1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 心理学科
  4. カリキュラム・成長モデル

人間科学部 心理学科

カリキュラム

心理学を幅広く学びながら、社会で必要な力を身につける

カリキュラムツリー

PICK UP カリキュラム

01.カウンセリング基礎演習

1年次からカウンセリングのロールプレイを行い、実践力を身につけます。

02.現代社会の抱える課題に切り込む専門科目

「被害者支援の心理学」「ジェンダーの心理学」「子育て支援の心理学」など、現代の社会で注目の高まるテーマについて、専門家への研修も行うスペシャリストから学ぶ機会があります。

03.卒業研究

「心理学研究法」で作成した研究計画にもとづき、調査・実験等の研究を実施。その成果を論文にまとめ発表します。

<卒業論文賞 受賞論文テーマ>
・出生順位による親子の親密度の差と、ポジティブ・ネガティブ情動の形成
・笑いに対する態度が及ぼす影響に関する研究~主観的幸福感とソーシャルスキルという観点から~
・高校生が抱く妬み感情の男女差について

成長のモデル

目標に合わせて高度な能力を着実に身につける

各自の目標に合わせて、心理学科での学びをより具体的なものにできるように、3年次から選択できる3つのプログラムを用意しています。
また、自身でオリジナルのプログラムを考案することも可能です。

ビジネス心理プログラム

1 情報処理能力を高める

情報系科目や資格取得のための学習を通じて、あらゆる職業に活かせる情報処理能力の基本を修得します。
【情報系科目】
「情報リテラシーA・B」など
【統計】
「心理学統計法」など

2 情報活用力を磨く

キャリア系科目やインターンシップにより実践力や経験値を高めると同時に、心理統計を学びデータを活用したコミュニケーション力を磨きます。
【キャリア科目】
「キャリアデザインⅠ·Ⅱ」など
【統計】
「心理学調査法」など

<卒業研究テーマ例>
・タレントの好感度と広告効果との関連
・パッケージの印象による購買意欲への影響調査~カラーリングと割引広告の対比から~

3年次にプログラムを選択した場合、それぞれのプログラムにおいて所定の条件を満たした学生に「プログラム認定」を行い、卒業時に認定証が授与されます。

GOAL
金融、保険、サービス(販売、営業、事務)など

的確な情報処理能力と自己管理能力、さらに心理学の専門的知識に裏づけられたコミュニケーション力で、幅広い業種・職種で活躍することができます。

コミュニケーション心理プログラム

1 コミュニケーション力を高める

カウンセリング演習系の科目や課外活動を通じて、コミュニケーション力を高めます。
【演習科目】
「カウンセリング基礎演習」など
【基礎知識】
「対人コミュニケーション論」など

2 チーム力を磨く

社会心理学や臨床心理学系科目を通じて組織心理や集団における個人の心の動きについて理解を深め、チームに貢献できる力を磨きます。「心理の仕事」では、社会で活躍する卒業生の話を直接聞くことができます。
【社会心理学】
「社会・集団・家族心理学A・B」など
【教育心理学】
「教育・学校心理学」など

<卒業研究テーマ例>
・家庭の居場所感が与える自尊感情への影響について
・マンドリンクラブにおける集団規範と結晶度の研究~リターンポテンシャルモデルを参考に~

3年次にプログラムを選択した場合、それぞれのプログラムにおいて所定の条件を満たした学生に「プログラム認定」を行い、卒業時に認定証が授与されます。

GOAL
対人援助職(児童指導員、社会福祉主事、医療事務など)

大学で身につけた対人関係や組織心理に関する知識と実践力を活かし、教育や福祉の領域で対人援助職として活躍することができます。

公認心理士・臨床心理士プログラム

1 基礎の徹底

仲間と共に心理学検定資格取得など具体的な目標達成を積み重ねながら、心理学の基礎的知識を確実に修得し、実力を伸ばします。
【基礎知識】
「心理学概論」「臨床心理学概論A・B」など
【公認心理師】
「心理学的支援法」など

2 応用実践で専門職をめざす

臨床心理学系科目に加え、演習授業や学外実習、ボランティア活動などを通じて、専門家としての職業イメージを明確化します。
【臨床心理学】
「心理療法A・B・C・D」など
【実践スキル】
「心理実習」など

<卒業研究テーマ例>
・親子関係の親密度と虐待行動に対する認識に関する研究
・音楽がストレス軽減に与える影響と健康行動の関連について

3年次にプログラムを選択した場合、それぞれのプログラムにおいて所定の条件を満たした学生に「プログラム認定」を行い、卒業時に認定証が授与されます。

GOAL
臨床心理専門職、専門知識を活かした一般職

資格を取得し、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働等の幅広い領域で臨床心理(カウンセリング)専門職として活動することができます。