1. ホーム
  2. 研究活動
  3. 科学研究費助成事業 研究課題(2016年度)

科学研究費助成事業 研究課題(2016年度)

2015年度の科学研究費助成事業 研究課題はこちら

2014年度の科学研究費助成事業 研究課題はこちら

2013年度の科学研究費助成事業 研究課題はこちら

2012年度の科学研究費助成事業 研究課題はこちら

2011年度の科学研究費助成事業 研究課題はこちら

2010年度の科学研究費助成事業 研究課題はこちら

2016年度 科学研究費助成事業 研究課題一覧

(継続・新規別,研究種目別,50音順)

研究種目 氏名 研究課題
継続 基盤研究 B 徳山 孝子 教授 幕末から明治維新期の日仏両国関係からみた男子服意匠の経緯と実態
基盤研究 C 安達 圭一郎 教授 中高年期女性のマンモグラフィ検診受診行動を促進する介入技法の有効性検討
大和田 攝子 教授 緩和ケアにおける遺族の不適応を予測するアセスメントツールの開発と評価
久津木 文 准教授 幼児期の二言語使用が認知と脳にもたらす影響の解明
佐藤 友亮 准教授 造血幹細胞の骨髄球系分化におけるSATB1-MS4A3系の役割
武智 多与理 准教授 身近な機能性食材の有効利用による付加価値を高めたパンの開発
竹中 康之 教授 新しい食料資源としてのエゴマタンパク質の利用に関する基盤的研究
土肥 伊都子 教授 カップル単位志向の測定手法の開発とジェンダー・パーソナリティ、心理的健康への影響
西垣内 泰介 教授 「視点」とモダリティの 言語現象―「意識」、エンパシー、阻止効果―
挑戦的萌芽研究 竹田 美知 教授 国際移動家族におけるマイノリティへの意識の変化ー移動前と移動後の経時比較
花田 美和子 准教授 衣類のリユースに関する研究-使用済み衣類の物理的特性からの検討
溝畑 秀隆 教授 ストーマにおけるにおいとその対策に関する萌芽的研究
研究活動
スタート支援
榊原 久直 講師 自閉症児の関係障碍の形成要因検証:身近な他者の"心的状況の読みとり"能力を介して
新規 基盤研究 C 作井 恵子 教授 小学校英語教育:ニーズ分析とオンラインを用いた研修教材開発
寺見 陽子 教授 今日の親の親性形成と親子関係の質の向上を促す支援プログラムの開発
挑戦的萌芽研究 片平 理子 教授 放課後児童クラブ(学童保育)で行う消費者教育システム構築に関する実証研究
黒木 邦彦 准教授 現代日本語諸方言における連声規則の記述とそのデータベース化

科学研究費助成事業 研究成果報告書はこちら