1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 子ども発達学科
  4. カリキュラム・講義紹介

人間科学部 子ども発達学科

カリキュラム

子どもに対する「教育」のテクニックにとどまらず真に理解することに重点を置いているので、「心理学」「発達学」「実習・体験」の科目が充実。子どもにかかわるさまざまな進路をめざせます。

講義紹介

小学校での実習特別支援学校などでも教育実習を体験

小学校教諭をめざす学生には、通常の教育実習に加えて、特別支援学校・社会福祉施設にて実習を行います。障害のある子どもや高齢者の支援やさまざまな体験をします。

楽しい理科実験理科実験の楽しさを実感して伝える

将来、子どもたちに理科実験の面白さを伝えられるように、自らの手を動かして実験の楽しさを体験します。また、実験器具やその操作方法の基本的な知識も習得します。

音楽の実技子どもの感性を育む表現力と指導力

ピアノや歌の実技については、練習施設を充実させるとともに、個人のレベルに合わせたレッスンを行っています。子どもの感性や想像力を支え、育むことのできる表現力と指導力を育成します。

子どもアートプロジェクト得意分野を磨き高度な専門性を!

アートは造形・音楽・言語・演劇など多様な表現を包括しています。子どもたちの楽しい表現活動を支えるために、通常授業ではできないアートと出会います。

基礎演習きめ細かな少人数制の学習スタイル

個々の学生の状況に応じたきめ細かな指導を実施するために、1年次から演習科目を取り入れ、卒業研究まで各学年で少人数制の授業を実施しています。

子ども英語子どもが楽しいと感じる英語とは

2011年度から小学校5、6年で必修となり、英語の学習開始期が早まるなか、本学で蓄積した子ども英語の成果を選択授業で学び、小学校英語の指導に役立てます。

子ども心理Ⅳ(発達障害)子どもの問題に柔軟に向き合う

特別な配慮が必要な子どもを理解し、子どもの心身の様子や家族の思いに敏感に気づいて、適切に対処できる力と臨機応変な発想ができる柔軟さを身につけます。

子ども発達実習地域や現場で実際を知る

通常の教育実習はもちろん、地域の小学校や施設、幼稚園でのボランティアなどを通じてさまざまな現場から子どもと教育・保育の実践を学びます。