7/24 夏のオープンキャンパスレポート

7月24日のオープンキャンパスでは、最初は曇りがちだった空も、次第に晴れ良いお天気に♪今回は、香川・徳島発の送迎バスで四国からも多くの受験生の皆さんが参加してくれました。メインイベントの「高校生サミット&おしゃれメリケンアイデアコンテスト」は、マスコミの取材を受けるなど予想以上の盛り上がりに!現役高校生と大学生が意見を交わす貴重な機会となったようです。参加・見学いただいた皆さん、ありがとうございました!

Pick up!神戸松蔭の魅力

今回のメインイベントを中心に、人気をよんだ学科模擬授業や体験イベントの一部をまとめてご紹介します!

  • 高校生サミット全体討論
  • 高校生サミット&おしゃれメリケンアイデアコンテストの様子
  • 高校生サミット&おしゃれメリケンアイデアコンテストの様子

スペシャルイベント
「高校生サミット&おしゃれメリケンアイデアコンテスト」

2017年春に予定されている都市生活学科開設を記念したスペシャルイベントを2つ開催!いずれも多くのお客様でにぎわいました。
教員×高校生×大学生が"神戸のまちとおしゃれ"について議論する「高校生サミット」では、年齢や環境が変わることで "おしゃれ"の定義はどう変わるのか?など、それぞれの意見から違いを探りました。
高校生からは、見た目だけではなく機能性や価格とのバランスなど総合的に判断しながら欲しいものをセレクトするのがおしゃれだという堅実な意見が。皆さんとてもしっかりしていますね!
また、「制服自体が"神戸ファッション"の象徴」といった"神戸っ子"らしい意見も出て、会場からも共感の声が上がりました!
メリケン粉(=小麦粉)を使った新しいアイデアを募る「おしゃれメリケンアイデアコンテスト」では、事前応募20組のうち1次審査を通過した5組が公開プレゼンテーションを行いました。
現役高校生たちによるアイデアは、食べ物に限らずどれも個性的でユニークなものばかり!最優秀賞には高校2年生が提案した「食べられるノート」が選ばれました。
その他にも「小麦粉を使ったキャンドル」や「神戸特産のイチジクを入れたまんじゅう」といったアイデアが披露され、会場を沸かせました。
  • 日本語日本文化学科模擬授業の様子
  • 鮮やかに復元された絵

日本語日本文化学科
模擬授業

源氏物語から読み解く
「当時の暮らしと人々の心情」
今回のテーマは、「源氏物語絵巻の絵を読む」。
世界最古の長編物語として知られる源氏物語ですが、授業では絵巻物で使用された塗料を分析し、鮮やかに復元された絵(写真右下)を通じて、当時の暮らしや描かれた人々の様子などを説明しました。
また、絵巻物を描く際に使われていた顔料(=絵具)や「つくり絵」と呼ばれる技法についての説明も。何種類かの技法を使い分けながら、場面ごとに登場人物の心情を描いた様子が紹介され、参加者の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

体験イベント

体験!日本語教師の世界
日本語教師になった卒業生が、職業の魅力について語りました。
留学を通じて外国人の友人がたくさんできたこと、資格取得について、日本語教師になるためにどんな経験を積んだか...など。中でも、先輩の仕事ぶりが分かる1週間のスケジュールの説明には、皆さん興味深々!未来の自分を想像してか、とても熱心に聞き入っていました。
先輩によると、日本語教師の需要は国内外問わずとても高いとか。これから日本語教師を目指す受験生にとっては、嬉しい情報ですね♪
  • アナウンスに挑戦
アナウンスに挑戦!
参加者の皆さんにアナウンスにチャレンジしてもらいました。
日本語日本文化学科には放送部に所属する学生もいます。学びの対象が"言葉"のため、部活動でもその学びを活かしています。
当日は在校生と一緒に参加者の皆さんも発声練習にチャレンジ!
本物のアナウンサーになった気分で、さまざまなニュース原稿を読み上げました。
最初は少し照れくさそうだった参加者たちも、何度か読むうちに少しずつ慣れ、アナウンス体験を楽しんでいました。
  • 心理学科体験イベント
  • 心理テストの様子

