1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 文学部 英語学科
  4. 先輩からのメッセージ

文学部 英語学科

卒業生メッセージ

英語力やグローバルマインドを仕事に活かす

留学して見つけた将来の目標。
「和のこころ」を世界に伝えたい。

日本航空 株式会社 勤務
英語学科 英語プロフェッショナル専修 2016年卒業
(大阪府立 市岡高等学校出身)
「海外の方と自由にコミュニケーションをとれるようになりたい」という思いから英語プロフェッショナル専修を選びました。日常的にネイティブスピーカーの先生と接する機会が多く、着実に英語力を伸ばすことができました。入学当時は、英語を学びたいという一心で将来の目標までは定められていませんでしたが、留学を機にあらためて日本の良さを実感。日本ならではの心づかいを世界中に伝えていきたいと考え、客室乗務員を志しました。エアライン対策講座で学んだことは、就職活動ではもちろん、現在の業務にも役立っています。

グローバルな視点で学び培った
柔軟な発想力。

野村證券 株式会社 勤務
英語学科 グローバルコミュニケーション専修 2018年卒業
(兵庫県 賢明女子学院高等学校出身)
少人数制の神戸松蔭は、先生との距離が近く何にでも挑戦できる自由度の高さが魅力でした。そんな環境下で興味をもったのが、政治や経済など幅広い学びが必要となる証券業。投資アドバイザーとしてお客様の資産管理に携わる今、英語を学ぶうえで国際的な視野をもち発想力と発信力を求められたゼミでの経験が、お客様との信頼関係を築く過程でも活かされていると感じています。今後も知識を深め、より多くのお客様の人生設計サポーターになりたいです。

内定者ボイス

株式会社 JR東日本サービスクリエーション 内定

英語力、思考力、ホスピタリティ精神で、外国人旅行客にも対応できるサービスクルーに。

英語学科 英語プロフェッショナル専修 4年
(兵庫県立 明石城西高等学校出身)

イギリス留学では、授業で「日本の過労死」をテーマに英語でスピーチするなど、英語力だけでなく自分の考えを人に伝える力が鍛えられました。また「Advanced Speaking」の授業でも、恐れずに英語でスピーチすることや自分の考えを理論立てて主張することができるようになり、就職活動でも大いに役立ちました。

卒業後は、在来線のグリーン車専属スタッフとして、英語力とエアライン課程で学んだホスピタリティ精神も活かし、海外の方にも“求められる前に動ける”サービスクルーをめざします。

株式会社 上組 内定

国際秘書資格で得たスキルを礎に、グローバルビジネスを支える一員へ。

英語学科 グローバルコミュニケーション専修 4年
(兵庫県 仁川学院高等学校出身)

英語を活かせる事務職をめざし、スキルアップのため上級秘書士(国際秘書)の資格を取得。社会人に必要なビジネスマナーや、ビジネス英語のスキルを磨くことができました。また、4 か月のセメスター留学にもトライし、TOEIC®スコアも留学後には100点以上アップしました。

これからは、貿易事務職として英文書類の読解や海外の方との電話対応など、英語力はもとよりコミュニケーション力も問われることになります。神戸松蔭で学んだすべてを活かし、海外と日本をつなぐ一翼を担いたいと思います。