1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 教育学部 教育学科

教育学部 教育学科

現場で活躍できる実践カリキュラムを通じ、人と未来を支える『教育』を学ぶ

2019年4月に、「教育学部教育学科」が開設されました。教育学科は、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭とともに、中学校と高等学校教諭の養成の実績を踏まえて、新たに「幼児教育専修」「学校教育専修」のふたつの専修を選択できるようになりました。「幼児教育専修」は、保育士・幼稚園教諭免許状取得を基本として、特別支援学校教諭免許状を取得することも可能です。「学校教育専修」は、小学校教諭免許状取得を基本として、中学校・高等学校の英語教諭免許状または特別支援学校教諭免許状のどちらかひとつを取得することが可能です。教育学科は、多様な専門領域を学ぶことを通して、地域や社会と連携・協働できる人間性の育成を図ります。

学びのフローチャート

めざせる将来

保育者・教育者として、子どもの成長を支えるそれぞれのフィールドへ

保育所、幼稚園、認定こども園、小学校、中学校(英語)、高等学校(英語)、特別支援学校 他

学びの特色

充実した環境で、保育と教育のプロフェッショナルを養成

【採用試験対策】
本学独自の教育プログラムで1年次から採用試験対策を実施!

公立の幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭、保育士の現役合格をめざします。充実した学習環境・設備を活かし、ともに学びあう姿勢を重視した指導体制が特徴です。

※学年は目安です。いつでも好きな講座を受けることができます。
自分に足りない力を補うことを第一に取り組んでいきます。

教員採用試験対策合宿

合宿では、教採対策への取り組み方についてワークショップ形式で話しあいます。仲間意識を培うとともに、情報共有・意見交換を活発にし、主体的に学ぶ姿勢を身につけます。

【特別支援学校教諭】
特別支援学校教諭免許状の取得をめざせるカリキュラム

幼児教育専修と、学校教育専修の小学校教育コースでは、所定の科目を履修することで、特別な支援が必要な子どもたちを指導・サポートする特別支援学校教諭免許状の取得が可能です。特別支援教育領域のうち、知的障害者・肢体不自由者・病弱者の3領域の免許状が取得でき、特別支援学級および学校など特別支援教育で活躍できる人材をめざせます。

【海外研修】
オーストラリアでの教育実習で保育や教育を学ぶ

教育者としての幅を広げたい学生は、海外研修に参加することができます。オーストラリア・アデレードの保育園や幼稚園、小学校などを視察し、現地の日本人学校も訪問します。子どもとのふれあいを通して日本の教育現場との違いや共通点を学び、海外の教育や異文化への理解を深めます。大きな成長につながる、貴重な経験を積むことができます。

【音楽表現(幼児教育専修)】
ピアノ初心者にも安心の個人レッスン

1年次の「音楽入門」と「音楽実技」では、歌うことやピアノの理論、実技を、基礎からしっかり学びます。2年次以降の授業では、乳幼児の発達と表現の関わりについて学び、乳幼児の表現を支援することのできる実践力、表現力の育成を行っています。グランドピアノを設置した6つの個室、30台の電子ピアノを備えたミュージック・ラボもあり、練習に打ち込める環境となっています。

【児童英語インストラクター認定証】
児童に英語を教える人材を育成

所定の科目を履修し、単位を修得した学生は、神戸松蔭女子学院大学「児童英語インストラクター認定証」または「児童英語インストラクター基礎認定証」が得られます。保育所や幼稚園、小学校といった保育・教育の現場において、早期英語教育を実践できる高い能力を持った人材育成のためのプログラムです。

【施設リニューアル】
学校現場さながらの実習施設

学生が模擬授業で利用する模擬授業教室は、ICT環境が整備されデジタルデバイスを活用したアクティブラーニングをシミュレーションできます。また、図画工作室では、図工や造形表現の授業など、子どもたちに教えるための教材制作や材料・用具の使い方を楽しく学んでいきます。

模擬授業教室
図画工作室