1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 心理学科

人間科学部 心理学科

社会で役立つ心理学を学ぶ

心の問題に対応できる
臨床の専門性を有する人材を育てます

急速に複雑化する現代社会にあって、そこで生活する人々の「心の問題」が大きくクローズアップされています。そうしたなか、心と向き合える知識と技能をもち、人の心に精通した専門家が求められています。心理学科では、人の心と行動を調査・分析する実証的な研究方法だけでなく、さまざまな実習などを通じ、心の問題解決に必要となる知識と技術を身につけます。

さまざまな手法を用いて、人の感情や行動を読み解いていきます

さまざまな手法を用いて、人の感情や行動を読み解いていきます

心理職の国家資格である公認心理師の養成が始まります。 資格取得に対応したカリキュラムに変更予定です。

学びの特色

対人コミュニケーションやジェンダー、生と死など50科目以上の心理学の領域から、興味ある分野を学びます。

カウンセラーや、企業の商品開発など、多彩な分野で活躍するプロから学べる機会を用意しています。

併設の心理学専攻の大学院生が授業に参加。“身近な先輩”から刺激を受けることができます。

臨床の現場で長年カウンセラーとして活躍した教員から、実践的なカウンセリングを少人数制で学べます。

学ぶ領域

社会心理学

人の感情や行動を
心理学的に解明する

人前で緊張する人としない人、お店の行列に並んで買う人と並ぶなら買わない人。人の感情や消費者の購買行動などを心理学の観点から解明し、理解します。社会における人の心と行動を調査分析する能力を養い、企業やビジネスの現場で活躍できる人材をめざします。

臨床心理学

心理のプロ、
臨床心理士をめざす

さまざまな心の問題と向き合う臨床心理士。その資格を得るには日本臨床心理士資格認定協会の指定大学院に進み、さらに心理学の専門性を究める必要があります。本学科では、大学院を設置し、一貫した教育体制を持ち、大学院受験に向けて心理学の素養を深めます。

対人コミュニケーション

表情やしぐさで
心の動きを理解する

人の行動の観察や分析を通して、相手の感情や意図を総合的に判断できるコミュニケーション力を磨きます。また、無意識の動作や表情、視線など非言語的な行動についても考察。自らの行動も省みながら、友好な対人関係を築くために役立つ実践力を養成します。

実践的なカウンセリング

カウンセラーの
テクニックを修得する

子どもから大人までストレスが広がる現代。複雑なストレスに画一的な解決方法はありません。学校や仕事の現場には、どんなストレスがあり、人の悩みや心の問題をどのように軽減していけるのか。カウンセラーとして実践できるカウンセリング法を身につけます。

学びを活かした進路

  • 社会調査・研究などで企業や行政機関
  • 開発関連企業や部門
  • メディア・広報・情報関連企業や部門
  • NPO・NGO
  • 福祉関連施設
  • 公務員
  • 企業の労務管理や産業カウンセラー
  • サービス業
  • 臨床心理士や研究者をめざし大学院進学

トピックス

公認心理師の養成スタート

2015年9月9日、公認心理師法が国会で可決・成立し、心理職の国家資格である公認心理師の養成が始まります。公認心理師は、教育・医療・福祉・司法など幅広い分野での活躍が期待されています。本学の人間科学部心理学科および大学院文学研究科心理学専攻(臨床心理学コース)では、今後、質の高い公認心理師を養成するためのカリキュラムを準備し、資格取得に向けた教育体制をさらに充実させていきます。

多彩な外部講師を招聘

心理学科では、スクールカウンセラーや犯罪などと向き合う専門職、マーケティング能力を活かす企業の商品開発担当、アニマルセラピストなど、豊富な実務経験を持つ方々を招いて、現場の情報や実践を教わる機会を設けています。

多彩な外部講師を招聘

手厚い大学院進学支援

大学院受験対策講座などを実施しています。併設の大学院文学研究科心理学専攻臨床心理学コースは、日本臨床心理士資格認定協会第一種指定大学院なので、修了と同時に実務経験なしで臨床心理士資格試験の受験資格を取得することができます。

手厚い大学院進学支援

学科ピア&学科ブログにも注目

心理学科では、学科ピア(学内における学生の活動を活性化し、学生間の縦・横の繋がりを形成・強化することを目的に、2015年に始動した学生主導のグループ)を結成し、さまざまな取り組みを行っています。また、心理学科や心理学専攻の魅力を紹介するため、これらの情報は4月に開設した心理学科・心理学専攻ブログで随時発信しています。

学科ピア&学科ブログにも注目