1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 心理学科
  4. 夢をかなえた先輩たち・私の4年間

人間科学部 心理学科

卒業生メッセージ

人に寄り添う力でオールマイティに活躍

傾聴することが適切な支援への第一歩だと
実感しています。

独立行政法人国立病院機構 和歌山病院 勤務 児童指導員
心理学科 2017年卒業
(大阪府立 刀根山高等学校出身)
高校生の頃、将来なりたい職業ややりたいことが決まっておらず志望校を決めかねていましたが、両親の勧めもあり神戸松蔭へ進学しました。心理学科を選んだのは、大学でしか学ぶことができない新しい分野に興味を持ったからです。人の“こころ”を科学的に学ぶことは大変興味深く、中でも児童心理学への関心が高まりました。大学での学びを活かせる仕事をしたいと考え、現在は病院の療育指導室で児童指導員として働いています。保育士と連携し重度の心身障がいをかかえる入院児(者)への支援や援助を行ったり、各種福祉制度の利用方法など、ご家族の方の相談に応じています。仕事を通して重要性を感じるのは、子どもやご家族の想いに寄り添うこと。そのためにも傾聴することを大切にしていますが、在学中にカウンセリングのロールプレイで、カウンセラー役とクライエント役の両者を実践した経験が役立っています。これからも福祉制度や療育活動についての勉強を続け、子どもたちやご家族の方へ適切な支援を提供していきたいです。

内定・進学者ボイス

多様なフィールドで心理学の学びを発揮

兵庫六甲農業協同組合 内定

身につけた“思いをくみ取るスキル”を仕事に活かす。

心理学科 4年
(大阪府 好文学園女子高等学校出身)

高校時代、友人関係で悩んだ末に興味をもったのが心理学でした。興味深かったのは、心理テストに関する授業。絵画療法では、絵で人の心がわかるという奥深さに驚きました。また、カウンセリングの実習は、就職活動に大いに役立ちました。みんなの前でカウンセリングのロールプレイをするという緊張感を経験したおかげで、面接時に自然な笑顔で対応できたことや、傾聴技術を実践できたことも結果につながったと思います。卒業後は、営農・信用・共済事業など人に関わる多彩な事業に取り組む農協で、“人の思いをくみ取るスキル”を活かして仕事に取り組みたいと思います。

日本生命保険 相互会社 内定

対人ストレス研究の学びを礎に、お客様との信頼を築く。

心理学科 4年
(兵庫県 松蔭高等学校出身)

対話力を身につけ人見知りを克服したい、と考え心理学科に進学。ゼミは臨床心理分野を選択し、「対人関係とストレス」をテーマに研究しました。特に自殺に関しては「人との関わりが深く、ソーシャル・サポートを受けている人のほうが自殺率は低い」と、統計から導き出しました。卒業後は、人の生涯に関わる生命保険を提案する仕事に就きます。研究から学んだ知識に加え「カウンセリング基礎演習」で学んだ“相手が心地よく話せる空間をつくる”ノウハウで信頼関係を築き、お客様の未来に貢献できるファイナンシャルコーディネーターをめざします。

神戸松蔭女子学院大学大学院 心理学専攻 進学

身近で児童を支援するスクールカウンセラーをめざして。

心理学科 4年
(大阪府 向陽台高等学校出身)

集団心理など学校に関する授業でスクールカウンセラーに関心を抱き、犯罪心理や人が抱えるトラウマなど、いずれも興味深く多様な心理学の専門性を深めるなかで、大学院に進み心理専門職に就く意志が芽生えました。神戸松蔭では大学院と一貫する授業があり、院入試対策も充実しています。おかげで来春からは大学院生としてスタートすることができます。進学後は、臨床現場での経験が豊富な先生方のご指導のもと、カウンセラーとして活躍するための実践力を磨いていきたいと考えています。