり、どういった環境の中、語学が学べるかをはじめ、留学先で起こったプチハプニング(!)まで。経験者の生の話が聞ける絶好の機会とあって、参加者の皆さんも真剣に聞き入っていました。
一緒に参加されていた保護者からは奨学金やサポート体制、留学先の環境についてなど、さまざまな質問が飛び交いました。少しでも気になることは事前に確認したいものですよね。先生方の回答をメモする方もいて、有意義な場となったようです。
説明にあたった先生からは「留学が学生をひとまわり大きく成長させる」という話が。帰国後は本人の学習に対するモチベーションが高まり、TOEICが200点ぐらい上がるのはめずらしくないと話すと、会場は驚きでざわついていました。

図書館 展示イベント

"神戸"を感じるくつろぎ空間で
ブックカバー&しおりづくり♪
約39万冊の蔵書を誇る神戸松蔭の図書館は、学内でも自慢の場所♪蔵書だけでなく、大きなガラス窓のそばには緑が茂り、その向こうには遠く港が見渡せるなど、"おしゃれな街 神戸"を感じさせてくれるくつろぎのスペースなのです。
当日は、この図書館内でブックカバー&しおり作りのイベントを開催。館内の落ち着いた雰囲気の中、本にまつわるモノづくりを楽しむこのイベント。参加者の皆さんは、用意された色とりどりのシールやマスキングテープを使って、思い思いのオリジナルブックカバーやしおり作りを楽しんでいました。
イベントをお手伝いしたのは、有志の図書館サポーターたち。参加者の皆さんに作り方やキレイに仕上げるコツなどをお伝えしながら、楽しい時間を共有しました!
館内には、図書館サポーターおすすめの書籍なども展示中。参加者の皆さんが、学生目線のブックセレクトの前で足を止めることもしばしば。嬉しい光景に出会えました。

ファッション・ハウジングデザイン学科
ミニファッションショー

学科の学生が企画から運営まですべてをこなす人気イベント!この夏2回目でしたが、前回同様、たくさんの皆さんにご覧いただきました。
会場は満員で、中には立ち見の方も。お気に入りのスタイルを見つけると釘づけになる方も見られ、運営スタッフも大満足♪皆さんの記憶に残るイベントになれたなら嬉しいです!
次回は松蔭祭(11月19日)で年に1度の大規模なファッションショーを実施しますので、今回見逃した方はぜひ、遊びに来てくださいね。
お昼はオープンキャンパス限定ランチでお出迎え!無料'ランチ'体験
今回のメニューは「ロースかつ丼」と「ハンバーグ」。いずれも王道の人気メニューとあって、皆さんどちらを選ぶか、真剣に悩んでいました。お父様方には"ボリューム満点"のかつ丼が人気だったかな!? オープンキャンパス日替わりランチ、次回はどんなメニューか、お楽しみに!

シールラリー

シールを集めてスイカサイダーを手に入れよう!
オープンキャンパスのお楽しみ企画といえば、シールラリー!熊本の人気商品「スイカサイダー」をプレゼントしました。ほんのりとしたスイカの甘味とさわやかな炭酸が絶妙にマッチ♪夏にピッタリの、さっぱりとした甘さです。キャンパス巡りの合間にスイカサイダーをもらってリフレッシュしてくださいね。
神戸松蔭では、 JR西日本主催の「ユニバーシティ・カレッジ南九州」に参加し、「くまモン弁当」などのコラボプロジェクトを展開するなど、熊本と関わりが深いこともあり、熊本の復興を応援しています!

  • 大学の雰囲気も良く、取りたい資格をめざせるのが素敵です。
  • 模擬授業に参加して、高校では学べないことを学べてとても貴重な体験ができました。
  • 就職・資格等、相談コーナーでは自分の知りたかった情報を得ることができたのでよかったです。
  • 食堂のご飯がおいしかったです。
  • キャンパスがとてもきれいでびっくりしました。
  • 環境がすごくいい所だという印象がとても強く、学生さんや先生方もやさしく明るく接してくださり嬉しかったです。
  • 在学生の方が入学前にすべき勉強を教えてくださり、ためになりました。この夏休みに勉強にはげみたいです。
  • 高校の先輩がオープンキャンパススタッフでした。
  • キャンパススタッフの皆さんが丁寧な説明をしてくださり、優しい方ばかりでした。
  • 先生の方から声をかけてくださることも多く、私たちもお話しや質問がしやすかったです。
  • 都市生活学科・食ビジネス専修に興味を持ちました。
  • 食物栄養学科の体験コーナーが楽しかったです。管理栄養士という職業がどういうものなのか教えていただきました。
  • 英語学科の留学制度や日本語日本文化学科のカリキュラムについて、在学生や先生方に聞くことができて良かったと思いました。
  • 英語学科の模擬授業では電話に出る方法などを学んだので、将来に活かしていこうと思いました。
  • AO入試のわからないところを質問できてよかったです。
  • 入試相談コーナーで不明な点を詳しく説明していただけて、助かりました。
ページトップへ戻る