1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 心理学科

人間科学部 心理学科

仕事に活かせる心理学の知識を習得。
併設大学院に進学してカウンセラーへ。

急速に複雑化する現代社会にあって、そこで生活する人々の「心の問題」が大きくクローズアップされています。そうしたなか、心と向き合える知識と技能をもち、人の心に精通した専門家が求められています。心理学科では、人の心と行動を調査・分析する実証的な研究方法だけでなく、さまざまな実習などを通じ、心の問題解決に必要となる知識と技術を身につけます。

心理職の国家資格である公認心理師の養成が始まります。 資格取得に対応したカリキュラムに変更予定です。

めざす進路

  • 社会調査・研究などで企業や行政機関
  • NPO・NGO
  • メディア・広報・情報関連企業や部門
  • 公務員
  • 福祉関連施設
  • サービス
  • 企業の労務管理や産業カウンセラー
  • 臨床心理士や研究者をめざして大学院進学
  • 開発関連企業や部門

Kobe Shoin Special Program

1.学外からゲストスピーカーを招へい。

「心理の仕事」では、心理学を仕事に活かしてさまざまな分野で活躍している社会人をゲストスピーカーにお招きしています。心理の専門職以外にもさまざまな分野で応用できる心理学の汎用性を学び、学生それぞれが将来の進路を考えるきっかけをつかみます。

2.大学院進学希望者を積極的に支援。

公認心理師や臨床心理士などの心理学の専門職をめざす学生は、大学院進学への道が開けています。本学の大学院心理学専攻(修士課程)は日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院となっており、修了と同時に実務経験なしで臨床心理士資格試験の受験資格を取得することができます。

3.学生同士が支え合う学科ピア。

人の心を学ぶためには、まずは身近な仲間を理解することが大切。学科ピアは学生同士の交流を活性化することを目的に始まった活動で、学生が主体となってさまざまな取り組みを行っています。詳しくは心理学科のブログでご確認ください。

4.1年次からカウンセリングの実習を実施。

カウンセリングに実践経験は必要不可欠。心理学科ではカウンセリング理論を学ぶと同時に、1年次から学生同士でカウンセリングのロールプレイを実践してトレーニングを繰り返します。人前で話すことが苦手だった学生でも、卒業までに高度なコミュニケーション力を身につけることができるカリキュラムとなっています。

5.神戸市灘区と連携したプログラムを実施。

大学での学びを地域につなぐ活動を通じて、社会人としての自信を養います。2016年度には、放課後児童クラブに通う地域の小学生を対象に学習支援のボランティアを行いました。夏休みと冬休みには、灘区の魅力をデザインした缶バッジを作成し、六甲山牧場や六甲ケーブルの駅などで観光客や地元の方々にお配りし、大変喜んでいただきました。