1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 文学部 英語学科

文学部 英語学科

国際社会で通用する
豊かなコミュニケーション能力を養成します

将来の活躍の場をグローバルに描くなら、英語を「聴く・話す・読む・書く」力は必須の能力です。英語教育に特化した英語学科では、卒業後の進路や学びたい英語の内容に応じて「英語プロフェッショナル専修」と「グローバルコミュニケーション専修」の2つの専修を設置。国際社会に通用するハイレベルな英語の達人をめざします。世界で活躍できる真の国際人へ。その第一歩がここからスタートします。

ネイティブスピーカー教員が、少人数制できめ細かく指導します。

ネイティブスピーカー教員が、少人数制できめ細かく指導します。

希望者全員の留学が可能。充実の奨学金でバックアップ ※Study Abroad Preparation Ⅰ・Ⅱを修了し、1年次に34単位以上修得していることが必要です。

ネイティブスピーカー教員が英語だけで行う授業

学びの特色

英語プロフェッショナル専修では2年次後期に全員留学。国際社会での対話力と行動力に自信がつきます。

グローバルコミュニケーション専修では希望者は全員留学が可能。短期語学研修も充実しています。

4か月以上の留学は全員に奨学金が給付されます(セメスター留学は40万円~60万円、1年留学は120万円~150万円)

留学準備は1年次からスタート。留学中のTOEIC®スコアの伸びは平均109点(過去4年間の平均)で、最高910点を記録しました(2016年度卒業時実績)

プラスαの力

専門職の現場で役立つ実践力を身につける

  • エアライン
  • 英語コンピュータ
  • 中高教員資格

本学科は何をどう学べば、どのような力が養われるのかを明確なカリキュラムと学習指導に反映しています。共通コア科目群では実践的な知識とスキルを学ぶのでダブルスクールの必要はありません。

日本語日本文化学科、総合文芸学科の科目も学べる

文学部のカリキュラムでは、それぞれの興味や学びたい学問に応じて、他学科の科目を履修でき、単位も認められます。旺盛な知的好奇心に応える柔軟な学び方が可能です。

学びを活かした進路

  • 通訳・翻訳関連職
  • 教員(英語)
  • 外資系企業スタッフ
  • 海外企業・団体スタッフ
  • 英語教材企画開発スタッフ
  • グローバル企業の役員秘書
  • 観光ガイド
  • エアライン業界スタッフ
  • 銀行などの国内企業スタッフ
  • 児童英語インストラクター
  • 大学院進学

トピックス

海外インターンシップ&交換留学を実施

3年次の夏休みには、希望し参加条件を満たせば、メルボルン(オーストラリア)での、あるいは日本に進出している外資系企業やグローバル企業での、インターンシップ研修に参加できます。事前・事後学習を含め、積極的に取り組めば単位が認定されます。また、ヨーク・セント・ジョン大学(イギリス)との交換留学も実施。同大学の授業料が免除されます。2016年度は5名が参加予定です。

海外インターンシップ&交換留学を実施

近隣の小学校や国際学校に
「英語指導ボランティア」を派遣

近隣小学校の5、6年生のクラスなどに、児童英語専攻生を派遣し、英語授業のサポートを行っています。歌やゲームを取り入れるなど授業内容を工夫したり、教員によるアドバイスもあり、実践力を高めています。さらに聖ミカエル国際学校と交流協定を結び、同校にて最大8名の学生がすべて英語を使った教育指導を体験します。

近隣の小学校や国際学校に「英語指導ボランティア」を派遣