1. ホーム
  2. 入試情報
  3. 奨学金制度

奨学金制度【2018年度入学生】

学生が、安心して充実したキャンパス生活が送れるように、経済的に支援するのが奨学金制度です。神戸松蔭では独自の奨学金(給付または貸与)のほか、日本学生支援機構など学外機関の奨学金も多数あり、経済的理由や留学希望など、それぞれの状況に応じた制度を整えています。

2022年度入学生対象の奨学金はこちら
2021年度入学生対象の奨学金はこちら
2020年度入学生対象の奨学金はこちら
2019年度入学生対象の奨学金はこちら

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構奨学金(貸与型・給付型)

勉学に励む意欲があり、またそれにふさわしい能力を持った学生が経済的理由により修学をあきらめることのないよう支援することを目的として国が実施する制度です。学内の取扱い窓口は学生課となっています。申込は定期採用(4月・10月)と、 家計急変・緊急・応急採用(随時受付)があります。申込や採用後の説明会および手続きについては、主に松蔭ポータルでお知らせします。
奨学生に採用された場合の給付・貸与期間は、卒業予定年月まで(最長4年間)です。※学業不振又は性行不良となった場合や定められた期間に必要な手続きを行わなかった場合は、交付が停止及び廃止となる場合があります。

・貸与奨学金の月額等(学部)
    第一種奨学金※ 第二種奨学金
月額 自宅通学 20,000円、30,000円、40,000円、54,000円 20,000円~120,000円
(1万円単位で希望額を選択)
自宅外通学 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、64,000円
利息 無利子 有利子(上限は年3%)
・貸与奨学金の月額等(大学院)
    第一種奨学金 第二種奨学金
月額 修士課程 50,000円、88,000円 50,000円、80,000円、100,000円、 130,000円、150,000円
博士課程 80,000円、122,000円
利息 無利子 有利子(上限は年3%)
・給付奨学金の月額等(学部)(カッコ内は生活保護世帯)※区分は家計基準により年1回見直されます。
    第Ⅰ区分※ 第Ⅱ区分※ 第Ⅲ区分※
月額 自宅通学 38,300円(42,500円) 25,600円(28,400円) 12,800円(14,200円)
自宅外通学 75,800円 50,600円 25,300円
返還不要(学業不振にやむを得ない事由がない場合は受給済の給付奨学金の返還を求められる場合があります。)
  • 給付奨学金の家計に係る要件を満たしているかを日本学生支援機構の「進学資金シミュレーター」で確認することができます。

国の「高等教育の修学支援制度」について

神戸松蔭女子学院大学は、2020(令和2)年4月より始まった国の修学支援制度について、一定の要件を満たしている大学であるとの確認を受け、「高等教育の修学支援新制度の対象機関(大学)」となりました。
この制度には、次の2つの支援があり、世帯の収入要件に合う学生が対象となります。

・授業料等の減免(授業料と入学金の免除または減額)
・給付型奨学金(返還が不要な奨学金)

これらの制度は、ともに世帯所得の少ない家庭の教育費の負担を軽減する新しい制度です。
対象となるのは、日本学生支援機構が『【大学生等対象】申込資格・選考基準』で基準を示す学生です。制度の詳細については、以下のWEBサイトをご覧ください。

【関連サイト】
文部科学省「高等教育の修学支援制度 特設ページ(高校生・保護者向け)」
日本学生支援機構「奨学金の制度(給付型)」

その他の奨学金

交通遺児育英会、あしなが育英会などのその他の奨学金制度は募集があり次第、学生課掲示板でお知らせします。

学内奨学金

入学年度学生便覧の制度を適用します。

給付奨学金

(1)入学生特別奨学金①
条  件 一般入学試験A・B日程の成績が特に優秀な学生
年  額 入学金の2分の1および年間校納金(諸会費・実習費は除く)の2分の1相当額
期  間 当該年度1年間限り(2年次以降は学科成績上位20%以内で年間授業料が半額)
採用人数 合格者上位20%以内で競争率を勘案のうえ算出
対象学年 1年次
(2)入学生特別奨学金②
条  件 推薦入学試験A・B・C日程、S判定、指定校推薦、AO入試の合格者で別途奨学生候補者資格試験(一般入試A日程と同問題)を受験し、合格した学生
年  額 入学金の2分の1および年間校納金(諸会費・実習費は除く)の2分の1相当額
期  間 当該年度1年間限り(2年次以降は学科成績上位20%以内で年間授業料が半額)
採用人数 奨学生候補者資格試験に合格した人数
対象学年 1年次
(3)入学生特別奨学金③(S判定)
条  件 推薦入試S判定の成績が特に優秀な学生
年  額 入学金の2分の1および年間校納金(諸会費・実習費は除く)の2分の1相当額
期  間 当該年度1年間限り(2年次以降は学科成績上位20%以内で年間授業料が半額)
採用人数 合格者上位20%以内で競争率を勘案のうえ算出
対象学年 1年次
(4)社会人特別入学生奨学金
条  件 社会人特別入学試験(含む:編入学試験)の入学者で修学の熱意があり学資の援助を必要とする学生
年  額 年間校納金(諸会費・実習費は除く)の2分の1相当額
期  間 1・2年次の2年間(編入学生は編入年度の1年間)(前年度の成績が上位25%以内であれば、引き続き出願引き続き申請可。ただし1年間のみ)
採用人数 人数枠の定めなし
対象学年 1年次以降(編入学生は3年次以降)
(5)社会人特別編入学生奨学金
条  件 社会人特別編入学制度の入学生 (編入学年度4月1日現在満35歳以上の者)
年  額 年間校納金(諸会費・実習費は除く)の2分の1相当額
期  間 3・4年次の2年間
採用人数 人数枠の定めなし
対象学年 3・4年次
(6)外国人留学生奨学金
条 件 外国人留学生入学試験および外国人留学生編入試験により入学した学生で、修学の熱意があり学資援助を必要とする者。
年  額 (1)留学生学励奨学金A:
外国人留学生および外国人留学編入生
月額1万円
(2)留学生学励奨学金B:
日本語能力試験1級合格者
月額1万円
(3)留学生学励奨学金C:
海外指定校からの入学生
月額1万円
期  間 当該年度(引き続き次年度も申請可)
採用人数 若干名
対象学年 1年次は取得単位にかかわらず給付。2年次~4年次は、条件を満たしている者。(詳細は学生課まで)
(7)留学奨学金(長期留学)
条  件 海外の協定大学に留学する者で本学での学力・人物ともに特に優秀な学生
年  額 (1)協定大学の1年間の授業料相当額
(2)本学の1年間の校納金の半額もしくは4分の1相当額
(3)本学の半期の授業料の2分の1に相当する額
期  間 当該留学年度 1年間限り
採用人数 所定の基準を満たしている者で特に人数枠の定めなし
対象学年 2年次以降
(8)セメスター留学奨学金
  英語プロフェッショナル専修生 グローバルコミュニケーション専修生
条  件 必修 希望者全員
年  額 年間授業料の2分の1相当額(約40万円)
成績上位者(1年次の席次上位10%以内の者で、TOEFL®450点以上またはTOEIC®500点以上の者)には20万円を追加支給
期  間 当該留学年度 半年間限り
採用人数 所定の基準を満たす者全員※
対象学年 英語学科 2年次後期

