1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 心理学科
  4. 夢をかなえた先輩たち・私の4年間

人間科学部 心理学科

卒業生メッセージ

人に寄り添う力でオールマイティに活躍

傾聴することが適切な支援への第一歩だと
実感しています。

独立行政法人国立病院機構 和歌山病院 勤務 児童指導員
心理学科 2017年卒業
(大阪府立 刀根山高等学校出身)
高校生の頃、将来なりたい職業ややりたいことが決まっておらず志望校を決めかねていましたが、両親の勧めもあり神戸松蔭へ進学しました。心理学科を選んだのは、大学でしか学ぶことができない新しい分野に興味を持ったからです。人の“こころ”を科学的に学ぶことは大変興味深く、中でも児童心理学への関心が高まりました。大学での学びを活かせる仕事をしたいと考え、現在は病院の療育指導室で児童指導員として働いています。保育士と連携し重度の心身障がいをかかえる入院児(者)への支援や援助を行ったり、各種福祉制度の利用方法など、ご家族の方の相談に応じています。仕事を通して重要性を感じるのは、子どもやご家族の想いに寄り添うこと。そのためにも傾聴することを大切にしていますが、在学中にカウンセリングのロールプレイで、カウンセラー役とクライエント役の両者を実践した経験が役立っています。これからも福祉制度や療育活動についての勉強を続け、子どもたちやご家族の方へ適切な支援を提供していきたいです。

内定・進学者ボイス

多様なフィールドで心理学の学びを発揮

住友生命保険 相互会社 内定

悩みや不安に耳を傾け、保険を通して夢の応援をしたい。

心理学科 4年
(大阪府 梅花高等学校出身)

高校生になるまで人のために何かをすることがなかったので、大学生や社会人になったら誰かの力になりたいと思い、心理学を学びました。「被害者支援の心理学」ではトラウマの治療法、「産業カウンセリング論(産業・組織心理学)」では企業で働く人に多い悩みや対応について考え、人の役に立つ実践的な学びができました。相手の悩みを聞くためには対人力と傾聴力が必要ですが、カウンセリングの実習ではただ相手の話を聞いているだけで、深く掘りさげて理解することができていないと気づくことができました。

卒業後は生命保険を提案する仕事に就きます。人生はいつ何が起こるかわかりません。「貧しさを理由に夢を諦める人をなくす」というのが私の夢で、保険はそれをサポートできるものです。心理学で身につけた対人力や傾聴力を活かし、不安を抱えている人の悩みを聞いて最適な保険を提案したいと思います。

株式会社 ソフトウェア・サービス 内定

傾聴力でお客様の思いをくみ取り、ニーズにあった提案を。

心理学科 4年
(兵庫県 松蔭高等学校出身)

心理学の授業はどれも興味深く、描いた絵から性格や願望などを読み解く描画テストでは意外な自分の性格を知り、自己分析をするときに役立ちました。印象に残っているのはカウンセリングの実習。クライエント役とカウンセラー役になってロールプレイをするのですが、相手の話を聞くときに笑顔で対応し、うなずいたり、話のポイントを伝え返したり、共感的姿勢を示すことが大事だとわかり、傾聴力が身につきました。就職活動ではその傾聴力を意識して臨んだことが良かったと思います。

内定先は電子カルテのシステム開発から導入、保守まで行っている会社で、医療職員の方にシステムの説明や使いやすいようにカスタマイズする業務を担当します。お客様のニーズを引き出して思いをくみ取り、解決策を提案する上で、傾聴していく力を活かしていきたいです。