1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 文学部 英語学科
  4. 英語プロフェッショナル専修 カリキュラム・成長モデル

文学部 英語学科

英語プロフェッショナル専修

カリキュラム

TOEIC®スコア730点がターゲット— 英語で行う専門教育科目で英語力を徹底的にアップ

カリキュラムツリー

PICK UP カリキュラム

02.Essential Intercultural Studies(異文化理解基礎)

イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダといった英語圏の国の歴史をたどりながら、独自の文化や言語がどのように形づくられてきたのか、また違いが何かを探ります。英語圏で生まれ育ったネイティブスピーカー教員のもと、日本とは異なる文化や社会について楽しく学ぶことができます。

03.Power Presentation(プレゼンテーション・スキル強化)

プレゼンテーションやディスカッションにおける、テーマの見つけ方、調査・研究の方法、効果的な提示の仕方など実社会で役立つスキルを学びます。

成長のモデル

身につけたスキルを活かして、世界を相手にする職場へ

STEP1
英語スキル科目を集中して学び、実践的な英語力を徹底訓練

「Active Speaking」「Active Reading」「Active Writing」などのスキル科目によって、生きた英語のコミュニケーション能力を身につけるとともに、「Essential Intercultural Studies」により、異文化理解や多文化と接する姿勢を学びます。

STEP2
留学を通じて、多文化の世界で生き抜く力を見極める

留学中の各種体験によって、異文化理解の重要性を肌で感じ、世界の人々と日常的に接する場で求められる積極的な姿勢を身につけます。帰国後は、留学で身につけた力をさらに伸ばす「Advanced Speaking」や「Advanced Intercultural Studies」などの上級英語科目により、英語力の一層の強化を図ります。また、「エアラインイングリッシュ」は、業種・職種に直結した実践的な英語を学ぶ授業です。

世界の人々を相手に笑顔で接するエアラインにふさわしい人材に

実践的な英語力、異文化に対する柔軟な姿勢をしっかりと身につけることをめざします。 世界の人々・世界の文化と多くの接点がある職場での活躍が期待できます。

STEP1
イマージョン方式の英語学習で、徹底的な英語スキルの訓練を行う

「Active Speaking」「Active Presentation」「Essential Study Skills」など、ネイティブスピーカーによる英語漬けの科目を履修。他者と積極的に関わるためのツールとして、英語コミュニケーション能力をレベルアップさせます。留学中の学びを充実させるため、徹底的な準備に取り組みます。

STEP2
留学を通して、コミュニケーションに対する積極的な姿勢を身につける

「Power Presentation」は、留学中に必要となる英語を使ったディスカッションやプレゼンテーションのレベルアップを図る授業です。さらに、3~4年次の「Research Seminar」や、「High-level Discussion and Debate」などの専門科目により、英語を使って議論・発表を行う高度な英語運用力の修得をめざします。

ハイレベルな英語運用力を備え、国際舞台で活躍できる人材ヘ

国際社会で通用するレベルの英語を用いた企画力、交渉力、プレゼンテーション力などを備え、外資系企業や国内企業の国際部門での活躍をめざします。

在学生の声

授業で英語力を伸ばし、TOEIC®スコアは800点を超えました。将来はCAをめざします。

英語学科 3年
〈兵庫県立 太子高等学校出身〉

「アドバンストスピーキング」など、ネイティブスピーカーの先生による授業の多さが魅力です。私は、学内スピーチコンテストにおいて1年生からの目標であった優勝を果たすことができ、自信につながりました。現在は、 TOEIC®のスコアが800点を超え、学科の学びやエアライン課程、留学の経験を活かし、国際線のCAをめざしています。

授業がない時は、イングリッシュ・アイランドで外国人の先生といろいろなトピックについて英語で話したり、ボランティアグループでの活動をしています。