1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 文学部 日本語日本文化学科

文学部 日本語日本文化学科

日本の文化や「ことば」の本質に迫り、
日本を深く理解する

日本語の歴史や方言、日本の伝統的な文化や文学について学びます。正しい日本語のスキルを身につけ、自らの考えを適切に表現し、主体的に発信する力を獲得します。また、社会を動かすメディアについて学ぶことができます。現代日本の文化現象を分析し、さまざまなコミュニケーション・ツールを通して、現代社会の課題を考えます。

学びのフローチャート

めざせる将来

  • 中学・高校国語教員
  • 高校書道教員
  • 日本語教員
  • 学芸員
  • 司書
  • イベント
  • エンタテインメント
  • 広告
  • マスコミ
  • 金融・保険

学びの特色

ことばや文化の学びを基盤にした表現力、発信力を育成

1.高度な日本語力、プレゼンテーション能力を磨く

正しい日本語を身につけ、自らの考えを適切に表現し主体的に発信できるコミュニケーション力を養成。日本語教員養成課程を修了すると修了証書が取得でき、外国人に日本語を教える日本語教員として国内外で活躍する道が開けます。海外の協定大学へ卒業生を派遣しています。

2.書道の実技と理論を専門的に学ぶ

楷書・行書・草書・仮名書法などの実技はもちろん、「日本書道史」や「中国書道史」などの理論的な授業も充実。授業の成果発表の場として学外のギャラリーで「神戸松蔭書作品展」を開催。それを目標に日々制作に取り組んでいます。

3.効果的な話し方を現役アナウンサーから学ぶ

「アナウンスメントの基礎」の授業で、発声やアクセント、滑舌などを実践的に学ぶことができます。学内外の式典などで司会を担う学生が育っており、各種地域のイベントや神戸市立博物館との連携協定の調印式も、本学科の学生が司会を務めました。

4. 「文芸インターンシップ」で現場を体験

学科の学びを現場で体験するインターンシップ先を3つ用意。一般社団法人KIOでは、各種イベントや公演の運営と広報を、県立の劇場ピッコロシアターでは、劇場の仕組みや地域文化との関わりを、大手書店・流通の丸善雄松堂では、書籍の販売や教育空間整備の提案などを学びます。