1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 心理学科
  4. カリキュラム・講義紹介

人間科学部 心理学科

カリキュラム

多様な心の問題に対処できる人材の育成をめざし、カウンセリング技法と結びついたコミュニケーション能力を養います。 臨床心理の現場に着実に近づくカリキュラムを編成し、大学院進学希望者への支援にも力を注いでいます。

講義紹介

カウンセリング基礎演習ロールプレイングを通じて、カウンセリングの基本を実践的に学習

1対1の初歩的な面接から、「問題を抱える家族」などのテーマを設定した複数のクライエントを対象とするケースまで、段階的にカウンセリングの技術を修得。ロールプレイング後は、グループごとにディスカッションし、円滑で豊かなコミュニケーション力の基礎を養います。ディスカッションには大学院生も参加。先輩から、直接、知識や経験に基づいたアドバイスが受けられるのも魅力です。

心のふしぎふしぎな心の世界へようこそ

なぜ夢をみるの? なぜ心は痛むの? 日常生活における身近な事柄から心の病まで、心をめぐって生じるさまざまな事柄について考え、理解を深めます。

心理テスト心のなかをのぞいてみよう

質問紙法や投映法などさまざまな心理検査の技術と分析法を学びます。

心理の仕事実社会で役立つ心理学を知る

心理学の専門性を活かしてさまざまな現場で活躍する職業人が、オムニバス形式で講義を実施。社会のさまざまな領域で、心理学の知識がどのように活かされているのかを具体的に知ることができます。

大学院進学支援心理学の知識と英語力を伸ばす

臨床心理士をめざして、大学院進学を希望する学生をサポート(大学院修了と同時に臨床心理士資格試験の受験資格を取得することができます)。心理学の知識の底上げと、英語読解力の向上を図ります。

心理療法Ⅰ〜Ⅳ心の不調をどのように解決するか

ストレスや悩みはどうすれば解決に向かうのでしょうか。さまざまな理論に基づいてカウンセリング技術などを学び、心の健康を考えます。

情報社会の心理学情報社会が心におよぼす影響とは

インターネットや携帯電話の爆発的な普及により、私たちの情報への依存度は高まっています。具体的なトピックを交えて情報社会の光と影が私たちの心におよぼす影響について考察します。

対人コミュニケーション論人間関係を円滑にするヒントを考察する

人は人と出会ったときに、まず外見からそして言葉や表情、動作などから情報を得て、同時に自分も多くの情報を発信しています。このような視線などによる非言語コミュニケーションを多彩な視点から考え、円滑な人間関係づくりのヒントを心理学的に探ります。

子育て支援の心理学子どもや親の視点で考えよう

社会、地域、個人の観点から子育て支援を学びます。また、発達心理学、臨床心理学、社会福祉的な知見を学びながら、子育ての中で生じるさまざまな困難や支援についての基礎的な知識を身につけます。

ジェンダーの心理学女の子らしさ、男の子らしさって何?

ジェンダーとは社会的、文化的に形成される男女の性別による違いのことです。たとえばしぐさや服装、考え方の女らしさ、男らしさなどの固定概念がなぜ作られ、どのように維持されるのか、あるいはいかに変わっていくのかということを学習します。

トラウマの心理学人々の心の痛みを理解します

災害や事件、いじめやDV、児童虐待などに遭遇した時の心の痛みによるトラウマ反応やPTSDの症状について学びます。また、それらの人々の回復過程を理解し、適切な支援のあり方を考えます。