※1年次に「Study Abroad PreparationⅠ・Ⅱ」を履修し34単位以上修得した学生

(9)1年留学奨学金
条  件 1年留学に参加するもの
年  額 ①120万円
②成績上位者(1年次の席次上位10%以内の者で、TOEFL®450点以上またはTOEIC®500点以上の者)には30万円を追加支給
期  間 当該留学年度
採用人数 所定の基準を満たす者全員※
対象学年 英語学科 2年次後期から3年次前期

※1年次に「Study Abroad PreparationⅠ・Ⅱ」を履修し34単位以上修得した学生

(10)姉妹等奨学金
条  件 入学時に本学(大学・大学院)在学生に姉妹等がいる場合、後から入学した学生(同一家計)
年  額 年間校納金(諸会費・実習費は除く)の2分の1相当額
期  間 姉妹等が同時に在学している期間
採用人数 人数枠の定めなし
対象学年 ※ 姉妹等が卒業、退学、休学、留年した場合は支給を停止
(11)松蔭ファミリー入学金優遇制度
条  件 本学院(中学校・高等学校・短期大学(部)・大学・大学院を含む)を卒業している、または在学中である3親等以内の親族を持ち、松蔭高校生特別推薦選考、AO入試、専門学科等有資格者対象特別入試、推薦入学試験(公募制)、帰国子女特別入学試験、一般入学試験、センター利用入試、外国人留学生特別入学試験、編入学試験を受験し合格した入学生
年  額 入学金の2分の1相当額
期  間 当該年度 1年間限り
採用人数 人数枠の定めなし
対象学年 1年次
(12)教育後援会学生表彰(報奨金)
条  件 正課活動表彰:1年間の正課活動(学業成績)において優秀な成績を修めた学生。各学科席次1位
正課外活動表彰:1年間の正課外活動(学業成績以外)において顕著な功績を修めた学生または団体
年  額 正課活動表彰:10万円
正課外活動表彰:個人、団体ともに1件5万円
期  間 当該年度1年間限り
採用人数 正課活動表彰:各学科1名
正課外活動表彰:最大12件まで
対象学年 正課活動表彰:1年、2年、3年
正課外活動表彰:全学年
(13)同窓会奨学金

千と勢会給付奨学金

条  件 経済的な事由により、4年次後期の学費を支払えず学業を継続することが困難となった者で、「千と勢会給付奨学金規程」に定められた要件を満たした場合
年  額 後期校納金(諸会費・実習費は除く)相当額
期  間 当該年度後期限り
採用人数 若干名
対象学年 4年次生後期
(14)特別表彰

学長賞・課外活動優秀賞

学業または課外活動において抜群の
成績を修めた者を表彰します。
副賞として奨学金10万円が支給されます。

貸与奨学金

在学援助貸与奨学金
条  件 家計事情の急変等の経済的理由により修学困難となった学生
2~3年次は原則として学内席次が上位2分の1以内
4年次は前期に在学する者で卒業見込みの者
日本学生支援機構奨学金、公的教育ローン等に申請し、不採用になった者
年  額 2~3年次は年間校納金(諸会費・実習費を除く)金額
4年次は後期校納金(諸会費・実習費を除く)相当額
期  間 当該年度(次年度以降も再申請可)
採用人数 若干名
対象学年 原則として2・3年次生。4年次は前期に在学する者
返 還 卒業して半年経過後起算10年以内分割返済〈無利子〉

提携教育ローン制度

学費サポートプラン
(株式会社オリエントコーポレーションと提携)
利用可能額 納付書(振込用紙)、募集要綱などに記載された金額以内
※株式会社オリエントコーポレーションが立て替により本学に振り込みます
対象学年 1年~4年
(入学が決定した、または在学している学生の保護者。または本人(社会人に限ります))
お問い合わせ
お申込み
お申込みの詳細は、(株)オリエントコーポレーションのサイトでご確認下さい。
学費サポートプラン(在学生用)
学費サポートプラン(新入生用)