1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 都市生活学科
  4. 都市生活専修

人間科学部 都市生活学科※2017年4月 新学科開設

都市生活専修 生活について幅広く学び 専門知識をもって マネジメントができる女性に

学びのPOINT

都市のくらしと衣食住を学ぶ

食事、衣服、住まい、家庭と社会について体験を通して学びます。実習では、料理を作り、服をデザインし、住まいのコーディネートを考えます。さらに、地域連携プロジェクトにも参加。家庭科の教員免許も取得可能です。

【科目例】
調理実習
アパレルデザイン論
共生社会論

ライフプランとお金について学ぶ

将来の夢や目標に向かって経済的な側面から計画をたてる「ファイナンシャル・プランニング」について学びます。ファイナンシャルプランナー資格の取得もめざせます。

【科目例】
パーソナルファイナンス理論
生活リスクマネジメント論
金融商品学

好きなこと、得意なことで感性に磨きを

化粧心理やカラーコーディネート、香りの科学、ブライダルコーディネートなど、生活を豊かにする科目も充実。好きなこと、興味のあることを見つけて、さまざまな資格取得に挑戦できます。

【科目例】
化粧心理学
色彩学
香りの科学

都市生活学科の特徴的なアクティブラーニング科目

産学連携を視野に、自ら課題を発見し、解決方法を模索するPBL型授業※PBL:Problem-Based Learning

都市生活専修行動科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ

知覚、学習・記憶、情意・行動など、行動科学の基本となる心理学の基礎的な実験や、心理検査、イメージの測定、社会的態度尺度の作成法など、基礎的な検査・調査を実施し、レポートを作成。一連の実験研究過程の研究を通して、科学的論理思考と実証方法を身につけます。

都市生活専修被服材料学実験

被服を構成する繊維、糸、布の物理的性質を学び、繊維の鑑別、糸や布の構成の観察、被服の性能試験実験を行います。測定機器の使い方のほか、実験結果を読み取り、適切に評価・考察する能力を身につけます。

両専修共通都市生活プロジェクト演習A・B

自ら研究テーマを設定し、基本的な研究技法の習得に取り組みます。まず、文章の理解力、作成力、資料の解釈力など、さまざまな基礎力を習得。その後、フィールドワークを行い、実際に起こっている問題を発見し、どのような解決策があるのか考えます。

両専修共通都市生活インターンシップⅠ・Ⅱ

業界・業種についての理解を深めながら、実際に企業やNPO、行政など、幅広いジャンルの組織で研修を行います。アルバイトではなかなか経験できない社会の仕組みに触れることができ、職業観を養うことができます。

2016年度からスタート!
バンクーバーでの海外研修旅行

バンクーバー(カナダ)で、食をテーマにした産学協働の海外研修旅行(約10日間)を企画しています。午前中は、英語研修やホームステイを通じて、コミュニケーションに必要な英語力を習得。午後は、学生各自がテーマを決めて、現地のレストランやファーマーズマーケット、オーガニックフードなどを取り扱う店などでのフィールドワークを行います。研修の締めくくりには、各自が選んだテーマについて、プレゼンテーションを実施。それについての講評を、現地の企業で働く人から受けることができます。

※全学部・学科の学生が対象。 ※現在計画中の内容です。