1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 食物栄養学科
  4. 先輩からのメッセージ

人間科学部 食物栄養学科

卒業生メッセージ

「食」を通じて、人の幸せを支えられる存在に

神戸松蔭で管理栄養士としての目標が明確になり、実践力を養うことができました。

医療法人医誠会 摂津医誠会病院 勤務
管理栄養士
生活学科 食物栄養専攻[現 食物栄養学科]2011年卒業
(大阪府立 山田高等学校出身)
病院での臨地実習で、管理栄養士が医療分野の専門家とチームで患者さまの健康回復、維持に取り組む姿に魅力を感じ、病院勤務が目標になりました。卒業後は、まず給食委託会社に勤務。大学での大量調理の実習で養った力を活かしながら、1年間経験を積んだ後、9つの病院施設を持つ医療法人に入職し病院管理栄養士としてのキャリアをスタートしました。現在は、入院・外来の患者さまの栄養指導やチーム医療での栄養サポートを担っています。中でも、回復期リハビリテーション病棟において、病状や食事摂取状況、活動量、栄養状態の把握をし、それぞれの患者さまに合わせた栄養管理を行っています。年齢や病状の異なる患者さまに適切な栄養指導をするには、柔軟な対応が求められますが、先生との距離が近く学生同士の交流も盛んな神戸松蔭で培ったコミュニケーション力が活かされていると感じます。仕事で心がけていることは、患者さまの気持ちを大切に実現可能な提案をすること。知識の修得や実践力向上に励み、NST(栄養サポートチーム)専門療法士の資格を取得しました。一人でも多くの患者さまの健康を支援できるよう、力を発揮していきたいです。

内定者ボイス

高度な知識とスキルを活かし即戦力として活躍

富士産業 株式会社 内定

食べる人やご家族にも喜ばれる食事提供をめざす。

生活学科 食物栄養専攻[現 食物栄養学科] 4年
(高知県立 中村高等学校出身)

漠然と管理栄養士として働きたいと思いながら学ぶなか、目標を決めるきっかけになったのが「臨地・校外実習」で、保育園、病院、保健所の現場を体験したことです。多職種と連携し、患者さま一人ひとりにあわせた食事提供を行う病院の管理栄養士に魅力を感じました。知識や技術の向上が大事だと思い、卒業後は地元の高知県で、病院や福祉施設などの食事サービスを行う企業で仕事をします。大量調理の実習で得た知識や経験、年齢に応じた栄養教育をもとに献立を作成した経験を活かし、楽しみや季節感も盛り込み、食べる人だけでなく、そのご家族にも喜んでいただける食事を提供したいです。

社会福祉法人 大阪福祉事業財団
すみれ乳児院 内定

家族と暮らせない子どもに愛情あふれる食事を提供。

生活学科 食物栄養専攻[現 食物栄養学科] 4年
(広島県 福山暁の星女子高等学校出身)

子どもが好きなので、「栄養教育論」で食の大切さを学んだことを活かして健康と成長をサポートしたいと思いました。志望した乳児院には、先生や友人に背中を押されて自分から連絡を取って思いを伝え、採用していただきました。乳児院にはさまざまな事情で家族と生活できない0歳から3歳までの子どもが暮らしています。この時期、食習慣の基礎がつくられるので、いろいろな食べ物に触れることが大切です。大量調理や離乳食づくりで得た知識や経験をもとにおいしい食事を提供し、一緒に時間を過ごすことで家庭にいるような温もりを感じてもらいたいです。

医療法人財団明理会 行徳総合病院 内定

病院実習での経験で、管理栄養士像が明確に。

生活学科 食物栄養専攻[現 食物栄養学科] 4年
(兵庫県立 相生高等学校出身)

入学時は漠然と「管理栄養士になりたい」と考えていた私にとって、3年次での病院実習が転機となりました。患者さまの症状が徐々に改善し、栄養の大切さをあらためて実感すると同時に「病院で働きたい」と気持ちが一歩前へ。さらに、NST(栄養サポートチーム)の管理栄養士の方が、ドクターと対等に意見交換する姿を見て憧れを抱きました。病院の求人時期は遅いため不安でしたが、「納得できる所で働こう」という先生の励ましが支えになりました。病院では食事提供の経験を積んでから患者さまの栄養指導に携わり、いずれはNSTに加わりたいと夢を描いています。