8/28 夏のオープンキャンパスレポート

8月最後のオープンキャンパスとあって、多くの受験生の皆さんが来学!会場は熱気に包まれました。
今回のメインイベント「英語による歌唱コンテスト Sing a New Song! 」は大盛況!高校生の皆さんのパワーあふれる歌声がチャペルいっぱいに響き渡りました。歌唱コンテストの詳細は写真とともにご紹介していますので、ぜひチェックしてください!

Pick up!神戸松蔭の魅力

今回のメインイベントを中心に、人気の学科模擬授業や体験イベントの一部をまとめてご紹介します!

  • 英語による歌唱コンテスト チャペルの様子
  • 英語による歌唱コンテスト 最優秀賞
  • 英語による歌唱コンテスト 最優秀賞

スペシャルイベント
英語による歌唱コンテスト

高校生たちによる
2時間半のライブパフォーマンス!
英語教育で知られる神戸松蔭ならではの恒例イベント「英語による歌唱コンテスト"Sing a New Song!"」が、今年も本学チャペルで開催されました。美しい響きを持つチャペルは、高校生たちの歌声を楽しみに集まった観客でいっぱいに!
今回は岡山、香川、和歌山など県外を含む25組110名の高校生が参加。それぞれ、英語の歌詞による課題曲「Swing Low,Sweet Chariot」と自由曲を1曲ずつ披露しました。
イベントは回を重ねるごとにレベルアップ!入念に準備し趣向を凝らしたパフォーマンスで臨んだ参加者が多く、例年以上に審査は難航しましたが、結果、京都聖母学院高等学校「6匹の子バケモノ」グループが見事、最優秀賞を受賞しました。
皆さん本当にありがとうございました。
  • 子ども発達学科模擬授業の様子
  • 子ども発達学科模擬授業の様子

子ども発達学科 模擬授業

「できる」と「わかる」は違うから。
"子どもがわかる"ように伝えるには?
今回のテーマは、ずばり「算数再発見」!
私たちが無意識のうちに数式に当てはめて解いている算数を、その問題を初めて見る子どもたちにどう教えるのか。ワークショップも交え、みんなで考えてみました。
子ども発達学科の学生が目指す先生は、自分が"できている"ことを"子どもがわかる"ように教えられるかがとても大事なポイントです。先生は子どもがよくする間違いに注目し、何がわかっていなくて、何がわかっているかを理解したうえで教える必要があります。
子ども発達学科には、この「わかる」を学ぶためのカリキュラムがいっぱい!『さまざまな授業・体験を通じて、「わかる」を伝えられる先生を目指そう』という説明に大勢の参加者は興味深く聞き入っていました。
  • ペーパーワーク体験
  • 色紙を編み上げる様子

子ども発達学科 体験イベント

材料が足りなくなるほど大盛況♪
プチプレゼント用ペーパーワーク体験
「プレゼントパッケージをつくろう」と題して、子どもたちやお友達へのちょっとしたプレゼントにピッタリなペーパーワークにチャレンジしてもらいました!
色紙2色を選んでハート形のポケットを作り、そこへ切り込みを入れた紙を編み込んで作るもの。用意していた材料が足りなくなるほど大盛況で、多くの皆さんが楽しんでいました。
紙を編み込んでいくのは難しく「1度聞いただけでできた人は天才です!」と先生が言うと、周囲には笑い声が。ところが1回の説明でスイスイ編み上げた参加者が出て、会場はとても盛り上がりました!
  • イベント
  • 英語学科体験

英語学科 体験イベント

留学は?将来の進路は?
高校生の疑問に在学生がズバリ回答!
英語学科を目指す高校生の質問に在学生が直接答えるイベント。現役大学生のリアルな話は何よりためになると、教室は受験生と保護者の方でいっぱいになりました。
女の子の憧れの職業、キャビンアテンダントとして内定を得た在学生が、長かった就職活動を振り返りつつトーク。「就職試験が他の業界よりも遅く6月ぐらいから始まるので、周りの友達が次々と内定が決まっていく中、気持ちだけが急いていつもピリピリしていた」。そんな苦しい時期を経て一歩一歩夢へ近づいていった経緯に、参加者は真剣に聞き入っていました。
時には、まるで人生相談のような場面も。「まだ自分の進路や夢に迷いがあって...」という高校生に対して、在学生が大学3年時の留学経験について披露。アメリカへ1年間留学した際の経験・体験が進路選択にも良い影響となったと伝え、「留学は本当に素晴らしい経験。一生の思い出にもなるしね」とアドバイス。在学生のリアルな体験談を直に聞くことで、高校生にとって今後を考える貴重な材料となったようです。
  • イベント
  • 総合文芸学科体験

