1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科

人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科

女性らしい感性で
自分のアイデアをカタチに。

“ファッション都市宣言”のまち神戸。「衣」と「住」に関して先取的な気風をもちます。この2つのデザイン分野で人々の日常生活に密着した教育・研究を進めています。服飾製品や住居から、都市空間やライフスタイルにも拡大。ここでの学びは、彩り豊かな暮らしと未来の創造へとつながっています。

めざす進路

  • ファッション、ハウジングに関するデザインビジネス
  • ファッションプレス
  • ファッションデザイナー
  • インテリアコーディネーター
  • ファッションアドバイザー
  • ライティングコーディネーター
  • スタイリスト
  • インテリアデザイナー
  • Webデザイナーなど

Kobe Shoin Special Program

1.学生が企画、運営するファッションショーの開催。

ファッション・ハウジングデザイン学科の最大の見せ場が、学内外で実施されるファッションショー。衣装のデザインや制作だけでなく、企画、広報、演出からモデル、ヘアメイクに至るまで、学生たちで考え、運営します。先輩、後輩の垣根を越えて、学生が自分たちの手でつくるショーは、本学科の自慢の一つです。

2.「ウェルネス」をキーワードに、女性の「美」と「健康」を追求。

これからの時代を、女性としてより美しく、健康に生きるための学びが「ウェルネス」。メイクやネイルなどの身体の表面的な美しさだけを求めるのではなく、ダイエットやアンチエイジングなど、内面への関心を高めていきます。豊かな感性を身につけながら、健康で美しい心と身体を生涯持続させる知識と技術を学べます。

3.ファッションとインテリアでトータルプロデュース能力を。

ファッションとインテリアの連動した学びが本学科の強み。例えば「基礎演習A・B」では、ファッションブランドの企画からアイテム制作、お店づくり、販売までの一連の流れを体験します。店舗の設計やインテリアコーディネートなど、空間デザインも含めたオリジナルブランドを考案し、トータルプロデュース能力を養います。

4.プロフェッショナルのアーティストと共演。

岐阜県・美濃和紙の里で開かれた「紙の森-Kirittaiとコイケアカリの世界-」に米原ゼミの3年生6人が出展協力しました。本学の近くにアトリエを持つコイケ氏は、交流空間を段ボールなどで演出するデザイナー。学生たちはコイケ氏と打ち合わせを重ね、出展物の制作や設営に協力。コミュニケーションデザインの考え方を実践的に学びました。

5.産学連携による地域活性化への貢献。

元町・乙仲通界隈や神戸市灘区などの地域連携プロジェクトに参加しています。写真は地域の未来を考えるワークショップ「乙仲さんぽ」で、学生がアイデアを提案しているところ。他にも、神戸開港150年記念に作られた「神戸タータン」で学生がドレスを制作し、「三宮コレクション」で披露。メディアにも大きく取り上げられました。

6.就職に役立つ資格取得をサポート。

学科の学びに関わり深いさまざまな資格の取得をサポートしています。パーソナルスタイリスト検定®などの単位取得により認定される資格に加え、インテリアコーディネーターや色彩検定®1級などのハイレベルな資格に対応した正課授業や課外講座も充実しています。取得した資格は、就職活動でのアピール材料として活用できます。