心理学科
体験イベント

4つのテストで自分を知る
毎回人気の心理イベント
参加者たちの"心"の中にせまる心理テストを行いました。
4つの心理テスト(気分・性格・ジェンダー・対人関係)のうち、 性格の心理テストが1番人気でした!
ジェンダーテスト(男性的・女性的)も盛り上がりました。質問項目に対して、自分に当てはまるものを選んでいくと、男性的か女性的か、が分かります。 自分ではサバサバしていると思っていたのに、とても女性らしいという結果が出た、なんてことも。気づいていなかった自身の内面を知ることも、心理テストの魅力のひとつですね♪
心理学科では毎回、さまざまな心理テストを行っています。次回もお楽しみに!
  • チェンバロ
  • チェンバロとフルートの二重奏

総合文芸学科
体験イベント

チェンバロとフルートの二重奏で
はるかバロック時代の楽器を堪能♪
今回のテーマはずばり「バロック時代の鍵盤楽器に触れてみよう!」。
バロック時代はさまざまな楽器が盛んに作られた時代です。今回ご紹介したチェンバロやオルガンなどが広く普及していました。
イベントでは、チェンバロや小型パイプオルガンの紹介に続き、実際の演奏も。チェンバロは珍しい楽器のため、どこにでもあるわけではありません。そのきらびやかな装飾美は思わず目を見張るほど。参加者の皆さんからは「キレイ~」という声が上がりました。
チェンバロは形がピアノと似ていますが、音はまったく違います。実際の音色は初めて聞くという方も多かったようです。チェンバロとフルートの二重奏も披露され、チェンバロの不思議な音色と澄み渡るようなフルートの音色のハーモニーが響き渡りました。
希望者は楽器に触れることができ、独特のタッチを楽しみました。
オープンキャンパス限定ランチ
お昼はオープンキャンパス限定ランチでお出迎え!無料'ランチ'体験
参加者の皆さんから毎回好評のランチメニュー。今回は「カニクリームコロッケ」と「野菜たっぷり麻婆丼」の2種類でした。どちらもヘルシーな野菜サラダと選べるデザート付き♪皆さん、午前中に参加した学科授業やイベントの感想で盛り上がりながら、ランチを味わっていました!

シールラリー

シールを集めてスイカサイダーを手に入れよう!
回を増すごとに人気を呼んでいるシールラリー!シールを2つ集めてくれた皆さんに、熊本の人気商品「スイカサイダー」をプレゼントしています。夏にピッタリの、さっぱりとした甘さがくせになると評判です! 神戸松蔭では、 JR西日本主催の「ユニバーシティ・カレッジ南九州」に参加し、「くまモン弁当」などのコラボプロジェクトを展開するなど、熊本と関わりが深いこともあり、熊本の復興を応援しています!
  • シールラリー
  • スイカサイダー
  • くまモン弁当

  • キャンパスの雰囲気など感じることができ、学舎がとてもきれいでよかったです。
  • 図書館がとても充実していました。
  • 今まで行ったオープンキャンパスで一番ためになりました。
  • 通っている高校に雰囲気が似ていてとてもほっとしました。
  • ランチが美味しかったです。
  • 在学生がキャンパスライフなどをたくさん話してくれたので、自分が大学生になった時を想像できて楽しかったです。
  • 在学生がとても感じが良くて素敵な大学だと思いました。
  • 模擬授業も楽しく、先生方や在学生がとても丁寧に接してくださって嬉しかったです。
  • 模擬授業では初めて知ることが多く大変ためになりました。
  • 食物栄養学科の授業に参加して、もっと栄養について学びたいと感じました。
  • 都市生活学科の2つの専修にどんな違いがあるのかについて質問できてよかったです。
  • 心理学科の模擬授業が興味深かったです。
  • イベントの体験や大学内の見学などできてとてもよかったです。
  • English Island がとても楽しかったです。
  • 英語学科のAO入試予備面談でのお話はとてもわかりやすく楽しかったです。
  • AO入試予備面談で、受験したいと考えいている総合文芸学科についてより詳しくわかってとてもよかったです。
ページトップへ戻る