1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 食物栄養学科
  4. 先輩からのメッセージ

人間科学部 食物栄養学科

卒業生メッセージ

「食」を通じて、人の幸せを支えられる存在に

神戸松蔭で管理栄養士としての目標が明確になり、実践力を養うことができました。

医療法人医誠会 摂津医誠会病院 勤務
管理栄養士
生活学科 食物栄養専攻[現 食物栄養学科]2011年卒業
(大阪府立 山田高等学校出身)
病院での臨地実習で、管理栄養士が医療分野の専門家とチームで患者さまの健康回復、維持に取り組む姿に魅力を感じ、病院勤務が目標になりました。卒業後は、まず給食委託会社に勤務。大学での大量調理の実習で養った力を活かしながら、1年間経験を積んだ後、9つの病院施設を持つ医療法人に入職し病院管理栄養士としてのキャリアをスタートしました。現在は、入院・外来の患者さまの栄養指導やチーム医療での栄養サポートを担っています。中でも、回復期リハビリテーション病棟において、病状や食事摂取状況、活動量、栄養状態の把握をし、それぞれの患者さまに合わせた栄養管理を行っています。年齢や病状の異なる患者さまに適切な栄養指導をするには、柔軟な対応が求められますが、先生との距離が近く学生同士の交流も盛んな神戸松蔭で培ったコミュニケーション力が活かされていると感じます。仕事で心がけていることは、患者さまの気持ちを大切に実現可能な提案をすること。知識の修得や実践力向上に励み、NST(栄養サポートチーム)専門療法士の資格を取得しました。一人でも多くの患者さまの健康を支援できるよう、力を発揮していきたいです。

内定者ボイス

高度な知識とスキルを活かし即戦力として活躍

株式会社 ファンデリー 内定

美味しい食事で患者さまを支え、健康をサポートできる管理栄養士に。

食物栄養学科 4年
(兵庫県立 西宮高等学校出身)

食べることが好きだから食に関わる仕事に就きたくて、漠然と管理栄養士をめざして入学しました。しかし、学びが深まるにつれ、管理栄養士が活躍するフィールドは、病院、学校、福祉施設などさまざまな分野にわたることを知り、特に病気と戦う方々への食事提供について興味を持つようになりました。そのきっかけとなったのが、「臨床栄養学実習」です。糖尿病など食事制限のある方へ、一日の制限値内で美味しく、楽しいと思える食事を提供できるかを提案することの難しさと同時に、そのスキルを活かせる管理栄養士ならではのやりがいを感じることができました。

卒業後は、食事制限者専用の冷凍お弁当を提供する企業で、担当栄養士として検査値をもとに栄養相談をお受けし、患者さまをサポートします。いずれは、予防の観点から、食事制限に至らぬような健康食の提案などに携わっていきたいです。

社会福祉法人樫の木会 開明かしの木こども園
内定

食を通じて子どもたちの教育と成長に携わりたい。

食物栄養学科 4年
(兵庫県 尼崎市立尼崎高等学校出身)

保育士の母から給食の話を聞くことが多く、食で子どもの成長に関わりたい、と栄養士をめざすようになりました。食事を提供する対象者を決め、チームでその内容を考察し、模擬栄養指導を行う「栄養教育実習」では、栄養士であると同時に、教育者としての心得を学びました。例えば保育園での食育の場合、まったく知識のない園児に正しく伝えるためには、やさしい言葉で話すこと、食品の現物を見せて説明すること、そして体感させることが重要だと教わりました。

私がこれから食事調理と食育に携わるこども園では、園内の畑で育てた食物を使って調理をします。これはまさに、講義で学んだ「体感させること」のひとつ。食の楽しさだけでなく、友だちや家族との関わりにも通じる食育の知識をもとに、子どもたちがさまざまなことに興味をもてるような工夫を凝らし、食事の大切さを伝えていきたいです。