1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 文学部 日本語日本文化学科

文学部 日本語日本文化学科

日本の文化や「ことば」の本質を理解し、
表現力・発信力を獲得する

日本語の歴史や方言、日本の伝統的な文化や文学について学びます。正しい日本語のスキルを身につけ、自らの考えを適切に表現し、主体的に発信する力を獲得します。また、社会を動かすメディアについて学ぶことができます。現代日本の文化現象を分析し、さまざまなコミュニケーション・ツールを通して、現代社会の課題を考えます。

学びのフローチャート

めざせる将来

中学・高校国語教員、高校書道教員、日本語教員、学芸員、司書、イベント・エンタテインメント関連、広告、マスコミ、金融・保険 など

学びの特色

ことばや文化の学びを基盤にした表現力、発信力を育成

【日本文化】
日本の文化を学び、資格に活かす

古典と現代文化の知識を深めることは、美術館・博物館での学芸員資格、図書館で働く司書・学校司書の資格取得と結びついています。本が好きな人は読書に専心し、美術や文化財に興味がある人は自分の鑑賞眼を磨きましょう。学科の全ての学びが、資格に通じています。

博物館・美術館実習

学芸員の資格課程では、授業の一環として、近隣の美術館や博物館でフィールドワークを実施しています(写真①、神戸市立博物館)。昨年秋には、市内の住吉山手の白鶴美術館で所蔵品の中国青銅器を鑑賞し、鶴をデザインしたランプシェードや豪華な透し彫りの椅子、名建築の誉れ高い建物の内部(写真②~④)を見学し、「本物」に触れることで、資格に必要な鑑識眼を磨きました。

【教員免許】
「国語教員」「書道教員」の免許が取得できる

古典・近現代文学、日本語学、書道の各分野の充実した授業が開講され、教員となるための深い専門知識を身につけます。「国語科教育法」などでは学習指導案の作成や模擬授業を重ね、教員になるための実践的な力をつけます。教員採用試験の対策講座も充実しています。

【日本語教育】
外国人に日本語を教える力をつける

日本語教員養成課程を修了すると、修了証書が取得でき、外国人に日本語を教える日本語教員として国内外で活躍する道が開けます。そのため、在学中から「海外日本語教育実習」などの授業で実践力をきたえます。この資格もすべてのコースで取得可能です。

【書道科目(日本文学・文化コース)】
グローバルな視点で日本の書を考える

実技で制作した作品は、神戸元町のギャラリーで書作品展を行い、発表しています。また、書を世界の文化のひとつとしてグローバルな視点で考え、多角的に学び、書を現代社会に発信する力を身につけます。

【メディア表現科目(メディア表現コース)】
メディア × 広告 × イベント

マンガ、アニメ、映画、演劇といった現代のメディア現象を学ぶことで、イベントの企画・運営や広告の制作・デザインあるいは文章編集などに携わる仕事をめざします。自分の好きなことを見つけて、それを深めることは、社会人となった時、大きな力となります。