1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科
  4. 夢をかなえた先輩たち・私の4年間

人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科

夢をかなえた先輩たち

三起商行株式会社(ミキハウス) 勤務

ファッションに情熱を燃やした経験が、
夢の進路をかなえてくれました。

ファッション・ハウジングデザイン学科 2016年卒業
〈大阪府 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎出身〉
私がミキハウスを第一志望に考えたのは、神戸松蔭のキャリア教育の授業がきっかけでした。採用担当の方が講演してくださり、お客様はもちろん、社員も大切にするという企業の姿勢に感銘を受けました。現在入社1年目。販売業務や営業アシスタントなどを経験しながら仕事のノウハウを学んでいます。神戸松蔭で思い出深いのは、友人と4年連続で参加したファッションショーです。3年次には制作チームのリーダーを任され、ウェディングドレスとタキシードの制作に挑戦しました。作品の完成度が高く評価されて最優秀賞をいただいた時は、それまでの努力が報われたようでうれしかったです。学生時代に情熱を持ってものづくりに取り組んだことや、チームワークの大切さを学んだことなどが、現在も仕事で活かされています。
卒業後の私
入社後3か月間は本店で販売業務を経験。その後、百貨店事業部の営業アシスタントを担当。神戸松蔭でものづくりに取り組んだ経験を活かして、将来はデザインや商品開発の仕事に携わりたいと考えています。

私の4年間

ものづくりに本気になった経験を仕事に活かしたい

ファッション・ハウジングデザイン学科4年
〈大阪府立摂津高等学校出身〉

アニエスベージャパン株式会社 内定

アパレル業界に絞って就職活動をして、人気ブランドに内定。販売員からキャリアを積んで、将来は企画やプレスの仕事にも携わりたいと考えています。

1年次
1年次からワンピース作りに挑戦。ものづくりの流れを学びました。

ファッション領域に関心を持って学び、1年次から作品作りに挑戦。イメージボードやデザイン画を作って実際に形にするところまで一連の流れを体験しました。

2年次
誰に何をどう提供するのかを考える課題が新鮮でした。

単に服を作るだけではなく、着る人やシーンまで想定したり、ブランドを立ち上げるためにそのコンセプトを考えたり、より高度な課題に挑戦しました。

進路選択で迷ったけれど、神戸松蔭を選んでよかった!

ファッションを学びたかった私が、専門学校ではなく神戸松蔭を選んだのは、大学祭のファッションショーに興味を覚えたから。入学後に実際に参加してみて、自分のアイデアが形になることの面白さを実感しました。

3年次
ファッションショーを目標に、仲間と共にドレス作りに。

ファッションショーに参加するため、仲間と共に一からウェディングドレス作りに挑戦。思い描いたドレスができあがった時の喜びもひとしおでした。

4年次
卒業制作では花をテーマに、4体の衣装をデザイン。

卒業制作ではフラワーモチーフについて研究。アートフラワーや点描画など、一体一体異なった方法で花を表現し、4体の衣装制作を行いました。

花で伝える私の気持ち。4年間の集大成の作品に。

卒業制作のテーマであるフラワーをモチーフにした衣装をファッションショーに向けて制作。衣装に合わせるヘアメイクやショー当日の構成・音楽などもすべて自分で考えるので、このファッションショーは4年間の集大成でした。

4年間夢中になって学べる
環境があります。

ファッション・ハウジングデザイン学科4年
〈大阪府 聖母被昇天高等学校出身〉

株式会社タカショー 内定

私の情熱を評価していただき、店舗や住宅などでガーデン空間をデザインする企業に内定。ライティングデザイナーとして、仕事に携わることになっています。

1年次
ゼロから学べる環境なので、初心者でも安心です。

ハウジングの領域に関心がありましたが知識は少なく、授業で建築の基礎やCADソフトの使い方など、初歩的なことから学びました。

2年次
家や内装のデザインに挑戦。作る喜びと難しさを学びました。

CADソフトで家や内装をデザインする課題に挑戦。およそ半年かけて、図面を描いて模型を作るところまで、一連の制作過程を経験しました。

色彩の理論を学び、関連する資格を取得。

授業で色彩と人間心理の関わりを学んだことが面白くて、ハウジング領域の学びと並行して色彩学を勉強。カラーコーディネーター検定試験®や色彩検定®の資格も取得しました。

3年次
クオリティに妥協なし。自分のこだわりを作品に。

カフェと住居が一体型の家のデザインに挑戦。テクスチャで彩った壁の色彩、水族館のような採光など、私のこだわりをふんだんに盛り込んだ図面を作成しました。

4年次
テーマが自由な卒業制作では、新しい旅館のデザインを考案。

有馬温泉に新しい旅館を作るというテーマで卒業制作に挑戦。現地をフィールドワークするなど、リアリティを追求しながら和洋折衷の空間を図面に起こしました。

ポートフォリオは情熱の証。就職活動でアピール材料に活用。

学科では自分の作品をポートフォリオとして形に残すので、4年間の成長がひと目でわかります。就職活動の際には私の色彩に対するこだわりやものづくりへの情熱をアピールする材料として活用することができました。