1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 文学部 日本語日本文化学科

文学部 日本語日本文化学科

日本語や日本文化を深く理解し、
その知識や能力をもって社会に貢献できる人を育てます

「ことば」としての日本語から何が見えますか?時代の変遷や社会情勢の変化、方言や敬語などからも、日本語の多様性がうかがえます。また、多彩な日本の文化を学ぶことによって日本の豊かさを再確認し、真の国際人に。文学部日本語日本文化学科では「現代日本語専修」と「日本文化専修」の2つの専修を設置。「ことば」を知り、「文化」を理解することで、日本の新たな魅力を探究しましょう。

ネイティブスピーカー教員が、少人数制できめ細かく指導します。

外国人に日本語を教える力を養います

ネイティブスピーカー教員が英語だけで行う授業

学びの特色

日本語や日本文化を学ぶことを通じて、グローバルな視点を身につけます。身につけた豊かな力は、社会に出てからもおおいに役立ちます。

現代日本語専修では、私たちの言語である日本語を、さまざまな視点から学びます。

日本文化専修では、豊かな日本文化や文学を味わい、社会で通用する表現力や考察力を磨きます。

自由度の高いカリキュラムによって、全学科・専修を超えた幅広い多彩な学びが可能です。

プラスαの力

アジア言語を学ぶ

中国と韓国を中心にアジアのことを考えます。

教員免許を取得する

中学 ・高校の教員(国語と書道)をめざします。

英語学科、総合文芸学科の科目も学べる

文学部のカリキュラムでは、それぞれの興味や学びたい学問に応じて、 他学科の科目を履修でき、単位も認められます。旺盛な知的好奇心に応える柔軟な学び方が可能です。

学びを活かした進路

  • アナウンサー
  • 教員(国語・書道)
  • 教育・学習支援
  • 日本語教師
  • 記者・ライター
  • 商社
  • 出版社などの編集者
  • 広告会社
  • サービス業
  • 金融 ・ 保険
  • メーカー
  • 大学院進学

トピックス

他言語・他文化の知識が日本語・日本文化の理解を深める

他言語と日本語を対照させることや外国人に日本語を教えるという観点から学ぶことは、日本語の豊かさを再認識し、国際的な発信力をつけることを可能にします。4年間で培う日本語や日本文化への知識の深さは社会でも必要とされ、それは本学科生の安定した就職率で証明されています。

他言語・他文化の知識が日本語・日本文化の理解を深める

全日本学書展で「最優秀学校賞」を受賞!

草書や仮名などの「書道実技」を受講する学生や書道部員たちが、第17回と第19回の全日本学書展において、最優秀学校賞を受賞しました。また、2011〜2015年には、神戸市灘区の総合芸術祭、2015年には「なだ桜まつり」といったイベントにも参加し、見事な書道パフォーマンスを披露しています。

全日本学書展で「最優秀学校賞」を受賞!