総合文芸学科 体験イベント

自分の言葉でCMを表現!
コピーライティング体験
情報発信や文章表現など"言葉"にまつわる学びに触れてもらう「コピーライティングの基礎」体験を実施。総合文芸学科ではマスメディア業界や企業の広報部門へ進む学生も多く、正しい言葉遣いや豊かな表現力を身に付けるためのカリキュラムも豊富です。
イベントでは人々の話題になる広告、心を動かされる広告とはどんなものかをディスカッション。先生が、広告・CMから読み取れる制作意図について話すと、参加者は皆「なるほど!」としきりに感心。これからは皆、CMを見る目がちょっと変わるかもしれませんね。
実際にある広告に対して自分なりのキャッチコピーを作ってみるワークも盛り上がりました!自分のイメージを言葉にするのは難しいですが、反面、おもしろいと感じてもらえたようです。
オープンキャンパス限定ランチ
お昼はオープンキャンパス限定ランチでお出迎え!無料'ランチ'体験
今回のランチは「若鶏の唐揚げ」と「ハヤシライス&サラダ」。参加者の中には、日替わりランチを楽しみにしてくれている方もいるとか。毎回、ボリュームたっぷり、栄養バランスもバッチリなメニューで、皆さんにご好評いただいています!

シールラリー

シールを集めてスイカサイダーを手に入れよう!
シールを2つ集めてくれた皆さんに、熊本の人気商品「スイカサイダー」をプレゼントするシールラリー。夏にピッタリの、さっぱりとした甘さがくせになります!
神戸松蔭では、 JR西日本主催のプロジェクト「ユニバーシティ・カレッジ南九州」に参加し、「くまモン弁当」などのコラボプロジェクトを展開するなど、熊本と関わりが深いこともあり、熊本の復興を応援しています。 この夏のオープンキャンパスでは、都市生活学科の学生考案の「くまモン弁当」(通常価格1,000円)を、特別価格500円で販売!売り上げは熊本県に寄付します。
  • シールラリー
  • スイカサイダー
  • くまモン弁当

  • オープンキャンパスに参加するのは2回目ですが、とても美しく魅力がたくさんある大学だと改めて思いました。
  • 英語に力を入れていると思いました。
  • 学生数が多いのに驚きました。
  • 使用する教室、実習室など、くわしく説明していただきながら、案内していただきました。
  • キャンパス内の雰囲気がレンガ造りで明るく、交通手段や所要時間もあまりかからず便利だと思いました。
  • ランチがとてもおいしかったです。
  • 前回も今回も先生や在学生の皆さんが顔を覚えてくださっていてとても話しやすかったです。
  • 在学生の雰囲気がとても良く、優しく接していただいたので話しやすかったです。また、オープンキャンパスに来たいと強く思いました。
  • イベントで丁寧に対応していただき嬉しかったです。
  • 在学生に道案内をしていただきとても好印象でした。
  • 先生方との話しやすさが好印象でした。キャンパス内も広く、資料が多いのが魅力的でした。
  • 学科の模擬授業を受けて、わかりやすく説明してくれて、今日ここに来てよかったなと思いました。
  • 希望学部の学習内容がわかりました。
  • インターンシップや海外留学など、食物栄養学科でもできるかについて知ることができました。
  • 食物栄養学科の授業では、「お弁当を作り、学内で販売している」ことを知ることができ、魅力的でした。
  • 子ども発達学科の模擬授業で、算数の奥深いことを知ることができてよかったです。
  • ファッション・ハウジングデザイン学科のイベントが楽しかったです。
  • 心理テストが楽しかったです。
  • とてもわかりやすい入試の説明で、受験の参考になりました。
  • 今日は本当に楽しくて、よりこの学校に来たいという思いが強くなりました。今年、受験なので勉強頑張ります。
  • 入試や英語学科について詳しく教えてくださったり、留学、エアラインなど知りたいことや疑問が聞けてよかったです。
ページトップへ戻る