1. ホーム
  2. 就職・キャリア支援
  3. インターンシップ

インターンシップ

企業をはじめ官庁や各種団体など様々な場で仕事体験

インターンシップとは、学生が在学中に自らの専攻や将来のキャリアに関連した仕事に就く体験を行うことを指します。働く経験を通じ、自らの勉学の一層の理解に役立てることはもちろん、将来の職業選択の判断材料とするなど、職業観および適応力などを養います。
インターンシップ先は一般企業から官庁などさまざま。一足早い社会人体験を学生時代からすることにより、自分自身のキャリアを考える貴重な経験となります。

大学が案内する2種類のインターンシップ

  1. ① 単位認定されるもの(全学共通科目キャリア系列 実習時間:5日間35時間以上)
  2. ② 学生が自ら企業へ申し込むもの(リクナビ・マイナビなどから申込、1dayインターンシップ他)

ピックアッププログラム

単位認定型インターンシップ

単位認定型インターンシップを受講される場合、事前・事後指導も実施しています。事前指導では、社会人の最低限のマナーから勉強します。またインターンシップで何を学びたいのかを企業訪問前から業界研究を行うことにより、深く考える力が身につきます。事後指導では実際に企業に行って学んだこと・業界の特徴などをまとめ、発表します。
受講される学生は最後まで一生懸命就業体験に取り組み自分の将来と向き合っています。中には縁があり就職先とする学生もいます。

(事前指導風景)
(事後指導発表風景)

インターンシップ参加者の声

  • 自らインターンシップに取り組む姿勢を持ち、主体性を身につけることができた。コロナ禍で当初行く予定であったインターンシップ先から中止を告げられてしまった。どうしようもない状況ではあったが、積極的な気持ちを持って交渉し、他のインターンシップ先に行かせていただくことが出来た。不安もあったが、現状分析から課題解決のための企画まで、様々な情報を企業様に提供していただいたことで、最後までやり遂げることができた。(K.Aさん まちづくり事業団体)
  • コミュニケーション力が身についた。最初は何を聞かれても頭の中が?ばかりで、すぐに先輩に頼ってしまっていた。実習後半は休日で忙しかったこともあり、覚えたことは自分自身の言葉でお客様に伝えるなど、資料をみながら自分で対応できるまでに成長した。
    先輩から「助かった」と言ってもらえた時に自分の成長を感じることができた。コミュニケーションをしっかりとれたら、チームワークも深まり効率よく業務をこなせると実感した。(H.Nさん 小売業界)
  • 自分は何が得意で何がしたいのか、また自分のキャリアについて考える基盤を成長させることができた。業界研究やロゴ提案の資料作りを通して分かったことは、物事を追求し黙々と制作し表現することが得意ということだ。自分が思っていた以上に難しい作業であり自分の知識や技術の未熟さを痛感させられたが、とてもやりがいを感じ面白く楽しい作業だと思うことが出来た。これを自分の強みの1つとして磨いていき、自分の確たる強みをさらにもう1つ作ろうと新たな強みを見つけるために現在新しいことを学ぶことや経験することを行っている。(N.Eさん IT業界)

インターンシップ先 実績一覧(例)

  • 神戸トヨペット㈱
  • 高見㈱
  • 兵庫日産自動車㈱
  • 神戸酒心館㈱
  • 神戸中央青果㈱
  • CiNK㈱
  • その他多数

※名称はインターンシップ当時