1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科
  4. 先輩からのメッセージ

人間科学部 ファッション・ハウジングデザイン学科

卒業生メッセージ

生活のクリエイターとして新しい価値を提案

ブランドの世界観や魅力を、多くの人に伝えていきたい。

株式会社マッシュスタイルラボ 勤務
ファッション・ハウジングデザイン学科 2015年卒業
(大阪府立 芥川高等学校出身)
ファッションについて幅広く学べることに魅力を感じ進学を決めました。在学中は洋服をつくることに始まり、学生が主体となってファッションショーを開催したりと、多様な機会を通してファッションのいろいろな側面を学ぶことができました。学ぶほどにファッションを通したライフスタイルの提案に興味が広がり、現在の職場に就職。Lily Brownでの販売、そして店長を経て、今はVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)を担当しています。この職種の役割は、視覚的なアプローチからブランドの世界観を伝えること。店舗の内装やレイアウト、展示会のディスプレイなどのプランニングをすることが主な仕事です。在学中のアルバイト経験がきっかけでVMDという職種の重要性を感じるようになり、卒業制作ではファッションをテーマとしたパンフレットを作成しました。撮影をしたり、グラフィックソフトを用いてデザインをしたりと、すべての工程を手がけましたが、ブランドの魅力をいかに伝えていくかをとことん追究した経験は、今の私のベースになっています。

内定者ボイス

実践力を強みに人々のライフスタイルを彩る

シンコー 株式会社 内定

お客様がわくわくするようなインテリアを提案したい。

ファッション・ハウジングデザイン学科 4年
(大阪府立 芥川高等学校出身)

実在する敷地を見学し、店舗付き住宅、神社に隣接する集合住宅など課題に沿ったデザインを行う「ハウジングデザイン実習」では、周辺環境、快適性、構造を意識することの大切さを学びました。それをリアルに体験できたのが、ゼミで取り組んだ企業のエントランスホールをデザインする企画です。社風やクライアントが何を求めているかを理解し、デザインや素材などニーズにあった提案をする難しさを実感。何度も打ち合わせをして喜んでいただけるデザインができ、施工されて形になることにやりがいを感じました。

そんなふうにコミュニケーションしながら相手の思いをくみとり形にする仕事がしたくて、カーテンなどのインテリアを提案営業する仕事に就きます。学びの中でさまざまな住宅やインテリアにふれてわくわくした楽しさを、お客様にも感じていただきたいと考えています。

株式会社 アダストリア 内定

「衣食住」すべてのシーンを提案できるライフスタイルアドバイザーをめざしたい。

ファッション・ハウジングデザイン学科 4年
(兵庫県立 西宮南高等学校出身)

「ファッションビジネス論」では、衣料販売の基本となるコンセプト作りを学びました。まず、チームで架空のブランドを立ち上げ、年齢層別にライフスタイルやファッションの特性をリサーチ。データをもとに商品や売り場を考え、企画書作成からプレゼンまで行いました。消費者の立場ではなく、企画・開発から流通、販売促進まで担うマーチャンダイザーの目線となり、ファッション業界の一連の流れを理解することができました。また、ハウジングについて学んでいる友人とミニファッションショーを手掛けたことも貴重な経験です。衣装だけでなく、空間演出を含めたトータルなライフスタイルを提案することの魅力に気づきました。

この体験から、衣料を中心にカフェや家具、雑貨販売などを手掛け、総合的にライフスタイルを提案する企業に内定をいただきました。いずれは、衣食住すべての分野でお客様の人生に携われる商品を提案したいです。