1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. 神戸松蔭の求める教員像、教員組織編成の方針

神戸松蔭の求める教員像、教員組織編成の方針

神戸松蔭の求める教員像

  • ・キリスト教の信仰に基づく教育を理解し、協力できる者
  • ・本学のモットーと教育理念にしたがい、大学の教育方針に基づき教育課程の編成および学科・学部の運営について責任を負う者
  • ・大学における教育を担当するにふさわしい教育上の能力があり、その向上に努める者
  • ・授業の内容及び方法の改善を図るための組織的な研修に参加する者
  • ・教授、准教授、講師、助教それぞれに必要な研究上の業績、実務家教員においては、専攻分野における高度の実務上の能力を有し、継続的に業績を積み上げる意思のある者
  • ・研究者行動規範・公的研究費等の使用に関する行動規範に従い、法令を遵守し、研究活動を公正に行い社会的期待応える研究を実施し、その成果を公表する者
  • ・学生支援の方針を理解し、進んで貢献する熱意のある者
  • ・内部質保証に努め、本学の教育、研究、大学運営について常に自己点検・評価できる者
  • ・本学の教育・研究・大学運営などの活動において、積極的に学生と関わり、教職協働できる者

神戸松蔭 教員組織編成の方針

  • ・「大学設置基準」等の関係法令に基づき、教育研究上の専門分野等のバランスを考慮しながら、各学部・研究科の教育方針に定める目標を実現するために必要な教員を配置する。
  • ・教育研究の実施に当たり、教員の適切な役割分担の下で、組織的な連携体制を確保し、教育研究に係る責任の所在が明確になるように教員組織を編制する。
  • ・広く、国内外に人材を求め、年齢、性別構成に配慮する。
  • ・教員の募集、任用、昇任、テニュア・トラック教員のテニュア取得に関しては、諸規定および方針に基づき、公正かつ適切に行う。
  • ・明確な教育目標の設定とこれに基づく体系的な教育課程の構築をするために教員の資質の向上をはかり、内部質保証体制や教育改善に関するPDCAサイクルをまわすために、教職協働できる組織的FD・SD活動を推進する。