1. ホーム
  2. 神戸松蔭について
  3. 心理学専攻(大学院)の教育方針

心理学専攻(大学院)の教育方針

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

心理学専攻は、コースごとに定めた次のような人が入学を志望することを期待する。

臨床心理学コース

1. 知識・技能

・専門課程における学習や訓練を遂行するための臨床心理学の基礎的な知識、学力を有し、心理臨床の専門家および研究者として必要な深い学識と高い研究能力・実践力を養う意欲を持つ人。

2. 思考力・判断力・表現力

・心理臨床の専門家および研究者としての視点から、自ら問題点と課題を発見し、先行研究を含む多角的な観点からの判断力をもって解決にあたる人。
・自らの知見を妥当な論理性をもって積極的に発表する表現力を持つ人。

3. 態度・志向性

・対人援助において不可欠である倫理観を備え、心理臨床の専門家として他職種と協同できる社会性を有する人。
・心理臨床の専門家および研究者として社会に貢献するという強い目的意識を持つ人。

心理学コース

1. 知識・技能

・専門課程における学習や研究を遂行するための心理学の基礎的な知識、学力を有する人。

2. 思考力・判断力・表現力

・心に関する問題点と課題を発見し、論理的な思考と偏らない判断力をもって解決にあたり、自ら調べた結果をわかりやすく論理的に表現できる人。

3. 態度・志向性

・人を対象とした研究に必要な他者への共感・配慮ができる人。
・人間とその心理に対する好奇心と研究への熱意を持ち、心理学の研究者や実証的調査の専門家として社会に貢献するという強い目的意識を持つ人。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

心理学専攻は、コースごとに定めた次のような方針でカリキュラムを編成し、実施する。

臨床心理学コース

体系性

・臨床心理士ならびに公認心理師を養成するためのコースであり、心理臨床の専門家として臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助、およびこれらに関する調査・研究を遂行し得る知識や技能、および高い倫理性を養うことを目指す。
・講義科目、演習科目、実習科目に加えて、修士論文作成のための個別指導を受ける科目を設定する。実習には、大学附属の相談機関(神戸松蔭こころのケア・センター)において来談者に対して心理臨床的援助を提供することが含まれる。

心理学コース

体系性

・心理学の研究者や実証的調査の専門家を養成するためのコースであり、発達心理学や社会心理学など実証的分野の心理学に関する先端的な知識を学び、人間心理の一般的法則やしくみを解明する方法を修得することを目指す。
・講義科目、演習科目に加えて、修士論文作成のための個別指導を受ける科目を設定する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

心理学専攻では、所定の単位を修得し、修士論文審査および試問に合格し、コースごとに定めた次の能力を身につけたと判断された者に対して、修士(心理学)の学位を授与する。

臨床心理学コース

知識・理解

・臨床心理学に関する体系的な知識を修得している。
・体系的な臨床心理学的知識に基づき、具体的な心理的問題を理解することができる。

汎用的技能

・心理的問題に関して適切な手法を用いて心理査定を行うことができる。
・心理査定に基づき具体的な心理臨床的援助を行うことができる。

態度・志向性

・心理臨床の専門家としての高い倫理性をもって対人援助に関わることができる。
・自らの専門性に基づき他職種との間で必要な協力関係を築くことができる。

研究倫理

・人を対象とする研究分野であることを常に自覚し、人権・人格を何よりも尊重し、関係する法令を十分に理解し、これを遵守する。
・研究倫理を深く理解し、データの取り扱い、臨床場面における個人情報、文献や資料の引用、研究成果の発表の仕方などにおいて研究倫理に反することがないよう、日常的に意識を持つ。

心理学コース

知識・理解

・実証的分野の心理学の先端的な知識・研究方法を修得している。
・人間心理の一般的法則を具体的な行動や反応にあてはめて理解することができる。

汎用的技能

・心理学的な実験・調査の方法を研究テーマに即して計画し、実施できる。
・実験・調査の結果を適切な手法を用いて分析し、論文にまとめることができる。

態度・志向性

・人間とその心理に対する好奇心をもち、人間心理の探求に粘り強く取り組むことができる。
・研究成果を人類の福祉に還元しようとする姿勢をもっている。

研究倫理

・心理学の研究活動が個人や社会に対して影響を及ぼしうることを自覚し、心理学研究者としての高い倫理性を持っている。
・日本心理学会など心理学関連学会が定める倫理綱領を遵守して研究を行っている。
・研究倫理を深く理解し、データの取り扱い、個人情報の保護、文献や資料の引用、研究成果の発表の仕方などにおいて研究倫理に反することがないよう、日常的に意識を持つ。